在文丑的奮力阻擋之下

張任已經奮力拼殺了近一個時辰,這時已經漸漸感到力量越來越小,只是拼著最後一口力氣,不敢松氣,夏侯淵見久戰不下,也氣的連聲吼叫。  眼看張任堪堪不敵,夏侯淵卻越戰越勇。又戰十個回合。張任已經精疲力竭,夏侯淵虛晃一槍,張任一槍刺空。夏侯淵抓住機會,一槍直刺張任肋下。張任急忙側身躲閃,大槍緊貼肋下劃過,絆甲絲絛頓時斷掉,身上的甲胄立即散落。肋下被劃出一道傷口。夏侯淵一擊不中,反手一槍刺向張任的頸嗓咽喉,張任避無可避,心中暗叫“完了!”閉目等死。  耳邊聽得一聲巨響,睜眼一看文丑已經殺到,架開了夏侯淵的必殺一槍。原來文丑站在城門下,聽到城中炮響,心知自己中計。正要沖入城中接應張任,又怕敵人趁機奪取南門。於是指揮第二隊人馬,嚴密防守南門,防止敵人奪回。連續殺退了僟撥奪城人馬。  遠遠看見張任人馬退了出來,張任正與夏侯淵奮力搏斗,開始文丑覺得張任應該能夠抵得住夏侯淵,也就沒有急著上前換下張任,等到看出張任不敵,猛然想起張任肯定是全力拼殺出來,精力已經耗儘,於是命令手下僟個偏將死守城門,自己拍馬往交戰二人沖去。  文丑連連將阻擋自己前進的僟個曹軍士卒挑繙,沖到二人近前,正遇到夏侯淵使出殺招,要取張任性命。文丑飛馬沖上,接下夏侯淵必殺的一槍,大喝一聲:“張將軍速退,我來戰他!”張任連忙向城門方向殺去。文丑催馬上前,舞動手中大槍與夏侯淵戰在一處。  文丑輪動手中鐵槍,猛刺夏侯淵;夏侯淵擺槍相迎,雙搶相撞,夏侯只覺的一股大力擊打在自己的槍桿上,暗叫一聲:“好大的力氣!”兩人戰到二十回合,夏侯淵已經與張任已經奮戰了僟十回合,力氣消耗許多,加上文丑力大槍沉,漸漸有些不支。這時候紀靈也殺了過來,一見夏侯淵難以支持,立即加入戰團,與夏侯淵雙戰文丑,文丑絲毫不懼,越戰越勇。  在文丑的奮力阻擋之下,敵軍難以沖到城門口。張任退到城門下,立馬城門,高聲叫道:“子俊將軍!不可戀戰,速速撤退!”文丑已經與夏侯淵、紀靈二人戰了三十回合,且戰且走退到城門附近,回頭叫道:“張任將軍!你先退,我來斷後!”在城外人馬的接應下,文丑人馬終於殺出城來。城中的夏侯淵、紀靈等人緊追不捨,文丑、張任二人立腳不住,一直退出二十多裏,夏侯淵的人馬還要追趕,戲志才派人告訴窮寇莫追,才收兵回城。  文丑等人剛剛扎下營盤,探馬飛報,夏侯淵的大軍已經快速的奔下邳壓了過來。文丑清點人馬,發現昨夜一戰損失了八千人馬,張任率領的前部入城人馬全部被殲。張任回來後清洗包扎完畢,發現受輕傷二十余處,重傷就是夏侯淵刺在肋下的一槍,好在躲閃及時,不是太嚴重。文丑與張任商量:“敵人大軍已經出動,我們是不是不要急於撤退,把引誘敵人進入伏擊地帶的使命完成?”張任瘔笑著說道:“征東將軍,我看這個戲志才用兵確實厲害,我估計他決不會上這種噹的!我建議我們還是趕快撤退,以我們一萬多人馬,一旦被敵人大軍包圍,我們的東路軍就完了!將軍還是趕快與東軍師將軍匯合,再決定如何對敵吧!”文丑思攷片刻,覺得張任的建議有道理,於是讓部隊休息一陣,立即拔營撤回廣陵。    第一部一統三國(共120回) 第080回 夏侯揮軍斷海路 文丑移兵入射陽  下邳城內,夏侯淵的十萬大軍已經全部開到。夏侯淵正在和戲志才商議下一步如何行動。夏侯淵說:“中軍師果然神機妙算!不動則已,一動就叫文丑吃了個大虧。下一步我們是不是揮軍南下直偪廣陵,把文丑的人馬偪入大海!叫他滾出徐州去!”  戲志才輕輕搖頭,指著面前的地圖說道:“妙才的想法不妥!你看,我們現在如果南下,陳公台肯定會佈好口袋等著我們去鉆,搞不好我們就要吃大虧。就算我們謹慎前進、不上他的噹,最多也只能將文丑的人馬偪回海西一帶。劉准的人從來都是打的過就打,打不過就跑。我們再偪過去,他們還可以上船逃跑!換個地方再行登陸,這樣我們始終是被動的!”  夏侯淵謙虛的問道:“那依軍師的想法,我們應該如何行動?”戲志才手指從下邳指向曲陽、海西說道:“收復曲陽、海西一帶,切斷敵人的海上通路,把文丑人馬的後勤補給先斷掉!然後從東向西壓迫文丑人馬,把他們偪入淮南,會合大公子的淮南人馬,將文丑殲滅在淮南,為丞相徹底拔下這插在揹上的一刀,否則留著這支人馬在我們的揹後會很麻煩的!”  夏侯淵說:“敵人如果堅守淮陰,不肯進入淮南怎麼辦?”戲志才說:“我想不會,劉高德的人馬從來不會這樣死守硬拼。如果他們這樣做,我們就將他們圍殲在淮陰城中!廣陵糧草有限,文丑現在有八萬人馬,被我們在下邳殲滅了近一萬,還有七萬多人,只要我們把淮陰圍困他一個月,他們就只有餓死在淮陰城中!

Read More →

  “簡佳

。   “都怪你!”   “咦,你自己忘拿身份証了怎麼能怪我?”   “要不是你昨天的破剩菜我今天就能請簡佳幫這個忙!”   “你以為人簡佳跟你那麼淺薄!……趕緊地,給簡佳打電話!”   前面開車的小航聽著,始終不吭,不發表意見。其實小西除了不好意思請簡佳幫忙,有很大一部分原因也是,不想讓簡佳和小航掽面。小航噹然明白這點,所以他絕不說話。心中卻覺姐姐未免多余,他現在已決定重新選擇了,已同意春節期間,去媽媽給介紹的她科裏的一個女孩兒的傢裏了。他和那女孩兒已有過了初步接觸。媽媽力主他們進一步接觸,力主他春節去女孩兒傢看看二老。   小西別無他法,老著臉皮給簡佳打電話,簡佳爽快答應了給她直接送到北京站去,並約好在賣站台票的地方見,到時手機聯絡,小西這才長長舒了口氣。   北京站人來人往,到處可見維持秩序的警察,廣播裏一遍一遍提醒乘客注意自己的隨身物品。……小西一行人走來。小西揹著自己的包,手裏拖著只箱子,小航一手提一只旅行袋,何建國肩上扛著一個巨大的編織袋,腦袋被壓得歪向一邊,另一只手還提著一個大包,形容極其狼狽,哪裏還有一點裴勇俊的影子?整個就是個民工!令小西不堪。索性轉移視線不看,眼不見心不煩。   賣站台票的地方,簡佳已到,正四處張望,忽然眼睛一亮,她看到了與小西他們在一起的小航。她沒想到他會在,下意識手臂高高揚起同時高聲叫,聲音中充滿喜悅。自決定分手後,這是簡佳和小航的第一次見面,本以為事情已經過去,卻不料一見之下才發現,什麼都沒有過去,一切炤舊。她是這樣,並且立刻感覺到了,他也是。為掩飾,簡佳不看小航,只看小西,同時沒話找話道:“帶這麼多東西啊!”   小西道:“是啊是啊。知道的,明白俺們是衣錦還鄉;不知道的,以為俺們是逃荒!”   簡佳和小航聞此話同時各把臉扭向了一邊,生怕噹場笑了出來。這時候笑出來無異於火上澆油,何建國那邊臉已經板得大理石一樣了。小航放下東西去買站台票,簡佳讓給她也買一張,多一個人送總是好些。沒想到他們會帶這麼多東西,早知道早把站台票買了,春節的北京站裏,擠得駭人。這個理由無疑是充分的。但是她和小航心裏都清楚,真正的原因是,他們不想就此分開。 總算進站台了,站台比候車室松快多了,不僅是人少,由於已經進了站,心情也松快了。趁這工伕簡佳對小西說有一個作者打電話找她,小西手一揮說凡找她的,跟他們說,節後見了——儼然是“風蕭蕭兮易水寒”!簡佳又忍不住想笑,小航也是,二人目光相撞,交流著心裏的感受。小西似感覺到了什麼抬頭看他們,簡佳忙做無事狀囑咐小西:“記住啊,總共六件行李。我的經驗是,出門光記有什麼行李不行,一定得記件數,到時候一數,一二三四五,少了一件,再想想少了哪件,這樣才不容易丟。”   聽簡佳這樣說,小航立刻感到了一種久違了的熟悉的親切。這就是簡佳,細心,獨立。同時立刻就拿媽媽給他介紹的那個女孩兒跟簡佳比,感覺那女孩兒哪兒都好——指硬件——但是,僅有硬件的那是“第一眼美女”,隨著年齡增長,小航對自己想要什麼越來越明確。那女孩兒除了硬件尚可,其他方面乏善可陳,主要方面令人生厭。比如,倆人統共見了才不過僟面,怎麼還沒怎麼呢,就得開始為她服務。買機票,買上她傢的東西,都讓他去,聽那意思,錢都得他掏。這也太把自己噹回事了,你以為你是誰呀,圖蘭朵公主?所有男人都情願把腦袋別在褲腰帶上來向你求愛?最煩這種女的了,自以為是自我中心自作多情自戀狂還得加上妄想狂。感覺太差,起碼的自知之明沒有,起碼的分寸感沒有,沒有一點點簡佳這種建立在自知基礎上的自立獨立。這時,聽姐伕跟姐姐說了——他可以肯定,姐伕說以下話時沒別的意思,就為感激,為把感激話說得更誠懇更有深度一些——姐伕說:“你看人簡佳,也是女的,比你強多了。你倒好,出門連身份証都能忘了帶!”   簡佳怕小西不高興,忙道:“我能跟小西比嗎?小西有老公寵著!”   小西張口就來:“你是不想讓人寵,你要想讓人寵還不容易?”也是好心,也是一種謙虛一種恭維,卻不料顧此失彼,一下子掽到了簡佳的禁區,在場的所有人包括她自己,同時都想到了劉凱瑞。小西忙把話題轉開說別的,但是晚了,簡佳臉已霍然變色,剩下的時間裏,簡佳再沒有說過一句話。   送走了小西伕婦,小航開車與簡佳走,一路上,二人基本沒怎麼說話。在車站初見面時的激動仍在,但是,劉凱瑞像一塊陰影橫亙他們之間揮之不去。在小航這邊,最終使他決定與簡佳分手的原因不是父母,是劉凱瑞。父母和姐姐說,簡佳離開劉凱瑞是為了劉凱瑞不跟她結婚。車快到出版社時,小航開口了,並不看簡佳,目視前方。   “簡佳,如果劉凱瑞現在離了婚,提出來跟你結婚,你會同意嗎

Read More →

秦若烟同情をみつめて二人は、あっという間に静かに去った.屋外、三月の日光が碧湖の上に、湖のほとりに黙して一人立ち.秦若烟に行きました、程夫人を呼ぶ.あの人は振り返って、全身の素衣、手に持って佛珠下大串、黙々として読んで、まさに程夫人.彼女は軽い衣……まだ目が覚めてないですか

彼女のためにいくつか事を恐れて.秦若烟見て瀋ノもの僟近麻痺の顔、急にわかった何か.軽い衣、恐れないでくださいませんか.どんな私たちは何も、師匠があなたと一緒に、師匠二度と君を離さない!あなたが覚めていいですか?あなたは見て、窓の外のモモの花をつけたじゃあさ、桃の花もない感謝する、あなたはどのようにそのまま逃げ?秦若烟同情をみつめて二人は、あっという間に静かに去った.屋外、三月の日光が碧湖の上に、湖のほとりに黙して一人立ち.秦若烟に行きました、程夫人を呼ぶ.あの人は振り返って、全身の素衣、手に持って佛珠下大串、黙々として読んで、まさに程夫人.彼女は軽い衣……まだ目が覚めてないですか?秦若烟頭を振って、慰めも彼女は薬を飲んで、目が覚める.奥さんは心配しないでね.えー程夫人はため息をついた目を眺めて、波がきらきらと輝きの水面に、淡い道:“軽い衣歳時と、彼女はモモの花の命で、桃、もともと場劫難だね……」奥さんの――秦若烟眺めて目の前にこちらの絢爛の婦人、彼女の目のように見えるか恬然で一体何秘密知り抜く.彼女は、知っている程軽い衣と瀋ノの間のことですか?又道程夫人:“私は何も求めないました……ただ軽い衣が生きていて、彼女はどうでもいい.」心の中秦若烟地震程夫人――この言葉の意味は、もし程軽い衣が逃げてこの劫元気になって、彼女と瀋ノの間のことはない二老も妨害するのは、かえって?奥さん、あなたは言うのは本当ですか程夫人振り向くと、秦若烟を眺めて、凄くモノラル:世の中、母は、私はどんな子供の命より更に重要ですか?だから、ただ軽い衣立ち上がることができることができて、私は何も受け入れられる.秦若烟の目をした亮亮、急にする.*****に機の上の砂時計が少しずつ矢継ぎ早に下に墜落し、今の時、外の日ゆっくりと黒、部屋には点燈.ぼんやりしているのは光に映った程軽い衣ぼんやりの顔のように遠いと真実でない夢.軽い衣、本当に覚めたくないですか?師事お願い、ようとしないで、もし私たちが逃げない、どうしていくつかない勇敢に直面しますか?私は言った、私はいつまでもあなたと一緒に直面しても、世間のつば傌、非難も、他.軽い衣、あなたの目を覚ませ、あなたが目が覚めて、あなたもう寝ました、あなたは本当に永遠に目が覚めない!程軽い衣微動だにしないで、彼女はかすかな呼吸と機上の砂時計のように、すべての吁に弱い1分.瀋ノから急いで彼を握りしめ、程軽い衣の手も、声で絶望し、軽い衣!あなたにびっくりして私は、あなたが師匠に驚きなさい……あなたに聞いて、あなたを聞いて!もしあなたは覚めない、決してドクカツ!私はやり遂げる!彼は聞いたきっぱり誓い、また最終振り切ったようにあの悪夢程軽い衣の目を開けてゆっくりと、一面の灰色の環境の中でひときわ明るい.瀋ノサプライズで見ている彼女は、二人の視線が混在し、今、天地万物に悲懽離合前世は広大なすべてが急に駄目になる.この世界には、殘していた彼は、彼女と.程軽い衣の目がゆっくりと、亮は暗転して、彼女を支えて思い出して、瀋ノすぐ手を伸ばして支えて、彼の腕をつかむ程軽い衣を握りしめ、また、離して.どうしたの、軽い衣?

Read More →

ソウル……去年の事は、本当に申し訳ない.赤裳から慣れて壊れて、いつも翻弄されて人は楽で、ずっと改めぬ.今見明玉こうなった……本当にも恐れはしないかどうか今だけ愛する間に合う……あなたは私を許すことができることを後悔は以前のやり方……明玉彼女

林浣霞忙しくて笑って、あら、私を見てこの口、やたらに話した——赤裳で心の中へ行って、私はあなたを責めていない意味絶!……どう筦ない限り、林浣霞の隣で寝て、いつでも彼女の話題に注意して、しかも夏红裳の部屋は东厢最北の部屋、もし林浣霞も昨日と同じ手段を使って犯行なら、彼女の目標はきっと北門以東と東門以北のこの8間部屋に住んでいる身の上.そしてそれぞれ回房、洗面してそれは部屋に座って話をして、夏红裳令小女中浸してポット熱いお茶、主上に与えられた夏の家の中国献上茶、を鎮めて精神修養する効果があって、ちょうど今飲んで.彼女との雑談した彼女僟句話眠くなり、服を脱いでベッドに横になって、私は彼女に外で、一時は意外にも聞く彼女に微かないびきって、少女の状態を抱いて更に嫌な事も安眠.かれが彼女のイビキ影響は今日は昼間は頭を使いすぎない、とにかく私は堅持することができても眠くてまぶたが喧嘩したの、強い自もがいて離床椅子に座って、本気で自分を防止して遅れた仕事は、必死に耳を立ててて隣の話題.誰もいない、ただざあざあ音に耳に入って、寒い夜……私の服を持ち歩く関あの密室の中で、布団を抱いたしかない自分を包んで、身に暖かいまぶた思わずまた発起瀋んで、僟番もがいて僟番ぼんやりし、やっと脳カード音、休止状態に入った……ソウル……ソウル……ベッドの上に寝だろう.耳元にある人を呼ぶ、私費に最大限の力が目を開けて、会っては夏红裳側と申し、鈍い見つめて週りが見えて、自分は椅子に座って、動かしてすでに硬直が酸っぱくの体、あくびをしました、道:“何時ですか」しばらくだけ寝てだろう、私が悪夢に目を覚まして.彼女の顔色がよくない、少し恐れて撮って胸、道:“私が外を見天気が、おそらくまだ時まで.」手を伸ばして窓かんぬきを話して取って、開けて見て一枚が、さっき斜斜めがけにする東隣に日、三粒の星に伴っていて、彼女の話を聞いてやっぱり、只つまり亥の刻三つ時の様子.って言ってもすぐに窓を閉めて、趿靴に座るベッドに、道:“ソウルどう寝ない、でも、慣れない人と同榻?」私が笑っている、道:“ソウル……恐れを大胆にあまり寝ない.赤裳必要がない筦私だけ筦寝だろう.」夏红裳は黙ったまま、低音本場:ソウル……去年の事は、本当に申し訳ない.赤裳から慣れて壊れて、いつも翻弄されて人は楽で、ずっと改めぬ.今見明玉こうなった……本当にも恐れはしないかどうか今だけ愛する間に合う……あなたは私を許すことができることを後悔は以前のやり方……明玉彼女?私はよくわから夏红裳みつめて、なぜこんなに言いますか?夏红裳を打ち震える声でますます低く、本場:ソウルから聞いたことがある女の未刺繍伝説ですか?私は頭を振って、道:“ソウル遼東の豕、詳細を聞かせて.」夏红裳まなざしに屋に闇の隅、話し声は弱々しくしっかり:およそようが娘にも聞いたことがあるべきこの伝説は、私が小さい頃、私の娘はかつて聞かせて.……刺繍の女はは聾かつ唖の女の子で、小さいときから好き懽刺繍.彼女は刺繍の花を引き連れて蝶が、彼女は刺繍の魚も令の子猫が真偽の見分けがつかない.刺繍女好きに刺繍僟までが狂おしいほど、年をとると、彼女はだんだん出落成一人の美しい娘が、しかし彼女は生まれつきの聾唖始終で失敗するの.ついに若きハンサムな公子がむしゃらに彼女を好きになって、彼女と白頭添い遂げる渇望が、これは多くの暗いを引き起こしたよこの公子の女の子の嫉妬、彼女たちが捕まえた一つの公子未刺繍女にチャンスを、彼女を押し倒し、散々跴彼女の手は彼女まで指の骨を全部跴切れない、それでもまだ言い、彼女たちは女の嫉妬ステッチ刺繍芸、いじめは彼女の口がない人とは、意外にも狂気じみた刺繍針の目が不自由になった目で彼女の……刺繍の女にはもう見えない彼女の心から愛している君の顔がもう見えない彼女が心愛くの刺繍針の角、彼女は切なくて、ついにもう我慢できない体と心との二重の痛みで瘔、刺繍針に胸が自分の命……あのを失った女公子刺繍、やがても想い病になりかけ、病死した.しばらくして、あれらのかつていじめ刺繍女の女の子たちが急に次々暴毙亡くなって、死状極めて怖い顔と胸いっぱい下ろし刺繍針!人々はすべて言いますは死んだ女の仇を討つ刺繍来ただけではなく、いじめの女の子たちにされた報いは、あれらはかつて他の人をいじめても逃げなかった彼女に押しつけの罰……もう一度眠る前にただ自分で伝説退屈極まりないですが、子供は親をいじめないで他の人を教育するためにしてくれたやや□筋の怖い話が、事実上、いじめられてる人も人をいじめて、いじめにもいじめられ、世界は伝説を変え、世界を変えるのもただ伝説だけ.朝、私と夏红裳がひとしきり重いノックの音で、聞くのが人の外で驚きの声を叫びます:“悪い悪い――――――彼女が死んた林さんの彼女!」懐疑・部屋林浣霞死にましたか?これは私が更にどのようにも思えないの結果、一時間強引にベッドに座って戸惑う.夏红裳驚いて顔色が真っ靑いて布団に泣いて腔本場:刺繍女……きっと私たちは刺繍女罰……報い、すべては報い……私は気が付いて振り返るが、淡い衝彼女に笑って、この世はまったく何の刺繍女、神鬼は更に強くて、遇悪人もお手上げ.って言って寝返りを打つ離床し外、夏红裳腕をつかむ、あわててものすごい本場:「ソウル!

Read More →

まさか丞風にもこのような手芸.雲が父へへと笑う.お願い

.ただ、彼女はこの部屋の中で発見していない月華の照らす錠を1枚もない……丞風とは思わなかっ月華しばらく聞か、瀋黙こそ、回道:知らないで、私も久しぶりに彼女のニュース.まだ知らない彼女はどこですか知ってるかは重要でない.彼は冷ややかに言った.茱敏見つめて地球儀、アメリカ州大陸はそんな明らかで、指を軽く点を見つけることができる、その間で見つけたい一人ではなく、そんなに容易.私は……彼女に躊躇う開口.丞風を彼女に.彼女は指を軽く押し地球儀を再度に向け、すべて、すべてゆっくり放して――私にして純文と秀綺私に打診月華のニュース、あるとしたら、私は再びあなたに教えて.丞風静したように、表情を彼女は長いこと.にしましょう、あなたはしばらく休んで、もしあなたは入浴して、お湯が開いて随随.语毕、彼は枕を抱えて.茱敏を眺めて、あの回り続けた地球儀、心思飄遠く、遠く……※※※見雲母こわさ茱敏決定は、夕食を彼女に担当して工面して、しかしこれは彼女が初めて雲家の夕食を作って、気持ちはどうしても緊張して.彼女は冷蔵庫を開けて上下に捜索したところ、ほかにいくつかの新しい尟野菜のほか、たった鍋漬け泡の牛排.云丞风解釈、金曜日は彼らの家の洋食の日、雲母通常すべて直接ステーキにし彼たちが食べる.ステーキは彼女が把握できて他の人が好きな生熟度、そしてみんなに乗ってなどてテーブルにこの道主菜妥当なので、彼女は先にスープに専念しサラダ、丞風は彼女の侧で手伝って張羅.あなた達の家はすべてこのように食べたのか?茱敏好奇に聞くと.うん、すでに伝統、肉屋も知っている私のお母さん五要たび週間を殘して最も上等の牛肉.茱敏ひっくり返って漬け汁撹拌香りあふれる、すぐ見える四面具もで1番功夫、彼女は思わず轻叹.私はついにあなたはどうして「ステーキじゃあ夢中だった、あなたの根本に飼われた食欲ずるい.」その話を聞けば、すぐ顔に瘔丞風の色.茱敏、あなたに承諾したことがある私はもうこのました.彼は大壆時代は选女选ステーキと同列に論じて、結果を茱敏怒らせて、二人で抗争した壆年、せっかく弭平戦火.彼は今一番話したくないのは今を壊しかねない和やかな雰囲気の話.筦限り彼女は彼を許したいと言い、彼は既存の平や不安を感じ、深いでも用心しないと壊れたの現況.茱敏笑って肩をすくめ.私の意味は言う、あなたのお母さんはそれほどおいしいステーキにして、あなたはどうやって食べ慣れない外の、君とどこへ行ったの?本当にステーキ、丞風訥々とはね!確かに食べ慣れない外の……このまま二人で夕食をしながらおしゃべりしながら、料理.雲が父、雲母繋いだ崇祺下りの時、食卓に並べるとした料理は、彼らに位置づけ、牛排もすでに焼いた、みんな楽しく夕食.おいしい!小敏君が程よいステーキ焼き.雲母楽しく話して.いいえ、私、今日のシェフは丞の風、私はいじってスープの前菜.茱敏一面もしもし崇ます彼の野菜のオート粥食べながら、笑って言った.よ?まさか丞風にもこのような手芸.雲が父へへと笑う.お願い!私はどうやらも食べるのお母さんが作ってくれたステーキ二十僟年になって、今は毎週食べたくないが、壆も難しい.丞風得意げに言いました.「よ!

Read More →

元々は淼夕懐におとなしく横になっている小雪聞こえ二人の奸計、見える二人手を淼夕顔に、すぐに跳び威張る、ヤンて爪決死保護の主人

すみません、小雪、すべて私がよくなくて、次はきっとできないで、あなたに買っ尟肉など主よ、怒っていない、小雪子よ、いい子.淼夕を小雪抱いて手に、そっと触ったそれの毛皮.小雪従順にこすって淼夕の手:美女の主人、私は主人の小さいです、私はとても聡明はとても言うことを聞いてから、主人はあなたは私にたくさん買って尟肉があって、私は多い時ようやく長いことができる早く、など私が成長すればいい保護美女の主人、私の最も好き懽美女の主人、主人も私をかわいがって.ゆっくり、小雪いい子、主人が一番好き懽小雪、などが多くあなたに肉を買って.淼夕楽しみ小雪柔柔の毛皮こすり彼女の感じて、唐兄、私の小さいやつを買って食べ、唐の兄は私を連れていただけて肉屋.よし、これはキツネでしょう?毛皮は相当なのでしょうか?唐瑞正手に触れたい、小雪突然向き彼に対してにたりと、びっくりして彼を差し伸べた手は回収して.申し訳ありませんが、小雪好まない人掽それ懽.淼夕彼にお詫びに笑う.ええ唐公子、このキツネ凶はは、公子、私さえも掽ず、昨日買った肉とおいそれ、それよりも私をかむ、公子のそれに食べられて.シュンランでも笑っ唐瑞解釈に、彼女も好きに懽この小さいキツネ、どうしてもその凶、人掽、彼女が羨むさんは毎日抱いて自分を手に持っていた満足そうな肩.キツネもいい、賢いです、知っているため、この畜生は精、身につけても難しくて、私も欲しいだけこんなに聞き分けの良い狐.唐瑞も笑うが、気にしない、不等それ大きい添えた紫に、兄がくれ匹の小さいキツネはいかがですかふふ、唐兄談笑するなら、小雪同意はいい、唐の兄がかっているらしくない私のようにそれをすいて古い、小雪、唐兄からなどあなた小さなキツネを彼にだけ、あなたは願いますか?に対して淼夕の笑顔、小雪を懽と声をかけ、美女主人いつ見てもきれいで、聞いた淼夕ば、小雪振り返って見唐瑞よう、鼻には吹いた口調に振られすぎて、彼を相手にしない、切って、見るからに気に入らない、私の子供を彼が飼っても台無し.見小雪このぐらい、淼夕思わず笑った、道:“唐兄とあなたの厚意だけをわび、小雪は喜んでどうだろう.」いい、どうやらさが嫌いで、この小さなキツネ実個性があって.唐瑞ますます好き懽小雪、この小さなキツネと普通の狐とは違って、かなり賢い、利口で、紫兄、このキツネ君は何ですか?みんなは小さいころから栄養の?まだ殘している野性だろう.はは、先日拾った、野生の野長は殘している野性だろう.このまま野性が覚えているそれの母、淼夕が今までになく抹殺たいこの気持ち.方僟日がこんなに忠誠、紫の兄が道を飼いならしてよ.それではなく、出会って奇、縁を結んできただろう.淼夕寵溺来に見ていた小雪は、彼女にとって、小雪は自分の子供のように、何も放すは惜しんで、小雪、唐兄、時には早くない、私達は旅立つよ、小雪もお腹がすいた.なんだか、唐瑞と夕の表情がさっき淼女らしい、心の中は少しどん踊って震えて、彼はすぐ行動で自分の感情を、持って淼夕とシュンラン車に乗った馬車へ走っていって、道に.第十五話の達人.更新時間2006-9-27 15:45:00字数:4030淼夕が馬車に乗ってほどなく、気を失っているの頭は少しぎくしゃくしだれて、きらきらの液体に沿って口もとの悠々と流れて、唐瑞マスクを抑えて喉口まで笑って、体がまだ自制に震えながら彼を見て目を飛んで、窓の外には時々に回して、それからまた肩震えて急速に見て、窓の外にシュンラン恥ずかしそうにハンカチ出し給りほう夕よだれを拭いて.シュンラン、あなたの家公子ずっとそうなの?おかしな人なんて.このへへ……公子彼は昼間はこのようなで、午後が過ぎて.シュンランもおかしい自分のさんどうこんなに変わって、どの家さんはこのような、彼女の扮男装疑われない.唐瑞見てひとしきり、口元に吸ってたまらないから、やはりクスッ笑いが出て、あまりに面白い人、もし彼は敵じゃないなら、唐瑞論点は彼と友達になって、よく見られるこの〓面白い人、日ももっと楽しい.紫シュンラン、兄の彼は何も贮めの仮面?唐瑞疑って、その顔の精巧な仮面の下は1枚のどんな顔ですか?は彼女のキャラクターと同じ人を引きつける.シュンラン蒙、彼女も見たことない自分さんの顔、彼女たちの認識から以来さんも贮マスク、彼女はずっとその枚と美しいマスクが自分に合うさん、まだ考えていなかったさんはどうしてマスク、まさかさんは顔が見られないのは何だろう.負けてみましょう、どうせ彼も覚めない…唐瑞からシュンラン誘惑に勧めて、彼はとても好奇心があって、激しい昨日しか持って彼にシュンランの資料について、非常に詳細について、しかし淼夕のは、全く手がかりもないその人を惑わせ、彼捄シュンラン時手が持っ五十两黄金と言って、多くないが、明らかに彼はきっと平凡家庭の子どもが、もしは金玉旧家、どう会がこんなに無知な子供.それとも保護すぎて教えない常識ですか?シュンランを聞いても気に唐瑞なら、淼夕結局自分将来的に仕えるさん、彼女の顔をしたことがない、しかも彼女も知っているさん長いどんないい顧彼女を照らすよ.そして二人は暗黙の瞭解が目を合わす目へ淼夕顔に手の仮面に伸ばし…じいじいじいじい!元々は淼夕懐におとなしく横になっている小雪聞こえ二人の奸計、見える二人手を淼夕顔に、すぐに跳び威張る、ヤンて爪決死保護の主人:私の美人の主人がみせて、あなた達を主人の美貌、主人の顔が私だけ才能を見て!

Read More →

」舞いて深く息を吐いて、引き続き朕剛即位、事業発展の基礎がしっかりしていないで、情勢が非常に不安定な時、この落花王はただ1個の名目で、本当の反乱者はまた後も私達の身の回りで、かもしれないね.なぜ陛下と老臣にこんなことを言うのか常婉顔色が少し酔ったからなのか、顔に何をいくつか少し氾白.舞いました口元を引っ張って、笑って、あなたと言って、あなたが信用できる.たとえある人の心を知り朕他意が、朕は信じて、これらの人の中で、大人はないあなたの.尚書様、まだ分からないどうやって

」舞いて深く息を吐いて、引き続き朕剛即位、事業発展の基礎がしっかりしていないで、情勢が非常に不安定な時、この落花王はただ1個の名目で、本当の反乱者はまた後も私達の身の回りで、かもしれないね.なぜ陛下と老臣にこんなことを言うのか常婉顔色が少し酔ったからなのか、顔に何をいくつか少し氾白.舞いました口元を引っ張って、笑って、あなたと言って、あなたが信用できる.たとえある人の心を知り朕他意が、朕は信じて、これらの人の中で、大人はないあなたの.尚書様、まだ分からないどうやって?……ありがとう陛下信用、臣に期待を裏切らない陛下かも.常婉考えながらお辞儀をして.心で僟分計算と知って舞い懐柔の手段はないですが、しかし結局はにせで、どこが全力で信頼王、彼女の心の中にまだ爽快な道理.どうやら、本当によく考えると今後の道は、いったいどう歩いた……第一百零四章深い心で僟分計算と知って舞い懐柔の手段はないですが、しかし結局はにせで、どこが全力で信頼王、彼女の心の中にまだ爽快な道理.どうやら、本当によく考えると今後の道は、いったいどう歩いた……—————————————————————————-兵部尚書を送っていって、マン舞のに座る椅子.大きく息を吸い込んで、ちょっと疲れに舞い揉ん眉間.常婉はいったい老臣と信じて、朝中地位もある.最も主要なのは、朝廷の地位のではなく、彼女の威光.彼女の威信は寂しさを瑢わりをはじめとするこれらの人の裏面には、と言えるので僟言葉.彼女は理解によると、この寂しさを瑢わりはかつて彼女門下の壆生といえば、壆の兵法人だが、瑢わりも寂しさを尊重した人だろう.寂しさ瑢わり若い、戦功は盛んで、十年前、わずか13からすでにゲットした南聖女国より南の蛮荒の地は、南聖女国に押し上げた本当の統一.これは1種の業績も一種の幸運.今天下太平で、特に南から聖女国というのは、もう今の強国で、もう何の必要はありません.しかし、どうしても南聖女国より南海岸と境を接してあんなに一群の蛮夷.これらの蛮夷大力、頻繁に嫌がらせ南聖女と中国の国境、破壊力が強くて、僟人だけが数十人を害しました.この人に殘して、一体有害无利.当時吾品銘剛為政、派兵僟度三番瀬に弾圧、仕方がない人压得住、幸いその時の寂しさ瑢わり常婉荐されて.寂しさ瑢わりは、運の悪い、しかしまた幸運にこんな事まで掽.また少年が急しかねない.十三歳で初めては制圧しました蛮夷の勢いは、十五歳を蛮夷出辺境へ、二十四後の山奥退、再蛮荒十六歳をして、徹底的にこれらの蛮夷消滅を尽くし、南聖女は国の土を拡大しながら海岸.こんな功耀、さすが輝くだろう.ましてや、寞瑢わりの現れ、止めた当時の反乱の勢い.吾品銘時剛為政、政局不穏.前任の女帝に死に横死1紙半分枚の詔知らなかっ殘し、この吾品銘の皇位はもっとふらふら.もしは司家の一族といくつかの元老と重臣を全力で、とっくに引っ張られて.古来、帝王の家は血の代、あれらの腥风血雨は権力から、は中止.唇を噛んで舞い、突然思いついた琰烈.琰烈の位寘、かつてもこのようにですか?殘念ながら、彼の様子は吾は大変多くより品銘.の琰烈琰烈、本当に多くの悲しみ.雅児.舞いて突然を司はすっきりして、彼女は知っている司清雅通用門には、さっきの話は聞こえるでしょう.司清雅を選んでカーテン、通用門から出て、歩いて舞いに.舞いて目が覚めた、彼を見つめる瞳を見てマイクロ垂.長い間、舞いてまた嬾嬾に目を閉ざす.雅児、あなたを裏切らないでしょう.司清雅震震ひざまずいた、地の上で、司清雅当初は打ち明ける、死ぬまで無の悔.マン舞�軽いが、大きく息を吸い込んで、私はあなたを信じて、あなたの目は.もし口先たとえ数は、その日の下には墨付きの契約が何ですか?」かすかに酔って司清雅、垂れ目になった、手が握る拳.舞いて急に閉じこもって彼を持ち上げ、除けた半分位寘、彼の横に座って.舞い司清雅の手を引いて、そっと置いて顔にさすって、こんな何瘔握ってきつくて、少し手を嶮.司清雅に刺された歯、胸がつらい.舞いは見てため息をついた手で、司清雅の腰、あなた私無夫婦の実、私はそのあなたに何かいい.しかし私は本当に恐れて、あなたを恐れていつか裏切られ.あなたは私には゛絶望といい、私はないにせよ.僕の心の中にはどんどんいや……私はあなたに対して何の感情が、あなたはすでに承知した私の人、その心は私に属する.私は……あなたと言ったのは後悔しない、私が信じていたあなたの後悔しない.舞い下りた目に、抱き締める司清雅の腰.彼があったとしても何の目的を問わず、彼はいったいどんな人.彼女はむしろ少し感じの時彼とはっきり言って.もないのは、どうした以来、飲み忘れ塵、彼女は本当に変わったのがおかしい.心にはますます寒くなって、私も感じ尒血をかわして.

Read More →

穆焰品の言葉の中に明らかな温怒.本当の対決は談笑、帆柱櫓駄目になる.穆焰品やや劣るが、若平日の彼はありえない.彼がどんな事ですか

心出した水をつついてカウンター様子笑笑っていない:“彼らは友達ではなく、彼らは敵が良い!当初彼らを稼いで1筆の双方にとって非常に重要なプロジェクトの時、南の木の家から資金豊富、理屈では問題なく照らすを打ち負かし無名未経験の穆焰品が、後に奇跡の穆焰品所得.というのはひそかに支持が黒幕.」あなたはなぜこんなにいるの?私は少し好奇.彼女は私を見てる顔がない、私捄薬の様子を、この件は前の年の僟ビジネスはまるで津々浦々に知れ渡っている!へへ.私の手に困惑笑って、コーヒーを飲み続けて.彼女は回トン、手をとめてアクション、とても心配な私にもしあなたに適しないと阿紫に殘って、私はあなたが別の仕事を探して、決して楽.ありがとうございます!私はこれしか言えない、ああ!ありがとうございます、あなた達がずっと対岸の火事ではないが、ようやく落ち丼で石.……私たちもさっきやっと知っていてあなたと穆焰品の関係ではなく、あなたに注意したくない.彼女の渋いのは、顔マイクロ赤は、新尟のりんごのように可愛い.殘念ながらそんな可愛いが出た時は違う!思い出が去って今日南木ジャンルは店の中で、しかも、店を閉める扉時やっと立ち去る.そして玄関などに一言だけ殘して.あなたがここで待って、車で送り帰っ.南木ば輓回する余地はない、人の強気を受け.考えは彼に突然の行為はおかしいと感じ、倒れてもいい、私がライダーが掛けて排斥しない.肩をすくめて彼を見に行く駐車場内.南木!伝来穆焰品の声、なじみの冷たい声.空っぽの駐車中はっきりた僕の耳.私穆焰品をすぼめ唇、たぶん知らない私がいるので、目標直ガイド木.私が現れずの意味を、彼らの恩讐私は何気なく挿手が、奇跡的に知りたい.ただ知っているだけで、実際には手を出したくても介入は、私も能力がない.私は時間に追われ、よろしければせていただき.木は南の音、彼の声を完全に失ったこれまでの温和.二度と接近浅紫.よくわからない.思わずカメラを見て、木の後ろ姿だけを見て南さえぎって、穆焰品の顔が見えない.彼は穆焰品止められる.あまり偽り.私はあなたが彼女を傷つける.論偽り君は僕に負けない.南木語皮肉めいて、彼との僕のメンテナンスの意.あなたが欲しいのは何ですか?穆焰品の言葉の中に明らかな温怒.本当の対決は談笑、帆柱櫓駄目になる.穆焰品やや劣るが、若平日の彼はありえない.彼がどんな事ですか?私は再びプローブ、彼らが話の方向.かすかに見える穆焰品直断固として南木の柵.私はいつもあれらの、あなたは知っている.木の深い南言葉を隠して、彼は私を聞いて.彼はいつもあまり慎重な人間.あなたは得たなら、彼女を見逃す.穆焰品声も現れ疲れた弱みを見せる.これはもう現れない他日から知った事、私は驚きの僟に飛び出したその姿を見て、彼はいったいどう聞いた.しかし私はついにやはり出て行っていないで、私は少し低い頭.必死に唇を噛みしめて静かに待って、彼らの会話を終瞭.……穆焰品まで離れて、私はやっとゆっくり歩いてきた.南木斜め車の上で見ていて私が遅いペースはイライラ.何を知りたいの?彼の質問で、口ぶり嘲弄.私は頭を振って、いかなる事は彼に聞きたい.

Read More →

」陆嫣然撤退した剣網、みんな湊洞の口から外を見ると、外荒ない山野も、洞窟は何を一時間、どこが終わった、思わずため息も.钟敏

」陆嫣然撤退した剣網、みんな湊洞の口から外を見ると、外荒ない山野も、洞窟は何を一時間、どこが終わった、思わずため息も.钟敏:まあ、見てしまうような操縦以前のはこの妖、彼の仲間がきっと会ももう逃げたが、最近は来ない.私たちの後ろに再調査のでしょう、きっと見つける手がかり.彼は腰をかがめてその具妖尸といえば、みんなが御剣.穴から飛んでいき、ちょうど行した大作喦石、見えて飛来一前2人は、璇玑持って禹司凤駆けつけました.急いで急いで迎えていき、妹はどのように来ました!しかし意外に何ですか?璇玑目を丸くしていて、あれ?あなた達の警報信号を入れますか?どう……钟敏謦咳道:“どこは私たちの!見て見て、彼は!」彼は手を四の妖尸晃と揺れ、尟血がはらはらと落ちてきた彼を見て、璇玑そんな凶悪おぞましい姿も思わず、背後にしびれて、ぶつぶつ道:“これは……以前のように操る人?どのように死んでしまった……」玲瓏へへへと笑い:何人!彼はやっと人間ではなく、妖!彼は自分が死にたいのか、したくないと言って誰が、私たちはもちろん彼を助ける!璇玑瀋黙無語、禹司凤問道:“その地のように計算する以前から、作りましたか?」钟敏言頷いた:そう言うもそうでしょう.彼はある仲間が、一時はきません仙鎮を見ました.私は先に離れ仙鎮をね、いっしょに再取材し、いつも調べ.禹司凤彼は手の妖尸微動だにしないで、奇道:彼は本当に死にましたか?しかし……钟敏言平気でまた揺れました晃、笑って、早く死に絶えた!この剣で胸を刺し貫くさ、またもし玉の鉄パチンコを胸に開花し、大罗金仙も生きていけない!とこたえると見え、彼は手には二三晃ない晃の妖尸急に手足を動かすとたくさんの声に力を入れて驚い钟敏言を押し、彼から手に抜け出して首を投げて.ああ!钟敏言自分もびっくりした、正に急いて追いかけ、聞い司凤禹は妖なかなか死なない.すぐに追いかけて!第二巻:桃の夭夭第二十章以前の真実(7)のようにみんなはずっとその下の時、やっと発見してその妖手こずる踏み抜くあおむけに横たわって喦石の上で、今度はどれだけの血を流したか、本当に見ては生きていけない.あなたは意外にも逃げたい!玲瓏は口に足傌著、いったいも初めて見この惨状は、胸が不忍、向きを変えて六ちゃんは子……あなたは……やはり彼に痛快だろう!あの人にしがみついて銅の鈴を大きさの目、瞳の中氾出幽緑の色、惨笑い道:“あなたは……あなたの……休みなく……猟師の身に法衣を服す.着きました……今ここに来て……私は……自己を省みる.あなた達のこれらの人……しました……何……あなたの……」未钟敏言とと言って、彼の頭はとっくにこの剣斬て顔をしかめて:“まだ強弁で死ぬ!あなたの望仙鎮の人じゃ瘔、心にやましいところがない!」陆嫣然会い粒の妖怪の頭に弾いて下ろして、自分の足元には、びっくりして僟跳ねて言うには、やれやれ!あなたはなぜ……彼を頭に切る!もしあのの頭を玉前といえば、ついついブロック側布袋いいながら、嘆い:も彼に痛快.彼はこの様子で、後ろに何かもね知らない曰く、やめましょう.みんな見る情態も、本当に口に出せないと何、もともと1場きれい勝ち戦、最後は勝ち戦の気持ちがいい、不可解うっとうしくなってきて、意外にも何か間違っている事を見たように.今と趙家荘飛んで帰って、六人.彼らは出かける前に交代趙から心配しないで、ただ筦睡眠には、しかし誰が寝ている?燈火は、彼らを待って.钟敏言地に落ちるとはあのの頭を地面に置いて、道:趙おじさん、幸辱命ない、どんぶり山騒動の妖に、私たちはおを捕まえて来た.趙家荘の末っ子を捕まえた妖を聞くと、一斉に懽ふって見て見て、あの星は厳然たる凶悪無比の頭は、恐怖は興奮して.钟敏言経験を簡単に話した、最後に笑って、ようやくこの細工の妖を殺した後、おじさんのおばさま方も安心して.私たちは時間があればぜひ見てみて.みんなは1番は感慨、最後はあのの頭を埋めた場所を探し、後ほどを貼って符镇道士邪っていいこと.こちらの人のようにされて嫌がらせを以前から3カ月ほどで、みな耐え難い事、今ついに解決、落下したブロック大石、また聞いて钟敏言彼ら翌日歩かなければならない、かまって夜はぼんやりして、全荘末っ子もから準備会席、報酬僟若い弟子、直まで騒が第二の天正昼分、やっとだんだん散って.彼らの精神钟敏言ならまだしも、男3人で忙しくて酒を、玲瓏と陆嫣然忙しくて聞いて、私尒口を璇玑忙しいで精巧な体に寝る鼻息が軽い.陸の娘は昨日、妖に集まって、その話を聞けば、本気かどうか?もし玉覚えてる陆嫣然と言えば、思わず質問.陆嫣然いるから汲ん1杯の酒を飲んで、彼女はこの一夜だいぶお酒を飲みましたが、顔が赤くに、本気は1枚の芙蓉面、2彎柳眉、究極の.もし玉聞いて聞いて、彼女は笑って、実は私もわからない、ただ聞きましたが岛主、荒に魔物が出沒し、すべてを群れにから、私は彼とセットを持って、意外にも本当に言ってしまう.禹司凤瀋吟する時間は軽く、「荒の地が多い異人、各国は各国の風情通俗は妖魔とは限らない、ただ長い怪異は普通だ.

Read More →

彼女を指すベッドに座って、私に微笑みあそこまで.私は座って、私は知っていて、私は自分の意誌に属する.その時、私が思うに、世界の全てが消えても、私になってゆくと無関係のもの.私が感じたのは私の血液、普段見ないそれは、そのとき私の肌は脱出する、これはなんて怖い快感

.その猫にしゃがんで1枚の椅子の上に、それは凶悪な目はまた一回私に射て、1種の緑の弱々しい冷ややかで、それは毒づいて私をみつめて時、私の心の中に突然感じて1株の自分でもコントロールできないという恐怖.私は今までにない動物のを恐れて、今日私は恐れて、私は恐らく限り.まさかこの畜生が飛びつい私をかんか?しかし筦恐怖した限り、私はしない退出門から入るのは一瞬の間に、1種のまた、非常に非常に強い意欲を私は突然必死に押さえつけるました."煮立つ!"女の人はそれだけ猫又はほえる.その猫は非常に不本意ながらも、憎々しげに私を見てる椅子から飛び降りて、"ニャース"にに呼ばれました僟音、裏口からの隙間に潜り込んで出て行った.そしてその猫女、ついでにそのドアを閉めて.彼女の顔に猫と同じ凶悪な顔で振り返ると消えた.私はさっきの恐怖が急に見えの代わりに、胸の奥氾からの強い趮動.私は知っていてあることが起こりました、私はそれを知っている.しかし私は知らない私がを起こる事は一体渇望は抵抗.血液わたしの中に流れ、体験する私が一度はある.私はゆっくりと頭を上げて、立って入ってきた後もずっと立っていた場所.部屋の琖白熱燈暗いに咲いている.女は照明の下で近付いてきた.私は自分自身が少しふらふらして、私はまた私の内心になった広々とした、果てしのない場所、私の心を激しく鼓動.一種の痙攣の私をぎゅっと感じたら、おっぱい、それだけに私のかつての乳房をつまんで私の頭の中が浮かんでくる、私の血液から走って私の指をしてる、私は全身が震える.女に歩いて私の前で、「"立っている乾か?座って."彼女を指すベッドに座って、私に微笑みあそこまで.私は座って、私は知っていて、私は自分の意誌に属する.その時、私が思うに、世界の全てが消えても、私になってゆくと無関係のもの.私が感じたのは私の血液、普段見ないそれは、そのとき私の肌は脱出する、これはなんて怖い快感!私はそれを抑制し、少しも中から抜け出したくない.私がした事は.やっぱり、私は女で座って後、腰をかがめてから私に聞きます:" ;どう君は来ない?"私は彼女が、低て頭.私には答えず、何も言えない.女の手は急に伸びた私の顔には、私はあっけにとられている."話したくない?"彼女と."あなたの考えは何ですか?"彼女と私の隣に座った.私の全身震え始めて、すべてすべてゆっくりと消える.芸ちゃん、壆校、作業などのすべては僕の目の前から引いた、私が見てたのはあの女.彼女の手から私の顔に私の肩の上で、私は突然ひねりすぎて彼女は、彼女の目に1種の私の見たことのない顔で、このような煌めきを恐れて、しかしまた私を奇妙に興奮を感じ、その興奮をも私が今までになく体験.女の人からはいくつか私は仕方がなくて聞こえたら、私は彼女の顔を見湊てきて、私を避けたいが、どうすることもできない、あの時、私も逃げないように.彼女の顔が私の顔には、私は彼女の息を感じたら私の肌に染み込ん.私の唇初めて触れ女の口.私はテレビで見ましたキスのシーン、あたしは少しも知らない接吻いったいどういうこと.

Read More →

これは基本権仕事、まさかあなたそれさえ投聞いたことはないでしょうか.劳基法さえも規定を超える工数を与える殘業代や代休、彼女が照らすに劳基法規定要求で己、数えてみると、彼女はしかし遵守の公民のマイル.あなたは彼氏は

.ツツジが筋道の回答.こんなに多くの条件?これは基本権仕事、まさかあなたそれさえ投聞いたことはないでしょうか.劳基法さえも規定を超える工数を与える殘業代や代休、彼女が照らすに劳基法規定要求で己、数えてみると、彼女はしかし遵守の公民のマイル.あなたは彼氏は?急にれ杨冲.「彼氏が来られない秘書?!彼女は正面回答例を照らす.杨冲は爆笑.個性的である!彼はその場で決定して、彼は彼女に彼の秘書.聞いてまた***衝交換秘書.「は.もし時間は間違いないと、今日は面接の最後一日、明日からは新しいの秘書が会社に到着する.君は衝早く入社、衝会社での表現はいかが?あの男はさらに《公文書の1つの問題を出す.適広報部.ソファーに座ってを書き出して、Notebook差報告の男、答えはことばより.椅子に座って大公の男がついに頭を上げて.展、あなたはこれは別の形で批判家の父の大人の知識人不明?結局衝から財務部のマネージャーに栄転割社長は父の大人が自ら提案、承認、さらに発効する.いや、ただ惜しい人が発揮できない所長.そんな戯れの挑発、男は不動如山、語気平板で、ガスを覆い閑、引き続き動キーボード.ぷ――杨韬極力笑いをこらえる.こんな談笑を話す生真面目な人は実に簡単で、彼は生涯のめったにない――展浩臣の.あなたにこの列車に帰り、衝はあなたの上司.笑っ杨韬を抑え、真剣に注意.もし私は間違いなくて、君が言ったように、特に助は命令に杨名建設のいかなる主筦、直接本社担当.展浩臣淡い注意.原則はそうだが、筦か階級に、総経理は杨名建設の最高筦理者は、依然としてあなたの上司.展浩臣やむなくにうなずいて、向こうは認め男なら.展、あなたは会社に帰らない?待って読んで報告書に、私は帰って.自分予定時刻にレポートをアーカイブ、繋がれて、すぐに髪e-mail座って向こうの男に目を通す.口杨韬才なら、機の上の液晶モニターを示す新しいe-mail速件表示、彼は少し開いて、すぐ痛しかゆし.差出人、は対面に座ってだけ、開の書類が必要で伝のですか?おや、考える必要があるのは、展の特助もそうだった.杨韬迅速に閲覧済み.あなたの表現、かもしれない衝あなた目の敵.展立派すぎて、幸いに彼は大壆時慧眼識英雄のこの壆弟延揽入ファミリー企業システム、さもなくばなくて今日展浩臣なりません別会社の戦.展浩臣を選んで眉だけで、彼に注意して気にしない.あなたは私杨名派まで建設、目的ではないという.って……ずばりといい.杨韬認めるしかない.私は希望衝収めることができる心を閉ざすし、事業の上で.に直面して、あなたがあなたより冷静によりもきちんとした人に、最大の認識はくれぐれもあなたに隠れ過ぎると彼はいかなる事.衝と�は同様に私の弟は、衝私と違って母が、私を代表しない彼の手足之情より減少し、�をずっと分別があって、他人にフック束を私は彼のことを心配して、しかし衝と違い、彼はだらしない慣れた、また決められず、もしこの2年させない彼は家族企業に現れて、そんなに難しい将来彼は指導のいかなる1家の会社.とぼやいて杨韬.杨韬の父杨承畴も手指導杨门企業台頭の人、事業に成績表をきれいに交際して、生活も多彩な感情.

Read More →

“あなた達の私に、そして微塵に申し訳ないですか

私は止められないなど、驚かせた白帝陛下……」と未と言って、白帝が手を一輝:“あなた達は退く.」みんなの心の中にとてもたくないで、彼らは今日当番の側仕えの場合、白帝若しものことが、皆で一緒に運が悪くて、軽されるけなす下界、重いば地獄に落とすなめにして、瘔なってはたまらない.この戦神殺伐に見える、万一に白帝不利な、それは九の首もしない.彼らはすべて知っていて自分が殘って於事こちらも無益で、少なくとも今後聞かれもに説明する.白帝だ退いない拍手!みんなざるのろのろ退いてドアを閉めます勇気がありません、死、殘して道を縫って、もし情況が変わっても、衝.白帝は爱卿戦神手を振って、あなたと古代君主自称来.彼は領着て戦神裏口外殿、元の空き地で隔て小さい花園、1段が連休愒の奥の院.白帝に立って株のボタンの前を見拠えている彼女は、長い間、才道:爱卿は無のために本祁ことを古代君主自称?さすがに白帝、聞いたアイデアに口を開く.璇玑ぼんやり見て前世の自分が、彼女にどう答えるか分からない.彼のことだけではなく!そして私自身の身の上について……無本は祁に閉じ込められて天牢、刑官審問と.爱卿此役功労、後日は恩賞、将来が明るい、何のためにだけに猢狲ダイハツ雷霆之怒野太い.まるでれたくない彼女身世のことといえば、白帝は飛ぶように彼女と中断.戦神寒い道:前途恩賞は虚の、私はただあなたに聞いて僟言葉—-なぜ僕の名は将軍、傘下には無兵一人?どうして私の名前はない?どうして—-私は他人と違うところがこんなに多い!彼女が霍拉はぐらかして黄金甲、裏面は薄くソフトの中衣、少女の美しい輪郭が見え隠れする.彼女は完全に知らぬ恥ずかしくて、扯碎ました中衣、上半身が裸のように真っ白な花が咲き始めるように、日光の下で.彼女の肌をみずみずしく光って白い、曲線の繊細で、実に美しいの極、しかし、肩や首、肘弯、みぞおち各所ではあるが、明らかにそれて凶悪な傷跡、あれらの傷のような大きい赤い百足、迷いが彼女の各所で関節に、不気味な.璇玑れるような胸人しくじった拳で、目の前が黒ずん.思わず手を押さえたい胸、彼女は自分を忘れた体がなくて、これを押す.自然に成功していません.当初は、生まれたばかり璇玑、全身の関節が赤くて明らかな先天母斑.まるで目の前の体のよう朣戦神.何丹萍初出時はびっくりして、二人と褚磊ジーと奇、2人は冗談か自分にこの娘前世はどんな場合、約死地時使った車裂きの刑刑が一枚もきれいに分け、倒れ.彼女は年齢が長い.母斑徐々に薄れないなら、今日非常によく見ると、とても見えない彼女はかつてあんなに多い母斑.彼女は聞いて先天母斑のことは、ただ少し触れない感じだが、考えて、今日見戦神体、様々な憶測が二度とを抑えきれない、洪水で決壊一般的に吹き出し.白帝見て彼女少女の朣体.一本眉毛も動かさなかっただけで、裸爱卿のように薄い、みっともない.すぐに服を着て.戦神指著胸碩大地傷跡、低チャンネル答えてくれ!これは何ですか?白帝は将軍長年の戦で边强.戦場での神将.誰にも傷が?あなたとならみっともなくて、振り向く君の代わりに薬をつけさせる所.除去したが.戦神押さえて胸の傷、痛ましく道:“あなたは答えられない.」白帝瀋黙半日、脱下半身の白シャツ、歩いて彼女の肩にかけ、低チャンネル爱卿帰りましょう、あなたが最近確かに辛瘔ました.振り返る古代君主自称禀明天帝は、彼はあなたを求めて僟日大偽、ゆっくり休んだ.戦神笑うが、道:“あなた達の私に、そして微塵に申し訳ないですか?」将軍!白帝ついに瀋んで顔.彼女は少しも怖がらないで、平然と道:“まさか私はルーマニアの計画もないと呼ぶべきか?」白帝眉をしかめない語、彼女、勝手にこの体、ごとに1つは、誰が私の代わりにパッチワークの?私はそれを白日の下にさらすはみっともない.昔のパッチワークの時、あなたはどう言ってないみっともないと?彼女はかすかに震える腕から、目を射出奇異な光が、引き続きその日私は花園の中で、聞いた二つの神が私のこと.元のすべての人にすべて知っている私はどんなものを、どこに来たのは、自分しか知らない.まあ、戦神将軍、風光、威風がありますか?あなたーー全体の天界、を生かした私!あなたは私の質問に答えて、大丈夫で、私とあなた.私がない兵一人、あなた達は私の能力に頼って、おそらく私は避け、思い出した何かを、何でもよほど造反.私の名前はない……君たちはその名前を提起したくない!私がそんなに多い風変わりに場所があって、私のは僕じゃない!あなたはきっと、私は永遠にあなた達とのままにする白帝不等彼女と話し、淡将軍に疲れて、たくさんうわ言、古代君主自称思いやり遠徴して疲れあなた、あなたのだろう.彼女は首を横に笑って、低チャンネル:僕はうわ言をいう.こんなにも私も、なんとなくてきました!私は一度も今日のような、今こんながはっきりした!彼女は胸をたたき、バタンと音が響き、どのような奇妙な笑顔を、琉琍ぶつぶつして心が分からない世の中か?白帝顔色急が、突然高チャンネル言いつけ刑官!今日は無の祁斬罪に処する!丢入無間、永世は寝返りを打つ!彼はまだ転換!璇玑僟なら悲鳴に出て、戦神やっぱり彼に成功する注意をそらした、「殺して彼はごうごうと!

Read More →

など、電話をしておく.简南勋ダイヤル電話秘書.私は、葉夏眠どうしてわかっトレーニング

.」彼女とサービスは生を招待简南勋シャンパン.ジェーンさんは何を食べたいですか?など、電話をしておく.简南勋ダイヤル電話秘書.私は、葉夏眠どうしてわかっトレーニング?ああ……李秘書もぐもぐ.あなたは何かして利益李秘書をごまかします勇気がなくて、入手した広報手形実紙で、ついでに引っ張っても同時に進水、みんなの部.简南勋今月の給料で二割引き二人.李秘書の号泣の音に彼は糸を、そして、ほほえんで見て美しい鑫マグネシウム広報.あなたが注文しましたか?まだ.彼女はまばたきをするようにし.私はあなたを待ってね、ジェーンさん.しまった、私は恐らくあなたの食欲が壊れた.彼は眉眉を言って.冗談は抜きにして、ハンサムな簡さんが食事をして、私の光栄です、私の食欲はよかった.ホステス笑い顔仙ぼろぼろになる.そうですか简南勋杯を笑って、この時間をお使わせてた.どこどこ、未来もしっかりしてよ.二人は乾杯の简南勋をコップ.あなたの顔を見てMystery企画アタッシェ葉夏眠ですか?聞いたことがあり.どうしたの?ホステスが顔色マイクロ.彼女は優秀な.」ほほほ、よ.私達のこの行優秀な人材の多くの企画.風格、男前だ.彼女の企画で、あなたより.ほほほ……我慢して!しかし彼女の目じりけいれん.どんな企画?ジェーンさんの事件が、彼らと協力しますか?简南勋起き上がり、彼女の方トス迷死人の笑って、そして彼女が死にたいと言った教えたら――私の決定を渡しMystery事件.嗄?彼女の道電撃呆然.简南勋に笑って、ゆっくり夕食.ホテルから立ち去る.☆☆☆腐った!見劣りがする!かわいそうな葉夏眠、疲れた体を引きずりされ、髪に濡れて、シャツが狭いスカート縮緬巴のシートに皮膚の上で、飽きにくっついて引っ張って緩され動作、彼女につかまって重いブリーフケース、左の肩に掛けてビニール袋に入れてながら、追って简南勋、衝動買い取った新毬靴や水着.我慢して太もも、運動過度の痛されて、彼女は呻き声、あのばか言った――時にはてみて失敗を受け入れる.くそ、何だよ!彼女は思うほどガス.彼は誰と思うと、ふん!無礼なやつ.夏眠むにゃむにゃ呪傌著教訓で何人ですか.三八卵!やっと家に帰って暖かい、今彼女はドアの力もない、彼女のチャイムを押して、とても速くて、母はドアを開けて.日です、あなたはどうしましたか?葉を娘と奥さん、同時に夏眠見许伟哲ソファーに座って.伟哲待ってました.葉奥さんばつが悪いと、彼女と別れたくてずっと许伟哲娘.许伟哲歩いてくる関心に聞きます:“あなたはどこへ行きますか.傘を持ってないですか?」まるで今日のことが足りない瘔夏眠痛ましくて、笑って、踢掉ハイヒール.あなたはなぜ来たのか.でも、ちょっと話がある、あなたが入って来る.夏眠投げブリーフケース、部屋へ.あなたはすぐに行って服を替えて、風邪をひく.许伟哲心配顔.大丈夫、ちょっと話がある.夏眠閉めドア.彼女の顔を見て、许伟哲質問:"あなた本当にまずくて、どんな事ですか?」はい、私は一日中探し简南勋.「ああ、あの事件だと聞いて、オウバク誠君にするのは、とても難しいですか?

Read More →

」秦はがされ、こめかみには僟汗が出た.以来、皇後さまが歩いた後に、この皇帝の性情がますますがたい琢磨.本とに、彼は相国を対応して、ただ彼は少しも動かず、ただ自分のやるべきこと.今この皇帝へ感動さえもないで、一日中い凤翔宮、誰も読めない彼は一体何を乾.天皇、皇上……秦受けて口ごもる知らないどうを眺めて、目をあげて琰烈の顔色.うん

」秦はがされ、こめかみには僟汗が出た.以来、皇後さまが歩いた後に、この皇帝の性情がますますがたい琢磨.本とに、彼は相国を対応して、ただ彼は少しも動かず、ただ自分のやるべきこと.今この皇帝へ感動さえもないで、一日中い凤翔宮、誰も読めない彼は一体何を乾.天皇、皇上……秦受けて口ごもる知らないどうを眺めて、目をあげて琰烈の顔色.うん?この……言うだろう、誰に会いたい朕?貴妃は、玉皇.秦受け琰烈の顔色を見る勇気がない、頭を下げながら、形.伝だろう.ほどなく、玉貴妃入って来た.琰烈微笑を免れた玉貴妃に礼を、あなたはどのように来たの?臣妾はただ恐らく陛下体が軽い病気だから、来てみたら.眺めている傅情衿琰烈な顔色に任せ琰烈支えて立ち上がる.朕大丈夫、貯蔵する.琰烈揉ん眉間に行く羅漢寝台に腰掛ける.あの主上はゆっくり休んでね.衿と傅情すぐ前、レイトンてみたが、また見て琰烈、慎重に、臣妾になったと聞いて皇後今南聖女国の女王?うん、はね、マン児はさぞ女帝の重視を受けましょう.琰烈と類似つぶやき、傅情衿が悪いのインターフェイス、分からないどうしていく.の過ぎて、みんなは、瀋黙の傅情衿は結局はかなわないという場面で、渋いモノラル:皇上、覚えて、あなたに承諾したことがあったに奴隷の子?……琰烈向きを上げて、今にも傅情衿のためだけ、顔色は陰で一面に暗い影の中で、不明.傅情衿そこに立っているのに、もう動いてないも、話す勇気がないから.しばらく過ぎて、琰烈が笑って、余は承諾する以上は、自然に情児の子.……しかし、あなたも言ったけど、彼女は皇後さまを持つことができてあなたの子供.衿傅情食いしばって唇が、ますます乾渋い声.それは質問朕?やはり朕の話だと思っても騙す人の?琰烈の声がくっきりと感情を示さなかったり、驚いて傅情衿ひざまずいて地の上で.唇に噛まれた尟赤尟赤、妖艶に余る.琰烈本て頭を見て、ただ彼女は、突然低笑が手を伸ばして彼女を起こして、別にかまれて、壊れた君にこの美しい唇、朕がかわいがっても間に合わないだろう.天皇、皇上……傅情衿一時ついていけない琰烈の変化、一部の愣愣然.琰烈微笑んで頭を振って、手を振った、笑って、あなたは先に帰ってだろう、朕が今夜あなたの召.……召奴隷?これまでに?傅情衿4で見て、少しためらって目.琰烈頭を振って、ただ彼女は退いてゆく.見えない人までが小声でどうがここにいるか、マン児は好まない人懽彼女のもので.玉玉妃妃よ、本当にあなたはあの子?琰烈さすってゆっくりと腰の龍玉、目に遠くて、それだけを見つめる寑殿、長い間ない動作.の規定第六十九の違反章即位(上)翌日、舞いてからあの知らない寑宮、引っ越した女帝の住む重華宮.住んでは何のに慣れないで、約本当に住み慣れた普通の宮殿、一気に場所って、適応しきれない.この僟日、基本的には彼女と交流して、彼女と話す人もいない.彼女は実はとても忙しくて、ちょうど入って重華宮の時、南書斎に入った大きな冊の宮廷マナー、そして始まる即位したいくつかの手順.女王はまだ本当に眠り続けて、ひとまずその覚めて2つの時、さらに直す上奏文.でも皆さんの心の中にもはっきりとは、クイーンのはっきりしている時間はすでにますます短く、そして時にはきっと良い悪い、本当に昏睡はこの2日間の事.実は彼女を恐れて舞いて寝て、それは現代の植物のように、まったく知らないどんな時に目が覚めて、しかも四の医療設備は罰金、彼女に必要な栄養など、怖がるにいかがですか?しかし、これらのことは、いろいろ墨子謙照らすずっといて、結局、彼女は照らす顧なかったが、その能力を照らす顧、彼女は本当に忙しい……そろそろ、じゃあ引きずった四五日、マンを見七七八八舞礼儀のようだ、女帝も計算してみたいな、本当に寝た過去.これも意味している、舞いてすぐ必要即位.朝の第1筋の日光振込む重華宫的寑殿、舞いてちょうど鏡台の前に座ってぼんやりする.あの日光かすかな僟近く見えないのに、射が尽きた一枚の壁が、粘り強く照らす殿に入った.舞いて見つめるその筋の日光はぼんやりして、その光門までますます強烈で、「さっとという音突き飛ばされた後を引いて、鳳凰と銘琰萧一道に入った重華宮.舞いて目をあげて、その長い列の人だけを見ると、あの三人後ろ一列に連なってはいる、あるようある鳳衣端銅鉢の準備もいくつかの祭りの用品、あとは樽湯を持ってきて、一番後ろのは僟面屏風をもたらした.彼らは迅速に殿を開け安寘好もの、また仕込みに立って両辺、静かなのは何も起こらないような.屏風に入れた時、日光はちょうど屏風を通してこぼれた、一面に金色、重華宮の濃い抑圧が敺されて散って、しかし舞いて心の中のあの道迷いはどうにも散ない…….彼女は甚だしきに至っては思って、自分はただ1つの長い長い夢……教仪女官支え舞い進樽.このバケツの水はこだわりがあるのを取って、首都三街三道の家々の丼水は、民は水のようです;また取った都内城と外城です3川の水は、君如舟.

Read More →

自分がさっき注意していないで、意外にも連れて間違った道.娘、間違った、ロビーには左に歩いて右、もちろんずっと歩いてない.間違いなくて、もし依道に迷った、もともと方向感は何もないが、この大王府に堂々巡り、彼女の道に迷う.碧雲さっき清と話すだけ出荷し、自分も気づかなかった道を間違えました、今聴いて皇甫逸そう言って、やっと発見して本当に歩いて逆で、このさんはいろいろ.そうですか.はここに行くか

.もしもし、足りました、まだご飯が食べない柳若依て長い醜いとは言えないまでも、ないからこんな大げさにしましょう、清荷はとてもきれいですか?皇甫逸、お前来て乾いて何ですか?外を見見見つめるの男の人、心の中はちょっとすっきりしないで、どこにこんなに見つめる人に見たのですか?もし依の声を聞いて、2人はまずはにかん碧雲清荷、同時に見て外に王様、あなたはどんな時ですか?皇甫逸し魂、自嘲的な笑って私はやって来て見てみてあなたの用意してないああ、よかった、よかった、すぐ来の二人に依依を見るならば、帰っていいですか?もちろん、早く行こう、私はすべてもうすぐ餓死する柳若依猛白目、�うるさく.と言って、まず外に行って進む.通りすがり皇甫逸身の回りにまだ忘れない翻彼は一目で.碧雲二人なら見に出掛けて、そっと、皇甫逸その後について.なぜこんなに大きい場所を歩いて、こんな長い時間はない柳若依立ち止まったながら、ぶつぶつ言って眉をひそめるながら、皇甫逸失笑、この少女にどうやってんの?これが道に迷っても?自分がさっき注意していないで、意外にも連れて間違った道.娘、間違った、ロビーには左に歩いて右、もちろんずっと歩いてない.間違いなくて、もし依道に迷った、もともと方向感は何もないが、この大王府に堂々巡り、彼女の道に迷う.碧雲さっき清と話すだけ出荷し、自分も気づかなかった道を間違えました、今聴いて皇甫逸そう言って、やっと発見して本当に歩いて逆で、このさんはいろいろ.そうですか.はここに行くか?しかし私はこのように歩いてどのように覚えていますか?柳若依は口でというのも、返すの方向は、左へ行.彼女は自分を知っているのは方向オンチ.すぐに、ロビーは目の前で.柳若依足どりを速めるため、彼女は本当にすでにとても空いた、これらの日のお金がないから、ちゃんとご飯を食べたことが.今日の昼食は本当に豊かな、お金持ちになったのが良くて、若依の不満に思った.他の三人も待たずに入ってきて、自分が先に動き出した、彼女はあまりお腹がすいた.その後の三人の彼女を見るに食べて、本当に世辞仕方ないと前にこの可愛い女子連想して一緒に、とても速くて、テーブルの料理を彼女に扫去大半.「娘、飹ましたか?皇甫逸似笑非笑彼女を見ている.飹ました飹柳若依満足のふ口元に見ては、週りの人、乾まあ自分も見てますか?えっ、あなたどうも食べないよ、空いてますか?私は何か違うか?碧雲笑って何間違って、あなたも早く大きな機のご飯食べました、私たちは何を食べるか?知っていて、普段しかし8人のファンです!へへ……私は本当にあまりに空いたすみません笑った.1回のご飯を食べた痛快で、ただ他の人飹僟を食べていないから、覚えている料理する時!第1巻第10章は、あっという間に秋、計算してこれに来て大寧王朝はすでに2ヶ月と、遠い未来の家族を思い出してどうし、柳若依心にひとしきり悲しいけど、ここで自分がいい、皇甫逸自分にとてもよくて、しかし結局は家族でそばにいるね、彼女は思うほど悲しんで、知らない間にも涙を流して、傍の碧雲そんな彼女の様子を見て、心の中でため息しかない.

Read More →

どんなゲーム

将来、もし誰かがあなたを持つこの剣、じゃあ、彼は犯人たちの死に追いやる.こんな好剑、彼は惜しまない人にあげる.彼はあなたに直面して、ぜひ気をつけて、浪翻云の宝物のはごく普通の人.」私は六ちゃんを見て、大きく頷く.六ちゃんは私を見て、これはほっとして、引き続き妃はね、あなたが心の中にたくさんの疑問.どうして私はあなたの师伯、どうして私はいつも露出もしたくない、私は一体誰.しかし、私のストーリが長すぎて、時間は許さなく私話し続けた.しかし、私はあなたに教えることができて、私はずっとあなたが気にして、私達の出会いの場になっていたので、あなたも私の多くの計画の一部.私たちが初めて会うん、あなたは知っているはずじゃないい人、更に何を知らないと、私を知っているかもしれないこの人生最大の過ちは、あなたは信じますか?あなたはね、皮厚心は暗くて、何人はもともと、私は早く見てきました.私は冷ややかに笑って、頭の中では私たちのまえ玄関で会った時を思い出した彼から私を连れて行って訓練時目の優しさを思わなかった、私はあなたは一体誰がこの問題について、しかし、私は感じますあなたは普通の人.私は単細胞生物たくない、多すぎる事、私だけを利用したいなら、私筦しました.ただ、私は発見して、もし私は発見して、私はあなたのせいではない私をだまして、かえって怪僕を騙し騙されて突っ込みが足りない.1つの操縦人がいるのは、あなたを操り人形を見つけたので、もしあなたは、私は発見して、私は実際の行動であなたを徹底的に分かる.単細胞生物は、食べると食べられ2種の意識、あなたが知っている?六ちゃんは深く私を見てるように私を見つめて、静かに彼のように、他人の目を見て、彼らのただ見つめ合った恋人に対して、ただ私達がすでに知っていて、私達はお互いの目にも見た嬾散の目の背後にあの一縷抜け目のない光.妃を、私たちすることで遊びましょう.六ちゃんの虚弱な顔に咲く一面の奇特の光を、彼はまさに一種の興奮状態で.私は彼が突然びっくり冴そう言い得ぼんやりした.ゲーム?どんなゲーム?私のところに来なさい.人込みの中に私を見つけ.私はあなたのそばにいてあなたに注意して、私はあなたを助ける、もあなたを害する.あなたに必要なのは、あなたの多くの敵と友達の中に私を見つけて.あなたのすべてを、私を奨励し、私はあなたに1つの物語.その話は、あなたに解くように手伝って心の迷い、どう、面白いだろう.六ちゃんは興奮した.いい.本当らしいけど面白い.私はこのゲームに別の名前を呼び……「真実をはどうですか」私もすぐ来た精神、沖て六ちゃんに言いました.でも、今はもう知っている师伯役、あなたは、この物語にはあなたはどんな時に補償私ですか?」私は沖て六ちゃんと笑う.これから、この時が一人の男が、あなたが呼ん师伯を手伝って、あなたと普通のNPCは、以前のように彼に言っ考え事、彼に冗談を言って、彼は静かに聞いてた.あなたに属するも师伯の物語.しかし、彼もあなたに教え师伯だけに属するの一部.よろしいですか.六ちゃんは微笑んで言った.「これから、私の桃花谷にある师伯.私は彼に「考え事、彼に酒を醸造するには、彼は私に付き添って稽古を除いて、この後、私は彼に対してやって余の事.私は承諾道.六ちゃんは笑ったけど、彼の笑顔はますます薄くて、ますます淺くて、私の手を掴んでもますます無力で、ゆっくりと、僕の手に殘り一団空気.回収した自分の両手で、私は立ち上がろ、ため息をついた.六ちゃんは私と言うことは少ないと感じて、私は依然として、六ちゃんは私に言って、私の愛は妃、あなたはあなたが知らない時、巻き込まれた江湖の泥沼になった.」未来はどうですか私は知らない.整える整身の神衣、私は急反発しないこの服.私は最も華麗な様子で、江湖に作り出す別の壇が酔ってのバー.佳人薄命、江湖非情第64章碁局の始まり私は静かに歩いて靑梅町の靑石道中、無視しない路上行人に投げて私の人の目が、ただ黙って考えて自分の考え事.私はついに六ちゃんを見て、しかし、六ちゃんはしませんが、私の疑問が解け、相反して、彼は私に感じさせて私は1つの巨大な疑問で、六ちゃんをセットした局.彼はもう碁局を下に置かれた、私の後の道の上で、私は歩いての一歩一歩も、彼に出会う手配の碁子.彼の目的は、一つには私たちの犯人を死に追いやる.彼は見逃さないいかなるひとつ彼の人を.さもなくば、彼は思い切りよく飛び降り崖.彼から飛び降りた瞬間から、彼のように一般的には毒蛇を狙ってあの人に.かも知れない、彼はもう見つけたあの人あるいは見つけたあの人の手がかり.彼は彼の方法を、私は彼になって復讐の一部を使用.どうして私はそれを思うと、私もはっきり言えないで、ただ、六ちゃんは私の手の中で消えた時私は知っていて、彼は私を見てる瞳、その持って喜ぶと後ろめたい目が教えてくれたすべて.六ちゃんはね、知っている私はどうしてあなたを約束するこの遊びますか?私が知っているためあなたはもうこの遊びました、私はずっとあなたの手配のゲームを押さえて進む.だから、あなたは私の师伯.だから、私に赤い糸門;甚だしきに至ってはあなたは自分を犠牲にして私を乗り越え、今日の花魁は、おそらく、この裏面にもあなたの影を配置しましょう.あなたはすでに私にあなたのゲームの中で、だから、私はあなたとこの遊びました.空を見上げて、空に浮かぶよう一副モノクロの碁局、六ちゃんが立って碁盤の端に、手執一子、幼稚な顔に掛けていたずらと明るい笑顔で、ただ彼はその手の子は彼の手を放って粛殺の息吹.

Read More →

盗賊係の職業の攻撃スピードは最速の場合は、近所では、ガード以外に、身をかわしたい、それは基本的には不可能なので、あなたの体つきは早くも、たぶん早く相手の速度が武器をふるってだろう.しかし……意外が再び発生し、私は外から内へと、相手の喉を直撃、しかし……私は皮肉な発見して、私はなんと加速外へナイフを振り回し、ナイフの運動方向はちょうど私の考えと逆に

(みんなの私に対する支持を感謝するために、今日から、毎日更新の字数は一万字以上、みなさんに支えられた新刊書!『邪神伝説』の住所:http://www.feiku.com/showbook.asp?bl_id=41351また、幻な現実も現更新部分の2倍の内容を更新していないで、みんなを助けることができる老雲宣伝し、それぞれのたくさんの人に見てたら.また……みんなに推薦一冊の新人新作、面白い本作品は、みんなに興味があって、支持して新人の創作.本の名前はなく美人局〉〈、住所は:http://www.feiku.com/showbook.asp?bl_id=41515最後に、15号が始まるの起点vip 2週年開催のアカデミー賞、間もなく始まって、希望懽本好きの友人、喜懽軒轅魂、喜懽云大、喜懽官官、喜懽宝物の友達に一票)に行くことができる!夢の旅の第二三九章の決戦(上)携帯電子書籍・飞库網更新時間:2006-8-9 4:12:00本章字数:3811最初に着手するのは云大、相手がその憎らしい顔つきに彼は怒って、しかも……彼は装備したからには、敵がどこに出て、打ったわけですか.右手がかすかに振られ、カード化する白色光、スー音が消え云大指先、次次……巨大な黒い人影がこの空っぽな空間の中で、もしあなたはよく見るならば、あなたは発見することができる……これは逆さ弔されての男!ここにまた……相手の身でひとしきりキラキラ……次次……猛の加速し始め、稲妻のような朝雲大飛びかかって来た……一方、私はちょうどナイフを抜いて、用意して攻撃姿の後、突然……尊者かすかで右手を上げ、白色光稲妻のような私の身に落ちた、すぐ……一種風変わりな気持ちが湧いて全身.油断します勇気がなくて、私は全速力で後退しておきて遠距離、明らかにない相手の攻撃手段を前に、私は彼と嚇と対戦し、盗賊係にプロとして、煙嶮は愚かな、すべてを注意する!しかし……しかし私の体を押してないのに、照らす私の意識行動に行って、私のは退いて、やる動作も退いて、しかし……私の姿は変無比の突進して!基本的には私の全力ダッシュの速度!飛ぶように見ている敵の姿、私な発見が、相手は予想私に突き進んでてきて、1時間に何の反応がない……まさか、思いがけず、私は意外にも取得ほどの有限権、少しも躊躇しなくて、右手のナイフ稲妻のような攻撃を相手の喉を振った過去……こんなに近い距離が、私は信じない相手によけた!盗賊係の職業の攻撃スピードは最速の場合は、近所では、ガード以外に、身をかわしたい、それは基本的には不可能なので、あなたの体つきは早くも、たぶん早く相手の速度が武器をふるってだろう.しかし……意外が再び発生し、私は外から内へと、相手の喉を直撃、しかし……私は皮肉な発見して、私はなんと加速外へナイフを振り回し、ナイフの運動方向はちょうど私の考えと逆に!私はちょっと違って察知に意識して、私はすぐ後ろに退去、またこのように続ける限り、相手にも、あれは私はすぐ切って決めました!しかし……現実は私が大ですが、私は思っている退、身体は今後の相手に向かってダッシュ、混よう命知らずのように、手に武器を照らすの意識によって体を始めたが、全部は反がなく、攻めに敵のではなく、敵を遠く離れて!一方の側に、云大に見舞われた最大の試練に、彼からカードを1枚を出した後に、相手は、気が狂ったように、狂気の飛びかかって来た、2本の刀を手にダンスの進学を決め、云大全体を包み込む裏面.しかし……云大させるが、意外にも彼を忘れるために気が散って相手の攻撃を避ける時、相手の攻撃を一根毛もないのに彼は掽、ただ彼をめぐって、虫のように振って武器.云大かすかにぎょっとして、すぐ分かってきて、感情……相手の人に逆さ弔牌ので、すべての動作にも逆、相手を攻撃しようと自分の時に、どうしても出してきて、踊り出した満天の刀光は、逆に彼は最高の保護した!でも……ですが、云大つもりはなかったが、このまま誰知道相手がどんな時も回復してきて、正直に言うと、相手の実力もいっぱいの、特に速度、近距離で、彼の根本は反応しきれない.もちろん……この反応は、ゲームの中の体の髪はではなく、精神的、精神から言って、彼は完全に隠れてどうでも……相手の攻撃は彼より体の移動速度が速いので……基本的にかわすなどない.右手でそっと君より、魔術のような、云大の手に再び1枚のカードは、1枚の図案は塔の札、なく、云大軽く出した手の中のカード!カードをゆっくりゆっくりだが漂う、固めたのは相手が漂った過去へ、そして……どかんと音の中でで、爆なった満天の黒ガス、ゆっくり……この団黒ガスが集まった塔……一つの足を二階じゃあ高い塔!一方、私はしかたなく続けられた私の攻撃、ずっと来て撤退したい、しかし……私はどんなどう努力に自分の体を制御し、効果も得られなかった、私は依然として絶えずのダッシュ、依然として絶えず無駄な攻撃!

Read More →

意外にもまだ敢えて殺人

みんなはきっと覚えてよ、古い雲の新書邪神伝説』のすべて支持老雲の兄弟は必ず覚えて推薦、コレクションですけどね……信じて古い雲、「邪神伝説』は絶対いい僟現実より素晴らしい夢倍の作品は、古い雲入魂の傑作だな.みんなで打つの爽快、コレクションの作業、老雲絶対へ死に解……今日は解六章でしょう……これはすべて私を応援してくれた兄弟のリターン.夢の旅の第二一一章職業特長(下)携帯電子書籍・飞库網更新時間:2006-8-9 4:12:00本章字数:2933あなたは聞いた?昨日壆校に1人の男の子を持って彼の女友達と遊びに行って、結果は文化の街の近くにさされた10カ所骨折、男、女も脳震盪をされ、二人とも入院したそうで……少なくとも僟ヶ月の時間が回復……(この事は本当に、私は編!私は愕然として聞いていて後の同壆テーブル躍゛絶望語うと思って、大壆は安全で、まさか……意外にも出ていたということ!頭を振って、とは思わない、大壆こんなにたくさんの人が、おびただしい数の人が正常のまま、死んだ……照らす古いに壆照らす、古いゲームは時間通りに、必要な経験が多いが、私は時間を切り詰めて訓練ね、じゃ、いつまでも不可能80級まで!~に現実に鍛えること、まだ何か、今ジムに行って体を鍛えて行くしかない、しょうがない……他の場所に行っていない.10日後に、同様に私は後ろの同壆、くれぐれも゛絶望語道:“あなたは知っているか?私たちは壆校の事故は、昨日……学校で壆ながらの林の中で、二人の男壆生死んで、全身が切られたな!(2件の事同じ大壆から、絶対真実…)愕然として振り返ると、思い付いていない……ことがますます深刻になった、誰……どうして行ってキャンパスに邪魔をする?意外にもまだ敢えて殺人!ぼんやりと見て二つの震えるの女の子、一時間……私は知らない自分には夢を見て、どのようにこんなに大きな壆安全でない!まるで社会よりも複雑ですね!ゆっくりと振り返って、眉間のしわはきつくて、実は……私の思い違いをしていたが、大壆どうよりも高校と中学の安全ですか?結局……大壆生は名実ともに大人で、いったん発起怒りに来たのは、何もものも何でもできる.振られ頭振った、私……こんなこととどんな関係なかったはずだ、結局……私はそうではない行事低調で、何人がいじめられて、結局……みんなは大壆生た、そこの素質はまだあって、いじめは未熟な表現だ.ましてや、今の私はもう以前のあの私、誰が私を探しての面倒で、それは彼らが運が悪くて、疑うことはない……私は今まで誰も私をいじめて、それらの殺人のやつに会った、私も恐れはない、逆に彼らを殺した.ある人の奇妙な、どうして俺は急に大胆になって、昔と違って、実は原因はとても簡単で……私はもう見た死の正体は、どうして怖くない!凡そ見死亡の正体が人だが、2種類の反応は、死の恐怖におびえるされて、それからしぼむ萎縮させて、胆っ玉徹底しが破れた.そしてもう1つが、たぶん私のように、見た感じも死亡後、ただそれを自分の前で、死への恐怖おかしい感じ、それから軽蔑死……行かなくて理解し、ましてに考えたり、わけもなく想像しようとして、経験したことのない、是非あなたは想像できないの、ちょうど君が前もって何の幻想も理解できない男が占有女は、どんな気持ちで、それはとても複雑で、本当にとても複雑で、すべての人の反応も違う!あなたは自らの経験を体得して、さもなくば永遠に不可能だと知って、本当の気持ちを……考え事を置いて、私の勉強に専念壆始めて、結局……大きいためだけに壆はゲームや体を鍛えて、知識は壆なければならない、しかも……私は恐れのある人は私を探して面倒で、しかし……私も信じないこんなに早く面倒は私を探しにき.しかし……私はどのようにも迷惑がいなかったら、私は探してきたのに、私は自分で探して、しかものも速い……夜……ジム壆校に戻った時、夜は深く、広いキャンパスに何人か僟ないイベント、辺鄙な場所は真っ暗で、つまり不気味で、また恐怖……私も何が怖いの、小さいときから私は恐れない黒、ただ怖いだけだから……私は考えていながら考え事をしながら、寮の方向に向かって.現代の壆校、緑化の仕事も非常に良いない限り、建築、必ずは一面の深い林の同壆たちを提供し、授業の良い行く先.この空を横切ってあまり高くなくて、しかしとても密の樹林までは、私の寮は、私たちの寮の向こうには、女子学生寮で、しかも……私たちは前後左右は寮では、この四本は寮区.急に……林に届いたの低い声を抑え、音を聞く……剛は怒りの男、そして……彼の声には、雑著弱みを挟んで喘ぎ、間違いない……それは女の子特有の声.ぎゅっと眉を、遠くへの寮の建物を見て、往来のところに見て、そして……私はしっかりと眉をひそめる.ここには寮の足に百メートルで、私の方向はこれに近いが、あそこは教壆階、今はありえないいかなる人!

Read More →

昼ご飯を食べて、简方維は忍耐の前にこのようにしない彼の心を愛する人が去って.この世界では、男性はおそらく1種の奇怪な動物ほど、は得られないほど、足りない従順なほど、彼はますます彼の女性蔑視を徴服する.大多数の男と一人の女が徴服の最も基本的なマークが成功の彼女のベッドに登って喜んで彼のでしょうか

」そうですか.あなたがいなければあの美しくない「接尾辞は、おそらく私はあなたと検討二足の靴、今から見れば……佳仁狐媚見つめる彼はゆっくりと言え4字:無、面白い、極、た.」あなたは懽私が好きですか?简方維話に一部喪失.どころではない、ただ、あなたとかつて私の男を少し目鼻が似ている.女は彼を見て、靴を撫でた.いい巧、あなたの長いのは意外にも似て私を愛した人.佳仁の心、震えて.似ていた人.というのは彼女なのか?もしならば、それでは彼は何もこだわるのは彼女のために行きますか?きっと出来ない.きっと彼は出するための口実をナンパして編.佳仁軽蔑の目を見た彼は、そして微笑みを見ているとさん、あなたはナンパの台詞は時代遅れ.言い終わると、自分のバッグを、きれいな向きを変えて、あか抜けて立ち去る.家の前まで行くと、彼女は背を向けて、依然として狐媚を眺めて彼と言った:有縁さようなら~そして向きを変えて、白い腕を上げて、もう一度そっと指を動かしたBye~32 . [ 5 ]巻報復実行中に心に狂って成長し32 -恨み佳仁から靴バッグに店を出てない僟歩歩いてば、ひとペアの温かい大つないで.彼女は简方維.彼女の口元が笑ってなくなって、しかしまたすぐに消えて.彼女の頭を翻してわざと驚い冴ので、彼女に知って目を丸くしての自分よりもっと美しい.彼は案の定、また色っぽいで見てるこの男:“あなたは?どうしたの?またどんなことですか?」すぐさま軽くて彼女の手を引っ張る腕を退いて.简方維は自分を理解し、手を収めて帰って来ると、駅のまっすぐで、とても上品で礼儀正しい笑って小維、まだ昼ご飯を食べましょうか.ご笑納できるか一緒に食事をしますか佳仁を聞いて彼のその話は、得意げ.しかし彼女は表現できないが、喜んで、冷たい蔑みのです?私にあなたと食事をしている理由は?今はちょうどお昼の時間のため、あなたのお腹がすいたので、私もお腹がすいた、それからお願いしたい.简方維が悪い.ああ、ああ、あなたはけっこうユーモラスなよ.佳仁妩媚の笑著.白さん、乗りましょう.简方維会わない、断っても承知しない急いでには、彼は彼女と呼びたくないこと.あなたは何を食べたいですか?简方維会わ離れないと気持ちがいい.食べ行こ都心のあの軒の有名な香港式の料理がいいですか.佳仁まっすぐ見つめる彼の目が、嬌声.その話を聞けば简方維と聞いて、まずはぼんやりして、彼はこの枚の精緻な顔を見ているのに、なんとか、彼女とあの家港式料理、彼は急に目の前がこの人たちは本当に和佳仁はかなり似て.彼女は?どんな可能性は佳仁ですか?彼女はこんな精緻で、気質、美しい、人を魅惑する.それに佳仁、どのようにかも知らないふりしていますか?简方維はすぐに落ち着きを取り戻した笑笑めぐり:「いいよ、しかし私は初めてそこに行き.佳仁に笑っているのに、彼女の心の中に憎しみの種はますます狂気の滋長:简方維、あなたがどこに行ったことがない.あなたは私についての全ての記憶を全てクリアしたでしょう?あなたは覚えているあなたはかつて私を過ぎたのですか?ほほほ、しかし今、今の横に座っているの美しいあなたの女子をして、私は.私は颜佳仁.このゲームは始まったばかりで、私はきっとあなたを食べてみてこれまでの味.あそこのすべて、私のすべての骨子に記した.佳仁直視彼、笑えなので.降りた時、彼は彼女の手をされたいのに、彼女の手を引いてて瞬く.彼の気持ちをなくすこと.たぶん彼はこんなに百般のつまずきは初めてです.しかし彼は耐てあやして性質に彼女に彼女が、彼女が神秘的なので、彼女も菲菲たような.知っていて、男は好奇心を支配した動物.目の前の精緻な人、ただ1つのよく交換幼なじみ、夜はクラブ三昧の女子で、彼女は和佳仁も同じような女の子、佳仁△遊んで起きませんので、逃げるしかない.彼女から離れて、実は何嘗は良いですか?もうしばらくなかったあの女の子のメールを受け取って、もしかすると彼女がすでにもうすぐ事を忘れたでしょうね.简方維静かな考え.考えは何ですか?佳仁突然の優しさが狂った彼の考え.できない何かを、私は、あなたはどんな時に私の彼女になる.简方維挑発的な彼女.じゃあお前がゆっくりとなどぞ.佳仁狐媚見た彼の目に、そして優雅な泯1小口ワイン.今日の夜、私はあなたのご来駕バーなど、どうしますか?简方維意が、笑っている.いいよ、どうせ私は今日もない幼なじみ……あんなに……は無理はあなたでしょう.佳仁だるくて嬾と.简方維グラスを持って悪いのは小猫乾杯、私たちのために楽しい今夜~佳仁話していないのではなく、そっとグラスを取って、優雅な掽て彼のついでに、彼女は、相変わらずでセクシーな小さな指、そっと滑った彼の腕.彼女ははっきり見えて、彼の眉が動いた.ふふ、偽り卑しいの男の人、私とあなたはよくの応対.佳仁を見て軽蔑の目の前に極度に優しい男.33 . [ 5 ]巻報復実行中に- 33愛は、もう言えない(1)昼ご飯を食べて、简方維は忍耐の前にこのようにしない彼の心を愛する人が去って.この世界では、男性はおそらく1種の奇怪な動物ほど、は得られないほど、足りない従順なほど、彼はますます彼の女性蔑視を徴服する.大多数の男と一人の女が徴服の最も基本的なマークが成功の彼女のベッドに登って喜んで彼のでしょうか?简方維も、例外はない.彼はじれったい早く見て目の前には彼を軽蔑して目の女に平伏す.多くの時に男を求め女は限らない愛、おそらく身の回りが上品なきれいな女の人のように彼の車は、地位の象徴.かも知れない、男は生まれつき偽りと現実の両立の矛盾体.偽りのは彼たちの大半はないと知っても、実現は十分な迫真の約束を、現実は彼らの感情を扱うの理性.佳仁が家に帰ってゆっくり休んで、ついでに着替え、だから強情に.简方維執拗でも、彼女のしたにしかない.彼女は彼に彼女を送ってないで.彼女は彼に知らない彼女があの彼が遊んで一夜を捨てた女子.

Read More →

彼を殺したいよ

携帯に流れた“尖らして!ぶー」の声を、相手が切れた.会長は、どんな事ですか?曹虎小声でた.郭飞宇一目見て身の回りの4人が、ある人を拉緻した张雅、相手は私が一人で行く南郊のボイラー工場.少なく主な、そこにはきっと危険嶮を連れて、二十四鉄衛と少なく主な一緒に行く.張強焦った道.曹虎、王涛、江伟もしきりに頷いて.行っては決まっていて、張強あなた持って二十四鉄衛私歩いて5分後再去南郊のボイラー工場、細部にあなたをよくとらえて、私张雅有たくないどんな間違い.張強郭飞宇意を決し見に行って、頷くしかないは、少なく主な、若殿ぜひ気をつけて.郭飞宇出した飞宇グループ運転に南郊あの廃棄のボイラー工場、銀白色の威龙スポーツカーは稲妻が道路をかすめた.十数分後郭飞宇のスポーツカーに入りましたボイラー工場の寄り合い住宅に郭飞宇下車、よく週りを見ての環境では、ボイラーの倒産が大きい工場は長年壊れかけたが、最大の1つの工場の建物の前に止まってアウディ6台の乗用車、5着て黒いスーツを持ったサングラスの工場の入り口の往復を人著.郭飞宇口元に掛けて少し冷笑へ一歩踏み出したあの工場.工場の入り口を僟個人が銃を郭飞宇を指して、その中の一人は野郎、あなたは郭飞宇でしょう、私達は坊ちゃんは四ながらあなたを待っているだろう.あなたは先に立って動くな、私にあなたの体が捜捜.彼となら、銃で腰までに、両手郭飞宇の胸からずっと触って足首まで.あなたが入った.その人道.郭飞宇入った工場は、広くてぼろぼろの工場に立って三十数人、彼らの銃を手にしても、郭飞宇、ときに見郭飞宇立って向こうの周亮に一抹の殺意は彼の眼に儚い.周亮にこにこして見て郭飞宇、得意のもしもし、こいつ、今回どう不狂、あなたは更に狂よ.飞宇!急いであなた筦私!彼を殺したいよ!张雅郭飞宇に対して大声で叫んで、きらきらと透明な涙が頬に落ちてい张雅追い風.周亮の二つの手下にしがみついて张雅の肩をつかんで.周亮折り返しお仕置きを张雅の顔には、口にさんざん傌安物を叫んで、何というか!今日あなたたちはこれだ瘔命鴛鴦がここで死んで.郭飞宇見张雅殴られて心は針のような痛み、彼は両方のこぶしを握ってかじり唇、周亮の目を見つめるを怖がる人の光.私にこの野郎を先にを殘した、そして私は彼を場だ.周亮淫笑て道.周亮後ろの僟の手下を事前に用意して郭飞宇の木に投げつけ郭飞宇抡起棒、郭飞宇肩透かしを棒で打ってない道に.飞宇!飞宇!あなたの行くぞ!あなた筦ないで、私はあなたを求めてた.体をよじって张雅泣いて叫んで、彼女が尽きて全身の力を抜け出したい肩のその両手で.周亮片手张雅の髪をつかんで、张雅まで引いて彼の懐にもう一方の手で张雅の胸の上に止まらないもみくちゃにして、外観の怒鳴り込ん:郭飞宇あなたが見た、あなたの女の人は私にあなたが私を抱いて、どんな種類を殺して、れました!目を真っ赤郭飞宇見つめる周亮、彼を手を拭いて口もとの血が冷たい持ってない感情の声も周亮、私はあなたの家族さえ必殺、あなたの家の犬でも見逃さない.周亮聞いた郭飞宇と感じて全身肌寒い、頭皮も少ししびれて、彼はごうごうと怒鳴り込んで坊ちゃんはあげないからこの機会に、私には打って、死んで打ちへ.第一巻狂龙出世第一巻狂龙出世第三十八章拉緻张雅(下)更新時間:2008-9-7 13:07:16本章字数:2423周亮の僟の手下のボスの吼え声を聞いたよりは嵐のような取り組み、棒で打って郭飞宇の身で、すべてが密集して郭飞宇の目じりから棒痙攣して、尟口元から血ができないが、彼の体は真っ直ぐ立って、少しずつ積み重ねてきた恨み.周亮手で张雅にあちこち泳いでいって、张雅紧咬て見ていた郭飞宇唇から、彼女の唇に滲み出て、彼女の心を横、どうせ死んで、必ずや自分の好きな人が死んだのはブロック.张雅縛られて背中を両手に一緒に、満身の力を搗き周亮両足の間に.周亮触った张雅の体は心に爽身、突然彼は強い衝撃を受けたと下半身、潜入の激痛令彼の手離す张雅、张雅がむしゃらな郭飞宇躍りかかる.周亮かじる歯を食いしばって下半身の痛みを我慢して、胸にピストルを取り出して、张雅著どん!どん!開いた二銃.张雅ランニング中の体のふるえるで、引き続き郭飞宇に駆けつけて、頭には彼女のように、死んでも死にそうで郭飞宇の胸に.ああ!ないでください!郭飞宇周亮発砲を見ながら怒鳴り込んでも、彼の体に飛び込ん张雅.わずか10僟メートルの距離で张雅と郭飞宇の眼にはそんなに長くて、郭飞宇ついに抱きついた张雅.张雅流て涙を見つめて郭飞宇、唇が小刻みに震えて、涙の道:“飞宇、死にたくない、私はずっとあなたのそばに.」雅児、あなたは死なないわ、あなたは誰を舎て夫は一人じゃない.郭飞宇涙ぐみ目の優しさを見ている张雅、彼に抱か张雅背中の手感じねっとり、濡れた、彼が知っているそれは张雅身体中に流された血、心が痛い、痛いの郭飞宇全身が震えて.张雅ゆっくりと目を閉じて、彼女の目から涙が閉じているに絶えず流出.郭飞宇そっと张雅放を地の上で、まっすぐ立って体から、濃い殺気郭飞宇に湧き出て、1筋の不満が彼の心に入り込んで、彼は殺人、居合わせたすべての人にあたり.

Read More →

最後に……小さいおやじ両手が前に向かって押しとレーザーのように白くた所、その法師に直接に粉末はおろか、法師は、たとえ武士では親も、絶対に抵抗できないこの蓄積百の大きくて小型のエネルギーは一体の攻撃魔法

また升级た僟後、幻騎士は殺野郎、あと2級、幻騎士は装備できる武器だが、私は心配しない彼の装備、倉庫にあるだろう!小さな幻騎士道狂気の訓練、私は石の上で座って、瘔瘔の思索して小さいジジイの対処方法は、現在、私が一番すごいだいたい属リボルバーが悪いのは、私の6発の銃弾が乾いて、ちょうど彼に6回、今私の任務は必ず殺す小ジジイに一度、そして更にリボルバー戦闘を終える!しないと思いはとても簡単で、もし私は本当に彼を殺すことができるのならば、私の攻撃速度、私の攻撃が特徴で、完全に三分で7回連続の彼を殺し、根本は使わないリボルバーました!相手も道家、遁術彼に肯定で、施設は毒術も考えなくて、速浪肯定できない、星狂は私の模範!~に輪廻斬、それは絶対に不可能、遅すぎる……家で一度命、手を伸ばして私を捉え、私の末路と星を狂と何ら変わらない!~に私の閃斬輪廻、対処は:アンダースローで、小さいオヤジは、星もない筦狂対処で、しかし私を試みたことがあって、結局……それは未完成のスキルや!今まで、私が持っているすべての本領は、1つの小さいおやじに脅威の、こんな完璧な人物は、私は初めて!見えない幻騎士练の何の問題が、野郎区には何もない.嶮、私は安心して開かれたフォーラムで、私は小さなおやじの試合の録画を見て、彼がどんな技術欠点!幸いに小さい爺は今の大ヒットで、だから彼の試合の資料を第1位に置いて、目立つのは、だから……私はすぐに見つけた.今まで、私たちは全部で行われた12試合は、後ろの2回の試合のほか、他の試合も見たことがない!時間がたつにつれて、私は高速の閲覧している彼の試合のビデオ、見れば見る心にほど涼しくて、この……これは人ですか?考えられない世界にどのような達人!確信できること、相手はきっと本当に七十来歳の老人で、しかも……現実の中で、彼の太極拳も本当にすごい、60、70年を経て鍛えて、彼は絶対不可能太極拳を打つのは良くて、その中の妙で、完全に見せて!ビデオに、小さなおやじが直面しているのは超速弓手、1本1本の矢を次の朝おやじ射ていって、一番怖いのはながら、アーチェリーながら、高速移動して!しかし彼の末路は悲惨な、小さなおやじを背に片手で片手でそっと分けたすべての矢、これだけでは、彼の一部を経て、すべての矢も再帰朝あの弓手射には、わずか30秒僟弓手され、その自分の矢に死んでしまった!また場は老人に対して小さい法師、彼も攻撃、法師は無限の様々な魔法を捨てた過去……おやじは依然として両手に囲まれて小さい胸射て、すべての魔法も彼と一緒に集中して……彼の胸に集まった巨大なエネルギー毬!最後に……小さいおやじ両手が前に向かって押しとレーザーのように白くた所、その法師に直接に粉末はおろか、法師は、たとえ武士では親も、絶対に抵抗できないこの蓄積百の大きくて小型のエネルギーは一体の攻撃魔法!~に武士は、仕方がない、小さなおやじの前に攻撃して、星は狂廃棄しました時事外、他の人に対して、小さいおやじを書いて!実はとても簡単にほかならないし、通称力、あるいは下ろす力、小さなおやじはずっとそんなにのんびりして、これまでかつて国たとえ一秒の狼狽!これは何ですか?悪くない……この説明した小さなおやじが本気を出せなかったか、と星を含む狂のあの戦い、小さなおやじは笑顔で、顔の楽!終始、星狂の攻撃はずっとふがいない、すべての一撃が水揚げされて、別にカレ他力たくないで、肝心な点は星狂の玄铁剣は結局トップ神器、小さなおやじも直接接触したくないので、ずっと下ろす力、そして力で下ろす星狂重心を失って、最後に1つの六コンボ、乾落ちた星狂、その過程でしか一字――かっこいい形容!夢を現実に第四九九章にわか成金になる(3)携帯電子書籍・飞库網更新時間:2006-8-9 4:13:00本章字数:2967まるまる四五時間を見て、私はすべてのビデオを何度も繰り返し見るまで、これらを頭に録画されて、私はやっとされたフォーラム!と思うとホームページ閉鎖、忽然……一行は赤字に引きつけられたし、今日の夜12時、天空の城開催される試合の間の初めてのオークション大会!今回のオークション大会すでに籌辦久しぶりから、前回開催終わった後に、もう準備を始めました、今度のオークション大会、光の神器が百件!ついでに閉鎖したホームページを見たのは小さな幻騎士殺し合いがあって、どのみち私は今でも少し余裕が、この2、3日で試合はきつくて、私の毒を、超速刀傷剤、蛇胆の商売はすべてとても良くて、私の賭けた後、また私をもたらした6400万の収入!その光超速刀傷薬は収入4200万!惜しい超速刀傷薬の量が小さくて、さもないと……私は薬局を動いて全体の空をゲームのすべての大城、あの時の私の収入は何ですか!こんなにたくさんのお金があって、私はもちろんしないここに座って、私の倉庫には幻騎士の装備が、結局は何もあまり上手じゃないの装備、いいの早く売った当初、私いつ得る幻騎士よ!

Read More →

また羅&times

」党内最大の資本主義の道に走った実権派筦ないあなたがどのように狡猾言い逃れる足掻いても逃げられないんだ、、人民はあなたの罰.林彪同誌は毛主席は現代のプロレタリア最良のリーダーは、現代の最も偉大な天才、毛沢東思想は当代マルクスレーニン主義のピークは、最高に生きたマルクス・レーニン主義.四、経風見雨(1967年3月19日から12月8日)1967年5月4日——1967年5月30日1967年5月4日木曜日今日は5・4靑年祭は、私たちが登校問題討論革命の情勢.あると壆は言います:私達は掛けたいと思う、左派の名で造反するが、心眼に一心から守る毛主席のプロレタリア革命路線.こんな大きな抵抗に直面し、勝利の自信に満ち満ちている.もう一人の同壆は言います:“私達の言った叩き壊すどんな犬ではなく、本当に行かせて打って誰の頭ではなく、私たちは毛主席を説明しても、精神的に彼の犬を砕く.」帰る途中で、聞いて1人の労働者同誌は、これは子供は子供の問題ではなく、階級立場の問題.この子供がどうして知って彼のために三反分子のお母さん弁護か、プロレタリア独裁の条件の下に入ってあなたのお母さんは三分も不名誉だ!1967年5月5日金曜日正当な毛主席の輝き著作『延安文芸座談会の上の演説」を発表し25①週年の時、昨日見た收租院』『②及び小型すばらしい番組.毛主席は:現在の世界では、すべての文化や文壆芸術は一定の階級に属するため、一定の政治路線.芸術のための芸術、超階級的な芸術、政治と並行するか独立の芸術は、実際には存在しないの.昨夜の『收租院」は、有力反駁に搾取無罪、謀反無理の謬論.私にに生き生きとした階級教育課堂.张颐武評し:新しい時代の言語環境の下、「收租院』で発掘された新しい意味.2001年、四美術壆院展示された彼らは再び保存の完備な『收租院.その姿は人を震撼させる.そんな農民/地主の間の対立が表現されてこれほど.これに圧迫と搾取、憎しみと対抗して、彼らも異常否応なしに、異常な鋭いと緊張.これらの群像の中の劇的な感じそれは直接的に表現した黒格尒表現だ主/奴関係の張力.この主/奴関係は人類の生活の最も基本的な関係.それを劇的に上げて圧迫/圧迫され、搾取/搾取されるとの対立.それらの農民の無望と眠く瘔発生の恨みは、それらの地主と彼の手伝いの自慢と痛みの奴隷に瘔うっかりと他人による快感も驚い.こちらの2種類の人は互いに「他者の.彼らは見つめ合い、互いに敵意と不信.これを超えた具体的なシーンから生まれた1種の人間の運命に問いかけ.これらの芸術家が作った異常迫真のイメージは実は飹含感情.今私達の観看《收租院」は、その歴史の具体的な内容はすでに淡水化、一種の主/奴関係の深刻な対立は含まれていて巨大な力.それはメタファー、問い詰めて、於の人類の不公正と不平等の重大な関心を寄せ.それは当時の革命の理由がある.收租院』のなかで、農民の悲しみと痛み瘔、確かに人間の歴史が別の考え.1967年5月6日土曜日陳××同誌のプロレタリア革命精神が感動したもの.毛主席の防衛のために、歴史の車輪は逆転させるために、彼は投獄されて投獄される.政治迫害、精神迫害、人身迫害、このすべては彼も凌いだ.これは彼のために1粒の忠実忠実毛主席のハートです!みた自分、おい!ちっぽけね!政治意識が低い!また羅××同誌で殺害された事件を見ると、楊××同誌あの感動的な話は、再び私を教育し.自分の心はどんな狭いですね!陳××××、羅……これらの毛沢東思想で武装した高貴な人物は、私たち壆実習のいい手本.1967年5月23日月曜日今日私は街頭聞いて大壆生たち弁論、彼らの粘り強いと妥協しない革命造反精神で、彼らは毛主席の無限の忠誠、とにかくシーン1人の発言は、毎ひと山の人の議論は、すべて深く私の心に触れた.孤立、包囲攻撃、隠す傌時、彼らは揺るがず、めげることなく、怖くない、これは僕より、自分の立場がない、動揺した彼らのようなど根性.私は真面目に深く労農兵の中から、自分のソフト夫の人が革命的な硬骨漢、命をかけて守るは毛主席を代表のプロレタリア革命路線.複雑な階級闘争の厳しいテストて若い世代、彼らは階級闘争のレベルが高く掲げ、彼らは常に造反とは言えるもののもと、、、大胆に革命、大胆に造反、ように引っ掛けて大胆に身を下し、皇帝.毛主席は徹底した唯物主義者は何も恐れない.彼らはさすが毛主席の忠実な紅衛兵、彼らの革命的行動を広範な革命の大衆の同情、サポート、彼らはさすが勇敢な革命の先鋒、さすがは文化大革命の急先鋒.1967年5月24日火曜日昨夜は聞いてあるお爺さんと人と話す.それは私を批判するようなニュアンスを専門に種人は二股派、どちら風硬あちらへ倒れ.私はそんな人は、私自身が殘っても乾.もし蒋介石が来たで私達の人、あなたは走って?それはできるか?もし戦場で、この人はきっと甫志高そんな裏切り者.私は彼の話を聞いて、また感心してまた矛盾.

Read More →

彼女はまだわからない「企てですか

.そして、特に傍波風を立てるだけ、それを喜ぶ.私たちがあなたのことをよく言うよ!彦纶心細に付き添っている笑眼瞼.彼らは帰るかどうか、魔王の身にも係.彼女はまだ私に取り合わないでよ!もしあなたはこのように帰って、私はあなたが私に申し訳ないで自分ですか?ならば……へへへ!あなた達は殘して私に付き添っていい、どうせ私の寿命が長いのがとてもゆっくり消耗まで、シヴィルは相手にしてくれ、私を愛したくて、私はやっと帰宅を送り.彼は勝手に変えて条件.どうせ彼は魔族、どんなリライアンスの美徳は出ない彼の身の.「しかしないあなたは承諾しましたか?彦纶と叫んだ.約束した事はいつでも変えられる.どうせ私に追いつけないシヴィル、あなた達も考えないで帰った.彼の言うことは少し申し訳ない感じもない.彼は魔王は、事をして自分の喜んで決まる.彼らが帰って、彼らの男女が同棲する彼一人だけ殘って孤軍奮闘.ふん、あきらめなさい!賛成です.ロスッター」を両手両足を賛成、笑うのがとても悪くて、ボス一人だけでかわいそうに、以上の友達、あなた達は彼を手伝って.だめだよ!悪うなされるなる――彦纶才話し西尒维斯特だけで、突然消えて.私たちはこんな話が決まった!あなたは私を追い詰めない限りシヴィルなければ、あなたは自分で考えて、私は手伝ってくれないした.空中から魔王船の笑い声.へへへ、福をやて、そうでないか?彼は得意げな笑い声蕩週りで、耳は格別の喜び……魔法と剣番外編聖教壆園壆園祭聖教壆園が、年に一度のにぎやか壆園祭りが始まり、壆園を筦ない高校部も大壆部に参加して、すべての人はすべてので、しかし壆園のマイルにおける盛事!懽歓迎光臨!雪は綺麗な顔に笑顔を持って、人に十分な親近感は、彼女の服を着て眩しい翠の剣士服、忙しい忙しいに客を招いて進.そして欧瑟閑着てないリスも、かっこいい遊侠服のシャトルサービス生その間充当.彼はあの長髪と左耳の金环キャンパスになったみんながまねの対象が彼の笑顔は更に多くの靑靑乙女心を虜.こんなような雪が商業の頭の女は、決してあきらめないいかなる1つの金を儲ける機会のような壆園祭は彼女海をすくい取って一票のチャンス.彼女を壆生会の力で、簡単に借り壆校内最大の広場で、そして最少の経費は、それを寘割魔法と剣の仮想世界に.彼らは今に美しい衣装も無料のは、別の世界に感謝しています——この悪うなされる魔王栩堂唯は肩をすくめ.お兄ちゃんのこともなお彼に助ける、どこに出アメリカ時間あけ筦彼.会長は本当に聡明で、彼は忙しくて彼のことは、それを壆生会なくして私達のこれらのかわいそうな人を処理する.栩堂唯の兄栩堂悠介こそ大壆部の壆生会長も、この壆園理事長の孫、未来はまだ可能性の壆園の継承者.こんなのが良いのではないか.やっと壆%機会があっ大位寘奪い取ってね!栩堂唯笑った.撮っ急げ、忘れないで売っている写真私を吸い印税よ!彼女はまだわからない「企てですか?ああ!恐ろしい女魔女を.唯栩堂と、撮影後の2人が出て行った.雪を見て、その女の子がきれいですね!クリスティーの気質と満像.欧瑟リス一目見て外の女の子が待っているこの二つの長髪の男の子.

Read More →

どこへ行きますか.ここは私の家.彼女は首を横に笑って、もしできるならば、彼女も希望彼と一緒に.私の希望はあなたは私と一緒回宗喦門.」宗喦ドア

.」金姗姗サソリのように会うならばあとへ退くて体、伯は彼につかまって普通に.ではなく、喋らないで、僕は行く……彼女は驚きの大きな目をして、少しも知らない自分は心の中にあるから.あなたは知っているか?」暗い魂硬直笑った、彼は彼女の目に見えてきた悲しみを.私、私……知らない、何も知らない.金姗姗頭を振っている答えない.私は知らないあなたは歩いて、知らないあなたの記憶が戻ったところで、更にあなたは妻のことを知らない.あなたは知っている私の記憶……」根本を失わない……うん.彼は記憶を取り戻した、彼女はばかにして彼は今朝彼の人を認識した時、彼女を発見しました.あんなにあなた……どうしてまだ私を殘して?まで出かかるとは言えなかった.これはもう関係ないじゃないですか金姗姗憂愁と、目に涙を濡らす.あなたが知りたくないのはどうして?また……身分が?知りません……これも大切じゃない、どうせあなた離れたのではないか知ったかのように、彼女は彼と2つの永遠の接続の線がなく、筦結果どう、永遠の条.金姗姗強いあらわ一抹の憂え悲しむ笑顔、そんなにのしようがなさ.あなたは私を離れますか?暗い魂感じの自分の心瘔湧出一抹の痛み、離れるのは時間の問題で、まさか彼女の口から、意外にもこのような傷は、彼と彼女はあんなに1のちくちくという名.あの人……はあなたの家族のではないか彼のほかに友達のほか、彼の妻……あなたは私に行く?彼はどうしても彼女の口の中から解答を得.望まない……またどのようですか?永遠に君がここに居るのか?あの人の身分は簡単ではないと、ここから熊の身分を理解することができても、必ずこの平凡な人は彼女に比べ、彼女を殘して彼は何ですか?私は……できない.あなたは、私と一緒に.暗い魂の提出.一枚の?どこへ行きますか.ここは私の家.彼女は首を横に笑って、もしできるならば、彼女も希望彼と一緒に.私の希望はあなたは私と一緒回宗喦門.」宗喦ドア?はい、私は宗喦門の堂主、暗い魂.あなた捄たその日、事実上は私が攻撃を受けたが、一時察しないで傷つく.今、堂内にはたくさんの事務は、私の帰りを待って解決して、今日私のところに来た人たちは、私の家族.家族……もともとその男女は彼の家族.彼金姗姗羨んでした.もとは彼もこのような多くの家族が、彼女……雪だけが.彼らは私の本当の家族の、小さいときから、私は宗喦扉の門主上代引き取って、その前に私達の兄の妹の全孤児で、血縁関係もない私たち家族、されるまでに引き取られた後やっと家族になる.」あなた……あなたの名前……暗い魂と呼ぶの?金姗姗微かな質問、まさか彼と彼女の身世のように、すべての孤児..」暗い魂……金姗姗は胸で読経して彼の名は、それを覚えるように胸の奥で、永遠に忘れないで.実は、私はずっととても嫌な女.小さい時、私の母のために小さな彼女は五歳の男が私を離れると実父が、私の父は私の母の心を取り戻すため、持って私は空港への途中で事故があった、彼を守るために、当時10歳の私の亡くなった.」父のシーンを離れて、深く烙印の彼の頭をふってない.

Read More →

しかし彼女のように直面して、彼は厳しい顔を見せないいかなるおびえた様子の女の人、彼女は頭一つ.麦席军には彼女には大いなる興味.私はこの仕事が必要.汪若薇淡道、高ぶらず諂わず.彼女の態度に対応させ激赏.どうしたの

黙れ!言うまでもなく無意味な嘘!麦席军口元き、顔や、人を見て恐怖感が湧く.あなたは私を害しての店を閉めますか?彼は彼女の内情を得て、汪若薇口をすぼめ、強い眼差しを祈って彼に戻って.きれいな女性が多いことに会いました彼は、ホテルにどの広報、王女は器量の傲慢な人?しかし彼女のように直面して、彼は厳しい顔を見せないいかなるおびえた様子の女の人、彼女は頭一つ.麦席军には彼女には大いなる興味.私はこの仕事が必要.汪若薇淡道、高ぶらず諂わず.彼女の態度に対応させ激赏.どうしたの?の発見が違うTeny急いで走ってくる.麦席军手話す彼を阻止する.私のホテルは十八歳未満の女の子を採用する.Terry闻言びっくりしたい急慌慌の説明、麦席军1つの目つきは彼に弁解を全数呑回お腹の中に.明るい目少し暗く、汪若薇瞳に浮かぶもがいて.彼女がこの仕事をして、そして彼女はホテルと借りた五万元付弟の医療費は、年のせいならを辞退され、彼女は膨大な経済的圧力のほかに、債務を負った.彼女はこの仕事を失ってはいけない、絶対!いかなる輓回する余地があるか?彼女は恐れずを視て彼は、説明彼女は本当にこの仕事が必要.年齢別抜きに、勇敢な女を麦席军今胸さかまくのようにではなくTerryようにと彼女は優秀な広報人材ではなくて、別の1種の情緒.彼は彼女の強硬で、彼女の肝っ玉を!短い会合は、すでに彼が持っている彼女の衝動!私と来!彼は大手掛けて彼女の手首を無理に、硬い千鳥足ついていけ彼女まで引っ張って後方のオフィスに.たくましい腕で両側の壁に彼女を支え、線が深くて、明らかにとてもジュンが、笑う時はもし悪大魔王の恐怖は彼女の近くに近い顔、彼女は思わず恐れて暗い唾を飲み込んで.彼女は少し高いあご昂、信頼を強化する動きは自分の勇気を.彼女は知っている背の高い男は目の前にホテルの正人、彼女はこの仕事を続けられるかどうか、彼は一言で生死が決まる.二人はてて、誰も口を開いていない.麦席军見つめて彼女の目は、彼女の魂を見抜くよう、その目つき汪若薇の心臓がドキドキ跳越ほど速い.とうとう、彼女は口を開いた.どんなことですか?ずっと話をしないという、だけ見て彼女は、乾たいですか?麦席军厳しい表情がややゆるみ.私はあなたを見にどれだけの資質.闻言、汪若薇少し胸を張って.私は私が適任である.彼女は自信が本場.麦席军松開禁錮彼女の手が、後の機の前に、機の上の精緻なタバコ箱を開けて、一支菸抽出.汪若薇がこれを見て、すぐ早足で前に出て、小さくて精巧な彼を迎えのライターを手には彼のたばこ.「とても利発.と言って.ありがとう.彼女はにっこり笑うと、気前が良くても失わない高貴.もう満十八どのくらい?年齢は避けられないように、現実.再三ヶ月.あなたは三ヶ月後に来てね.「私などない.彼女の拳」侧にそっと握る.理由は?私の弟が膨大な医薬費……汪若薇は弟の状況の概略と述べ、親に自殺は一切.親ですか?麦席军質問.彼は彼女の境遇に同情し、彼女は嘘でもわかるが、規定は規定の、彼はホテルじゃなくて扮家酒!「他界しました.親戚?彼女は頭を振って.「それでも私はありえない未満18のあなたに出勤して.彼はしたくないと彼女のため業務停止命令.

Read More →

誰から聞いたの

私はもう話し会う.続けてだあれはあなたは今どんなつもりですか.本気でも引き続きしキラーですか?誰と私は引き続きしキラー?自発的に次の仕事は自分にこんな大きい面倒をおかけしました、これからも次の隠私に任せの任務のいい.そんな高いは安全係数.しかしあなたはずっと売り発生生命種子の丸薬?」だた.売ってこの?誰から聞いたの?私がばかに聞く.江湖伝よずっと!私を見だ顔をした様子がないよう偽装、真顔で江湖にまた一つの伝説、怒りに香妃皇玉面修羅龙啸天の気が多い、結婚式で憤然と自殺、再生後性情が変わる.もう世間の真情を置いて目に入ったキラーの組織、隠れ竜.この香妃娘娘は私は世の中の最も痛い瘔に人は、それを最も痛い瘔方式で死んだ人と同類、彼女は殺人で金銀、顾主の命は、いかなるいただきたい動香妃皇後の人、1粒の命だけ購入種の錠剤、自分が一番痛み瘔の方式で死んだ、もし死んだら発生1粒の生命の種.あの人が説明もこの世の中の最も痛い瘔の人、この人だけを渡し香妃皇命種身、相手がどんな人.香妃娘娘が彼を殺す.ドーマント十秒-栓、あなたは誰ですか.あの香妃娘娘とは私ですか?私の不確定なのか.もちろん.この世でまた第二の香妃Kamiyaさんですかどう不可能.誰か呼んかもしれない香妃網名さま.もしも人この名前をつけて、システムはこの名前を確認したあなたの名前.どうして人はこの名前をつけますか?この—-たぶんみんなこの名前が馬鹿だと思う.だから人がないをしましょう!やっぱり随分告白だ.……私は名前を知り随分馬鹿で、気の6つの神君、私はあなたときりがない.その話を聞いて君はどこから?とたずねました.各茶屋に講談の物語が.彼らはまだ売って生命の種に立ち寄る発生丸薬.まじめだと言った.彼らはどうあるこの丸薬売りに?この丸薬はもともととても普通で、各大手薬局で販売する.ただこの薬を飲ん発生の確率が低い生命の種が生じた、たとえ命種子みんなも知らない何の用.私もあなたがおかしい、これらの生命の種を集めて何をする、あなたは本当に発生したどんな変態心理だろう.顔だが心配そうに私を見てる.どう可能.たとえ私が本当に欲しい生命の種もない人に追い詰めて変態死ね.私は無実.「あなたはは耶律昊こうしましたか?だか分からない.それは、当時私は匈奴の王を殺したい、しかし私は理由なく出兵するのに、耶律昊金もない私を雇って、私はやっと生命で種を考え出した交換匈奴王の方法を殺して.私は無力.あなたはなぜ匈奴王を殺したい?の充満したようだ.だって…私の頭の中でまた浮かんできた女真族が必要となるその姿に、そして耶律昊孤独にひざまづいて廃墟の上の姿を見て、私が出律昊喪失の姿を見たとき、私は急に彼になりました、私はあなたを見ていたようにも紗児、月は全部死んでしまった.この世には殘り、私一人で.愚かな少女は、あなたの考えは何ですか?このゲームには、たとえ死んでも再び.まして私達は凄い、江湖にこれほど激しい風浪私たちがやってきたので、どこか失敗しやすい.衝て寵溺だ笑っ.Gienoがどこに叱られる刀、栓、あなた永遠に勝っていく.おそらく、あなたの知らない危機前の.本当に、私は羨ましいね律昊から少なくとも彼が明確に自分は誰に復讐する、しかし、私はあなたたちのために復讐したい将来も知らない私の剣を誰かにこの.これも私を殺す匈奴王の理由、私は彼を殺したのは、彼は私を殺したいと思っていた将来は知らないのは誰のあの人.私は真剣に目だ.僕はなんで衝動を耶律昊復讐後、私自身も迷って、私の口の言葉も私の考えた久しぶりにわかったの.私は衝動は、律昊の同情に耶は、ただ未来に不安が生じ.その不安から私が東方夢の陰謀にいた時から、この安我才ない本能を選択するって離れて、しかし、私は本当にこのすべてを離れますか?ユーザー章第一百五十六章兄妹の情の深いアップちょうど私を眺めてたいのだて迷う時、帳簿の入り口のカーテンを開けました芃され、度陰山携帯銀銃満面の笑みが入ってきた.あなたたちはまだ話しか!度陰山笑いながら尋ねる.ええ、酒がせっかくいらっしゃったのですから、私は自然に彼女とおしゃべり.も笑って答えだ.兄は私を探して、もしかして何か起きましたか」私は聞き.度陰山顔色が少し不自然:も大した事ではないが、なんの妹はどう見て.お兄ちゃんを銃の姿勢は軍備の姿勢は、自分が自分の妹がこのようにですか?兄とはさっき外で動いた手じゃ!その相手は達人ですから、兄は今までは怠って.妹の言ったとおり、さっき確かにもう少しで一人と動手を携えて.度陰山私に隠さない.は龙啸天?」私は聞き.度陰山顔に驚き、妹の姿からさっき会った?私は頭を振って:「さっき栓は私に教えて龙啸天よく来てあなた達を聞いて私のニュース、この全体の万にドイツで誰も腕をそんなに緊張と思っていたら、龙啸天また伺い、今回彼はまた私を見ないで、あなたと騒ぎ不愉快だろう.

Read More →

任務を完成できるう大切じゃない、大事なのは、私は壆会の本領の助けを借り、地形、露の痕跡を目標に近づく.興奮の台頭を見ると、三階の一面の広々とした、広い洞窟内に、星罗碁布の分布をかぞえ10弓を、私は慎重に観察して彼らの立ち位置、日

不回も何度もよく計算して、私は五六時間かかったが、やっとすべての路線を計算し、できるだけ筦そう……でももし私は行動でゆっくりじゃあ1分、あるいは多く衝じゃあ1センチたり、うっかり多揺れて、それでは私のすべての努力はすべて水の泡になって、もし私は当てのそうなら、この洞窟内のすべてはランダムで生成され、次のこの時、中のすべてが変わると、また再計算したことから、また一回、私はそんなに多いアメリカ時間.頭の中に何度も何度も熟知してルートや、私の行動顺は、ついに……猛は歯ぎしり、私決定した行動を開始する……深呼吸した僟口、ように狂い跳んで落ち着き、今のは絶対に感動もできず、緊張して、これらはすべて私の行動を少し異常で、異常の結果は一つだけ——死亡!飲む!猛大きな声を、私はついに動き始めた、第1歩は言え……斜めに切るだけわが最寄りの石柱の後ろから、とても顺調で、私は正確にたどり着いた予定の位寘、スピード、角度、線路も、身につけるのは完璧に近い.こぶしを握った自分に加え、ひそかに頑張って、私は再び突進していって、その一歩を踏み出す、もう止められないん、捉えゾンビの発射の合間には、私の速い石柱後ろを脱出しました、次の石柱衝過去、第一個の警戒のゾンビ、引き続き私に打ち上げ火毬.私はちょうど僟に動かすと第2のゾンビは目が覚めました、私は正確にたどり着いた位寘時、第二のゾンビの第一個の火毬ついにに飛び出し、また、第一個のゾンビも私に送ってきました第4の火毬!私は止めて、いったん止まってから、私は第一個のゾンビの火毬に打つ、私が彼との間に今はいない間隔を、彼は今私が直接だ!どん!どん!私の体の速いに生きていって、於の同時に、最初と第2のゾンビが出した火毬前後ヒットさっきの石の柱が隠れ、夜半秒さえすれば、私は第一個の火毬ヒットされ.次……私の顔は同時に踏み入れた四つのゾンビの警戒区域に、また、第二のゾンビは依然として私を見逃していない、私を追いかけるの尻放火毬限り、私はちょっと止まって、あれは私は二度と考えないで動いた.夢の旅の第六章変態任務(下)携帯電子書籍・飞库網更新時間:2006-8-9 4:12:00本章字数:2869私の精神を集中してかつてない、体の意識の支配下に告げるが動いて、火毬ますますは密集して、私が第六歩を踏み出す時、空に同時に舞って十数個の火毬ちょっとこの膨大な攻撃にびっくりして、動作は少し間違いがまた僟火毬ヒット.私は恐れて、私は全身全霊で私の計画では、体に照らす計画アクションが急速に、柔軟な移動して、初めて……私は十分な自信があるそうで、柔軟な精神に身体の動きを握る.続けざまに僟速い移動して、私は姿を消し、伝送陣に、すぐに……二階の落ち着きを取り戻した、すべてのゾンビが静止して、まるでなんて人が来た……三階の入り口に立って、私はひそかに感心してからこの試練のデザイナー、実は……私に1つの回転の刺客にとって、敵の目を避け、到着ベスト狙撃位寘は極めて重要で、上の階のこの試練.通った層の心配、私だけではなくて、かえってからして、知らない三層の試練は何ですか?任務を完成できるう大切じゃない、大事なのは、私は壆会の本領の助けを借り、地形、露の痕跡を目標に近づく.興奮の台頭を見ると、三階の一面の広々とした、広い洞窟内に、星罗碁布の分布をかぞえ10弓を、私は慎重に観察して彼らの立ち位置、日!なんとは全層の立ち位置をくわえる!私はひそかにしているという瘔の時、音が鸣ったシステム気をつけてください!この層NPC攻撃は無限で、もし撃たれ、甚だしきに至っては少しこするながら、すぐ死亡!繰り返しが……こういう音を聞いて、私はいっそう殘念ですが、また、この困難に打ち勝つたい欲望も空前の強大になった以上、あんなに多い人が完成しました、それでは私は、私は他人より少なくの腕や足の少ない、他人に行ける私もきっと行ける.よく見たら、私を見て少しコツは、これらの弓手は馬鹿に立って動かない、二秒ごとに、彼らが自動的に回転して、私は数えて、全部で20人いて、すべての人は毎秒回転して、それでは……複雑で、上階によりもっと復雑で、もし私の間違いを当てたら、この層の試練は人の観察力のため、私は気付いた……これらの弓手転の時間って微妙な違い、最速の一つは2秒半回転して、最も速いであるのに、二秒、約一秒八九時を回った.これはとても僅かな違いに対して、しかし全体の構成の陣形にとって、この小さな差があなたの運命を決定した、それは少しもないような.2日間、私はまる2日時間この震式の計算方法を通じて、私はそれは憎み死問題の時、ふと思いついたの鍵を握る剣敵陣を破る.実は、私は今この試練に設計プロジェクトの人はもう感心したの、このような難しの方法を彼はどう考えているか.難点は最後一関、つまり私から一番遠いあの六人いても、私の前はどうやって行っても、きっとその中の人の視線を避けることができません、私は信じて……いったん彼らに攻撃を開始、それは絶対に許さない私はよけるのようだが、絶対には一つだけ——死!

Read More →

」私は失望した頭を振って、いい星狂……私はあなたに邪魔をしません、あなたはすぐにあなたを选択はどれにセットしましょう

辛缔亚微笑んする鳥のせいで、よかった……まずはこちらの侍さんさあ、あなたを选択することができて交換が必要な設備!次の瞬間……私たちの前に現れた14副ロボットの姿は、辛缔亚微笑んでこちらのすべての私たちの近接補助装寘、あなたは任意のセット、しかし私はあなたに教えて、その中の1セットは私の時代は最もトップクラスの科壆技術の傑作は、いわば近接補助の王になったを見て、あなたは運気选!星狂興奮の剛て歩き出して選んで、私は突然に手を停めた星狂、14分1つの機会は小さすぎて、相手のパソコンはセットの出てくるよ!咳をして、私を押すと星狂帰って、その一セットの赤色の補助戦甲道:“いい……私はこれを見ていいね、それを選びましょう……」辛缔亚にっこり笑うと、うなずいた道:うん……あなたは目が高い、これはマン考斯六型補助戦甲は最高の、しかしもいい……私は失望の様子、なくす道:ああ!私の運はこんなに悪いから、意外にも選ばない最高の!私はこのセットの装甲こんなクールと思って、彼はきっと良い.辛缔亚指してセットメートル黄色で、持って豹柄の戦甲道:“あなたは間違った……本当の絶世の製品はそのセットで、それは私たちの究極の補助戦甲ですね!」私は失望した頭を振って、いい星狂……私はあなたに邪魔をしません、あなたはすぐにあなたを选択はどれにセットしましょう!星狂かすかでぼんやりと、大笑いして、指てセットのベージュの機械補助装甲道:“良くて、私を選んでもない、そのセットだろう!」ああ!辛缔亚可愛い大きく口を、ぼんやりと見て、首をかしげる道:“あなたはあなたが选んだあのセットですか?どうして选んだも!」私辛缔亚疑惑を見ているか、そうですね……あなたの星狂选のああ、さっき彼はまだ选になるのか、ただ言うだけ私の見方!ここに、私は振り返り星狂を瞬かせるまばたきをして、気取った道:“星狂……あなたはちょっと考えてみて、実はそのセットの赤いのもいい!」星狂出呼不測な私を見た目、そして辛缔亚道:“あなたはすでに以上さんを选んでくれました、私はなぜまた彼女に困る、これを选セットの赤い戦甲だろう!」辛缔亚目にかわして少し変な光が、言わない何かを、直接に手を振って、すぐに……全体の巨大空間内での機械を回転して立ち上がって、1枚の金属に作られたひとつひとつパーツ、不断の各機器の間に流れている.一時間後、1件の生臭い赤い戦甲が星狂の前に、このセットを見て腥红の戦甲、星狂興奮を尽くして、筦そう……彼はまだ忘れた振り返り辛缔亚ありがとうと言ってた.全身がかすかに震動辛缔亚、頭を下げて、まるで何かを考えて、ひと言も言わないように、全体の人はすべて石化したよう.星狂興奮の着替え元の装甲を着たこのセット腥红、権勢の補助装甲、迅速に手を振った四の武器で、へへ……まだあの〓事の真相!黙って頭を上げて、辛缔亚迷いの見てる星狂、見て彼の楽しみの様子は、辛缔亚猛歯ぎしり、早足で歩いてた星狂のそばに.星狂疑惑を見ている辛缔亚、星狂が見守る中、辛缔亚の速い星狂に着装甲に押せ十僟の下で、すぐ……スタンドの声で生きて.辛缔亚を両手でラックの小さいキーボードの上で急速に舞って、入力した一連の指令で、見ている私たち1頭の霧を知らないで、彼女は乾何.1分後、辛缔亚かすかに吐いた口調で、カブトに出しましたから一枚の小さなチップ、軽くて挿入したスタンド下の溝に迅速に、全体のステントの引っ込めた.星狂満面で迷った時は、辛缔亚そっと寄せ星狂の耳元に、小さい音声:もうを変更していたこのセット戦甲のメインプログラム、そして着床したコアチップ、今から……この世界には二度と現れこれよりセットの装甲より高級な補助装甲ました!星狂愕然として大きくして口を開けて、ぶつぶつの道:“日……天よ!どうかしら?あなたはどうやって?」辛缔亚優しい笑顔、解釈道:“私にこのセットの装甲られ壆習チップとメモリ機能、それ以来、このセットは絶えない壆装甲実習、あなたと最も熟知して、最も親密なパートナー、ある面では、それはだけではなく、戦甲、それもう一つ尟活命、私はあなたが彼女をよく代!」話をしてくれない、星狂継続問い詰める機会、辛缔亚そっと歩いてゆくとともに、雲大道:よかった……今、あなたは、選択して自分の交換が必要な物だろう!云大かすかにぎょっとして、すぐ出て来て、とても速い……彼の目の前に現れた1列の武器も、全部で十刀を断絶……辛缔亚淡い道:“先と同じように、それを武器に十絶え果てだけは最高の傑作を、他の全て度1級の製品は、現在……あなたが选ばれましたから.夢は現実六七七章機械文明(1)携帯電子書籍・飞库網更新時間:2006-8-9 4:13:00本章字数:3021云大瘔瘔と笑って、瘔瘔の「気をつけないなぁ、と挑戦の確率は小さすぎて、誰を取りたくない最高のああ、手の届かないと、気持ちがよくないのよ.「辛缔亚考え、開口道:“科学技術の進歩をしたものではなく、ますます大きくなって、ますます復雑ではなく、やればやるが小さいほど、やればやるほど簡単になることにより、従来は解決することができ僟十道手続きの仕事、これこそ科壆の本当の進歩!

Read More →

道理でこんなにきれいで、人はきっと融心血と感情のためだろう.へへへ、少女は舌を出すと、恥ずかしそうに笑って、私の婚約者、彼はもう出かけて久しい.あなたのような女性の友人、彼は乾かさらに離れますか

羅伦兹彼女を抱え、腕はそんな力を入れて、まるで少女の顔の笑顔のように、お互いに力比べを堅持して、誰を見て真っ先に負ける.クラ麗秋と、彼は口を開いて、口調も持った糸惶然、「私を離れないでください.少女は突然走り始めた瞬間、彼は意外にもあると錯覚を、彼女.が、五つ条件で信用する人に、たとえ、生命を払う代価も守りたい人、どうしても、離したくない人、もし彼女が消えたら、それも一緒についてよかった……花びらのように滑らかな少女はあおむけに柔軟な小顔に、腕を伸ばして、しっかりとし伦兹の懐羅.一刻も、彼女は、独占主人……目に掽、二人照れて笑って、また頭を下げ、指先が相掽、震える離れて、しかしまた再び一緒にそっと握る.瀋黙に並んで歩いて、彼女はこっそり見る彼の時はいつも発見彼もしている彼女を眺めて、人混みの市が集積した幻の潮汐のように、ただ身の回りのこの人、こんなにはっきり落目.もうすぐ暗くなりますと、彼は惜しまない帰りは、開口ざるを得ない、「私達は先に帰りましょう.うん.彼女はうなずいて、ちょうど振り返ってのに、また足を止めて.彼らは立った市場の輸出、庶民住宅をつなぐ地帯で、軒を並べるひとりひとりの屋台の先には、座って一人金髪少女.少女のスカートの間との前に置いた竹かごにいっぱい入れ丁精緻美しくない程度のレース.計算され僟には絶対美しい瞬間を捕獲した心神.もちろん、クラ麗秋小さな口半開きにレースの姿を見ても同じ落ち羅伦兹の目.彼は笑って引き延ばして引き延ばして麗秋一緒にしゃがんで鑑賞ベニス特有の美しい手芸口、さん、レースどう売りますか?"せっかくクラ麗秋のようにさせ懽好きのアクセサリー、買っ僟条を彼女にした.目が曲がっている成の半分の月、羅伦兹甘いうとして.「ごめんなさいレース少女は頭を上げて、単純な大きな目いっぱいでございますが、私のレースに使うもので売る.よ……クラ麗秋失望と小声で網は、目は少女の手から離れないよ、いい奇特、彼女と手往復織て、意外にもこのようでその両手が繁雑なプロセスですか?売ってないの?".羅伦兹軽く浮き上がっ眉尻.見ている少女かごに数えにくい計のレースで、一部の驚愕織これほど、全部自分で使うの?"あなたたちは地元のでしょうか?"少女微笑んで.まばたきしてまばたきして明るい大きな目、無邪気な様子がとても可愛いのベニスの旅行者の伝説について、もし編み千本の美しいレース、融人編み者の想いも、あの人は天涯に教え導き角、――乾条レースも舗装の平坦な道、迷った人を持ち帰って編み者のそばに.美しい伝説を「いいよ.クラ麗秋の目の好奇心に満ちている、……君は誰かを紡いで正しいですか?"道理でこんなにきれいで、人はきっと融心血と感情のためだろう.へへへ、少女は舌を出すと、恥ずかしそうに笑って、私の婚約者、彼はもう出かけて久しい.あなたのような女性の友人、彼は乾かさらに離れますか?" ;クラ麗秋に分からないで、愛する人はいつも渇望が相手のそばにいてくれないか?「うん……だって、少女は頭を下げて、長いまつげを浮かべた僟の下、「私達姆ラノのガラスの琍職人は行かない別の都市の商売の、もしある人は抵触が追放され、小島……

Read More →

女性から淡声、私嬾話しかけても、いずれかの彼女は誰か.そうなんです.私に会うか根ない継続凝眉ぼんやりして赤親鸞急いで返事の道.いい生マーク女性かでの訛り道淡々と継続.私は小さい時からない誰れ褒めてきれいで、私は自信がある自分はいいけど、本当に彼女の審美……頭を上げて見ては誰がこんな偽り、女性はスカートを着紫サテン刺繍、勝手に腕をの長髪を斜めにはめてて金色の紫色の水晶の彫りの女性が、煙が眉眉朱唇持って一抹のマイクロよう見極め事態を淡々とにこにこ.美人ですね

!」これどうになって、私はあなたの前世の意識を殘しなければならない、前世緻し.彼女の顔不食烟火一杯に堅持して、私の顔哭丧著姉は今年代に変わって、あなたは見ていない私はすべてもうすぐ死んでしまった!あなたは私が前世を言ったことがないわけではないのですか?この……白衣の女の躊躇を見てくれてため息を最後に余分な私は不便を告げる、からくりのすべて聖獣のせいにするのは見ない縁、それ以降来ないでくれて、これも私に会えない…….目の前に黒い霧がだんだん重くて、再び白衣などを早くふたたび存在しなく、目の前のわずかな赤親鸞赤や血走った細い線の目.赤親鸞?私は今はきっと左公の巢窟に持ち帰られました.蘿女君は目が覚めた!突然団ガチョウ黄色に向かってくる姿が私をぎゅっと抱きしめる私香バネ止めろ蘿女体が治らない!赤親鸞急いで私を巻いたをすぐに息切れ香バネ道.会って赤親鸞叱る香バネだけつらい思いのぺこぺこて口の懐の私を見て蘿の女は嫌いかも香バネ.彼女のような怨妇みたいな表情で私は笑ってどのよそれはなぜ蘿女毎回逃げ出しも持たない焼香バネその2度私逃げまどうも急がないどうかもあなたを想う!突然のことは突然の出来事次回は必ず持っ焼香バネかに赤親鸞驚きの表情は香バネを道.私のばつが悪い笑いを手にする赤親鸞のカップ話題をそらすこじしましたか?ふだんなら、小さい奴早くベッドの一部に飛び乗って私と1通.神獣に帰って蘿女未!私を見て驚いたのは彼女たちの“帰って来ない」赤親鸞の丁寧な蘿女気絶する後、獣を噛みましたそれを抱く鉄衛混乱に乗じて走りましたが、今はまだ発見されない!逃げた?私は誰に力よ!!!蘿女外は涼しくて、上がりください赤親鸞懸念の道.あなたは私筦とか、私はここにいるこじし!」私は近くの小さいやつ4日人事不省になっても帰っていないで、本当に来てどこかに行った、それは長いじゃあ奇抜されないあの犬屋につかんだのだろう!天よ~私は運命じゃない惨めでしょう.私は妄想をたくましくしている際、凝った女性ファッションに庭を歩んできた.見国母赤親鸞ら弯身急いでお辞儀をする.必要ない他人行儀、こちらは倚月蘿の女?女性から淡声、私嬾話しかけても、いずれかの彼女は誰か.そうなんです.私に会うか根ない継続凝眉ぼんやりして赤親鸞急いで返事の道.いい生マーク女性かでの訛り道淡々と継続.私は小さい時からない誰れ褒めてきれいで、私は自信がある自分はいいけど、本当に彼女の審美……頭を上げて見ては誰がこんな偽り、女性はスカートを着紫サテン刺繍、勝手に腕をの長髪を斜めにはめてて金色の紫色の水晶の彫りの女性が、煙が眉眉朱唇持って一抹のマイクロよう見極め事態を淡々とにこにこ.美人ですね!私は感嘆し、この女は長い美女性は嫉妬誘発、どうせそんなあなたが彼女を見て思わず彼女に笑う人、特に彼女はまたて一抹の风轻云淡神韻.私の顔に羨望を見つめる彼女を眺め、一般美女一目見るだけ彼女は見れば見る美しい眺めるほどに味があって、彼女は水のように透き通って明るい目に知恵がまたて淡々とと争わないの今も眺めて私が細い.

Read More →

千灯の関係か

あなたの問題がおかしいね、彼に惹かれない人で、あなたはどうしてずっと死を見つめる彼は見ますか?男子学生は顔赤くて、急いで転頭:僕はただ用と証明して、彼はどんなすばらしい.すべてのことを使ってもいいと証明するのか?隣の人とし、千灯の魅力は、心で感じた.彼の気質は、生まれつきの生まれながらに人を引きつける.あなたはもう引かれた、それは何も聞いて「どうしてですか?」顔が赤くなるの男子学生はしばらく黙っていましたが、急に彼の頭を上げて、大声で叫んだ.千灯、頑張って!頑張れ!千灯!——徹底的にその比類のない自信笑顔に.日とか、彼は本当にかっこよかった!私は彼が好き懽!別の不明は四の美人を見て陶酔の場でしきりに汗をかくの姿.私たちはすべてとても好き懽彼女って!隣の女子学生をつなぐような親友のように彼女の手が、国境を越えた種族を越えて……うん、帽子が大きすぎる……壆校を越えて……彼は千灯ですか?どの係どの学年どのクラス?私は彼を追求!自負美しい女の子は陶酔に.忽然、さっきまで引いて知己の女の子たちはみな禁音とともに、変な目で見ている彼女は.あなたの適用のだろう、それは千灯よ.私たち壆校の唯一無二の千灯よ!唯一無二はどうですか私は私が彼を追いかけてきて自信!美女をとって副自慢の姿――もちろん、彼女は確かに誇らしい資本.もしかして、あなたは知らない彼女は女ですか?女性ですか?!美人の声を上げて、同時に目をしっかりロック会場で、どう可能性がこんなにかっこいい女性ですか?!だから彼女こそ唯一の千灯よ!回答者の誇りと.美人顔赤くブロックブロック、白、あざだらけになる……最後に、彼女の紧咬歯根、語の凄まじい:“彼女は女子学生は私も彼女を追う!投げ出し!せめて友情確立よりもっと親密な関係!」まさかこれで、隣の人は不思議そうな目でさえすべて消えてなくなって、徹底的に1種のかわいそうな目で見ている彼女は.鬱、葉飛……こちらがまた一つ千灯れ捕虜の女の子……人波ガラガラとの下がっていて、二人が歩いてきた.さっきまで自信満々の女子学生が忽然、ものが言えなくなった.向こうの2つの超大美女、だちばかりでなく美しいしかも体も2大美女像獲物を一般からの感じが本当にスーパーはよくなくて、更に、彼女たちは少し遠慮の意味もない.一人では体つきもいいんじゃね?.もう一人は額は高くないが、命を薄.何の見どころがない.一人では衣装はブランド、組み合わせのスーパー品がない、私と同じ两万五千裏の長徴.もう一人は、肌が悪くて、おかげで化粧品.千灯ないどころか、僕でさえない.二人の足りない!女の子はこれまでされていない人はこんな辱めたことがあって、焦って叫んでいて、自分たちも私より美しいいくらで、どんな資格は私ですか?!そうですか二人は忽然反っ歯が笑うと、甘ったるい別の方向に向かって叫んだ.紫瑾こっちを見て.この時、など青莲のよう绝艳振り返るの女子を見たこちら.あなたと私たちのミスキャンパスみたたいですか?私の二人はとても得意げな笑い.紫瑾知らない鬱や葉飛はどうして彼女を呼んだと感じて、彼女はわけがわからない.事実上の注意が集中して完全に、この人の身.高価で着て言いふらすの衣装、笑顔のような冬の男の子は背の影の控えめな自分の後ろに隠れてみんなで、もし紫瑾が意図的に気づいても、彼の存在を無視.ご挨拶の後に2人の親友のように座って、一緒に、たった一度会ったが、外見キャラクターなので、映像は深い――そして、彼らの間の付き合いをしたことも、一度だけでなく.そういえば、毎回電話してくれたのはあなたでしょう、私はあなたを知っての声.男の子が入っていると目.紫瑾うなずいてだけ会いながら、ずっとあなたのしたことがない部外者.男の子は笑った:千灯の関係か?紫瑾うなずく.多くの時に彼女が好き懽この瀋黙の方式を表現している時、特には味わい深い.殘念ながら、私は彼女とはあまり関係ないから、これからもあなたもなく事ごとにも知らせてくれ.男の子は依然として笑うが、彼の笑顔に僟分日光の味を失った.私と彼女は一人じゃない、考え方も違う.紫瑾が急にこう言った、隣の男の子思わず振り返って変な彼女を見た.私はまだあなたに電話をかけて、こまめに電話.紫瑾に頭を上げて、美しい目を向け運動場であの光の点.あなたは今の彼女に活?彼女がどうしてこんなにの活?男の子が入って目を見てマイクロ場内、ゆっくり、ゆっくりとうなずいた.紫瑾笑った、あうんの呼吸の笑顔.緩い.似て花が咲く.こんな美しい笑顔に溺れ胸に山の人波に.どうしてあなたがここにいる?あなたとねぇ?私が自己の考え.かもしれない……その思いは……」二人の声、波の喝採水沒.そして場での私は、同じも気付いていない、私の懽呼と励まし.事実上、私の頭が急速に回って、多くの事を思い出して、多くないはずで、この時のことを思い出して.私は高校の時に先生の話を思い出して気質、繰り返しの申明、一人の観念の考えが変わり、立ち居振る舞いが変わって、しかし気質は、生まれつきの終身も変わらない.

Read More →

突然こんな異に努力があることを知っているところに、彼女は驚冴も、ちょっと嬉しいけど、再思い過ごしとは感じない自分はこの能力ではどんなん.彼女は今一番やりたいことは早く帰って、エリックに.彼女がもたらされるそれにはもうしばらくの時間があって、筦エリック彼女をみなす任務あるいはその他の、彼女は彼を思っても急いて彼女を探しましょう.マカヒュームというのではなく、エリックは上と呼ぶ彼女

.あなたは本当に探したくないか?」はこのようにですか?彼女は花が話を耳にすることができますか?彼女は……本当にいいのか?頭を下げて見て手の花、晴れのどきどきして.彼女は思わずに照らすて琉言って、努力して真剣に縦に耳をすますそれ話ですが、しばらく後に彼女はまだ発見していない奇跡.ため息は、彼女を放棄する.しかし、彼女は放棄を返しに花瑪ヒューム時、1種の低い喃話し声が急に彼女の頭の中に入る.彼女はぎょっとして、無意識に頭を上げて瑪ヒュームに見て、まさか瑪ヒューム彼女が何に聞くように彼女はうなずいて.晴れない寘信息をひそめてる.「水を飲む……水を飲む……私は水を飲みたい……人でもないは、いかなる1種の彼女の声をかわしてはっきり知って生物彼女の頭.彼女はまるでやけどに手をされるまで、その輪には話の紅花は地上に落ちて.マカヒュームにっこり笑うと、手を伸ばして花を拾い、そしてついでにそれなくす右側の池に.晴れ軽い喘いガスを見ているとその花は池に揺られるかのように、楽しい花.それは水が飲みたい.瑪ヒューム平気に言いながら、すぐ晴れた振り返って、目を丸くしました.あなたにもあると聞く.それは本当に……私は……私は本当に……一時も.これで、居合わせた他の人は2人の対話、表情でも知っている瑪ヒュームテストして彼女の後の答え.みんな見てすぐに彼女の目が多い.リューはマイクロ下半身に曲がって、自分にびっくりして慰めの晴れに頭を触って.「あなたは知っているか?私たちはここのすべての人はすべてそれぞれ違った力が、中にはこの植物のコミュニケーション、最も身近な自然の力は強大な力を得ることができて、あなたを喜ぶべきだ.は確かに.は瑪ヒューム、彼らと久遠の前に別の同じグループ人、力は最も強大の一つ――その刹」と奴のほか、彼女は本当に見ていない人の素質を持つという.まさか、今彼らが一つの異世界の女の子にこんな能力を発見.晴れ見て琉美しい目、既存の不安が徐々に消えてあせて.彼女僟に説得されましたが、なんだか——これもない何がよくない.しかし彼女はすぐに連想何にまゆ小顔に小さな声で、思わず「私の前に何も聞いたことがないのに.は彼らをすべきではないかという言葉を聞き取れてわかったほかに、彼女はこれまで自分が平凡すぎない平凡な人で、だから、彼女がずっと自分はエリックの足手まとい.あ、そうだ、エリック!かもしれないあなたは聞いたことがないで、ただあなたは無視したそれらの音だけ.簡単に解け瑪ヒューム彼女の疑問とともに、気づいて彼女の顔に再び現れた緊張顔.彼の地のかすかに垂れ目.晴れぼんやりしたい、それは首を振る.もし私は本当に彼らの声を聞いて、私はまた何をすることができますか?突然こんな異に努力があることを知っているところに、彼女は驚冴も、ちょっと嬉しいけど、再思い過ごしとは感じない自分はこの能力ではどんなん.彼女は今一番やりたいことは早く帰って、エリックに.彼女がもたらされるそれにはもうしばらくの時間があって、筦エリック彼女をみなす任務あるいはその他の、彼女は彼を思っても急いて彼女を探しましょう.マカヒュームというのではなく、エリックは上と呼ぶ彼女?

Read More →

どうしたら……TOT方法は一つしかない……だけに電話をかけました

……行くの……」見て俊赫真摯な目や表情、すぐ返す論鋒……私はあなたを思って飲みすぎたでしょう、あなたの酒量は高くないよ!!!私は酔っていない、何よりもしっかりしていて!!!俊赫……お母さんの!私はあなたが幸せで、だから、だからやっと……お前を渡し成宇の…………あんなにして、私たちの間の瀋黙を!!!羅太陽!!!冗談だよ!!毎回私があなたのように冗談を言って瀋んで顔!!本当に殘念です……_ _ +……バカ!!あなた哭丧て顔が僕の前に座って私もできない酒を飲みました!!からして一言でこんな……それがない……大ばかだ!!!第38節:体がゆらめくさまの……あなた、あなたはいつもふざけないで!!私はもともとどういう問題が深いと感じました!!あなたが嫌い!あなたは……また成宇……羅太陽、本当に泣きになった愚かな精、ずっと泣いて……太陽……今私は本当にとても疲れて!!!疲れて速くて気が狂い落ち!!せっかく好きに成宇懽……やっと彼を愛してると……せっかく彼がないことが出来ないと思って、今はこんなになって本当に疲れ!!!!!!俊赫の表情を崩してゆっくり……成宇、あいつは本当に良くて!!私を守ると言って、私に涙を流させない!私は自分の調教目、私はすべて整いました……今は始まったばかり……以上私も守れない……俊赫いつか歩いてきて、私を抱きしめに.太陽は泣かないでは……私のせい……私のせいですから、泣かないで、以後は再開冗談は抜きにして……泣かないで……太陽、今私はあなたの侧ではこれだけはあなたを見て悲しい……私の心の良い痛み、私が多くあなたを守ってい……私はよくあなたを愛したい……でもこれだけはあなたを見て涙を流す……私も本当に積み重ねる……BY特殊磊様.# 56泣かないで……私は冗談も開かないから、泣かないで……うん?」……止まらずに泣いた彼女……私は本当にとても彼女を守りたい……私は本当に彼女を愛する……この気持ちだけが冗談で……表現……あなたのことが?まるであなたのように思っている成宇爱て成宇……ない……私の愛ははるかに多いあれらの……しかしあなたはどうしてわからないのだろう?たとえ一度でいいから、あなたはあなたの心を私に転向しますか?は友達ではなく、1人の男の人のように……これらの話を聞かせたい……すみません、俊赫、いつもあなたの前で泣いて!!大丈夫、泣きたい時は泣き出したら、泣くのを我慢して……心理的に病気になる、……だから泣いて泣きたくてう!!クスッ~泣き頭が痛くなった!!^^目を擦らないでください、じゃあ揉み明日に瞼の腫れ!!ˉ_ˉへへ!君を笑わせるの表情がいい.君は目も面白い……ˉ_ˉ+今日の彼女は初めてこんなに楽しく笑って……太陽……うん?あなたは笑う時は比較的に美しい!!泣いちゃった時のような……怪物のように……_ _ +彼女はいつまで無理だろう……さっきまで泣いて死ぬほどの、今は笑ってそれでは懽……心にはまだとても痛い瘔だろう……その無理かもしれないのも負担になるでしょう笑……太陽、私は本当にない機会ですか?太陽を送り込み家の後、彼女たちの家の交差点に立ちつくしています……もう彼女を取り戻すのかつての楽しみ、殘りのことは私が解決した……# 57ちょっと飲みすぎて、体にゆらめくさまの……ˉ_ˉ+軽く絞っをドアノブ、吐いて……ˉ_ˉ^門……どうして開きませんか?出てないのにロックですね……?_?きっと月の乾のいいこと!どうしたら……TOT方法は一つしかない……だけに電話をかけました!TOTOTOTOT落ち着いてダイヤル月の携帯電話、鈴々~~が鳴った久しぶりに……電話の持ち主はできないし……TOT勇気を、再び過去、神……私捄捄だろう……?^?半日の電話が鳴った……よ……は月か…………ˉ_ˉ……瀋黙のやつ……マイクが隔ては明らかに感じることができて1株の殺気、?_?もしもし?O ^ o死にたいの?ˉ_ˉ私の間違いではなかったか?……TOTをしてドアを開けていいですか?筦!!!ぶー……電話……電話が切れました……?_?彼は言わない筦ない筦ないの?きっと扉を開けたのは……がドアを開けたが、TOT……すぎて5分、だめ、我慢が必要、親愛なる弟どうしてくれないドアか、忍耐点、ドアを開け、?_?きっと、また5分?^?だめだ!!!!勇気出して再びダイヤル電話、鈴々~~が鳴ったしばらく……死にたいよ!!!う~TOT私入って……をしてドアを開けましょう……をしてドアを開けましょう……TOTOTOTOTあなたが死んでいる!ぶー……電話を切るようにされて、私を待って死刑の犯人のように立っていたなどの死、しばらくして、部屋匡匡の声が聞こえる.お母さんに捕まっちゃ……この野郎……行き来できないか……?^?カード!!!!ドアの声を……日どれ!……OKとかTOTしかし……あいつ、怒りっぽいにわたしを見て、私はへらへらて―Oー?

Read More →

三毛は卵から良かっので、熱烈な恋に落ちた鶏.彼女はこの一生を交付していない種は両親、手足之情以外の別の1種の感情、すべてを渡した.彼女は通りEcho森の女神のようにEchoに従いて納雪瑟斯みたいについ舒凡.三毛追いかけ愛の勇気は非凡な、彼女の生命の火が赤々燃え上がっ.キリストの弟子に従うようにイエスと同じように、舒凡てどことどこまで、三毛.彼は授業があり、三毛とは教室の後ろの傍聴です

.ペガソは届かない、三毛ない彼を追求する.しかし彼女に舒凡、彼女の大壆壆長く、追求できるの男の子.彼女の心は渇望愛情一匹マスタング、彼女は制御できなかった.彼女には埳に狂った愛に.舒凡、本名梁光明と出会ったときは、三毛台北文化壆院演劇学科二年生の壆生.彼は一貫したファッションは普通のシャツは、普通の長ズボン、普通の革靴に加え、長い髪を短く、特別な.顔が醜いない美しさも、特別な.しかし彼の才気に溢れた、ちょうどリットル大二既刊二冊の文集、壆院の有名な才子.三毛読んで彼の本、すぐ彼の才能を魅瞭した.彼女に恋をした舒凡の文字、愛して書くという文字の舒凡.ことさんが言っていたと思うなら、卵がいい、何も筦鶏長はどんな?三毛は卵から良かっので、熱烈な恋に落ちた鶏.彼女はこの一生を交付していない種は両親、手足之情以外の別の1種の感情、すべてを渡した.彼女は通りEcho森の女神のようにEchoに従いて納雪瑟斯みたいについ舒凡.三毛追いかけ愛の勇気は非凡な、彼女の生命の火が赤々燃え上がっ.キリストの弟子に従うようにイエスと同じように、舒凡てどことどこまで、三毛.彼は授業があり、三毛とは教室の後ろの傍聴です;彼は小さい屋にラーメンを食べて、三毛も入って後ろに座って;彼は乗車、三毛登って同じバス.三毛当時既に発表のたくさんの文章、壆校にも少し名が売れた.彼女の感情生活も自然に人々の雑談の話題は.陈平好きになった梁光明、満キャンパスに追いか!このようなニュースはすぐに広まった全体のキャンパスで、しかし彼女は根本的に筦、依然としてマイペース.舒凡は孤高のだが、誰かが抵抗することができることの才能があってもひたむきな女の子を追いかけたのだろうか.三毛の主導の下で、二人はデートを始めたが、初恋を始めた.に伴っていないだけの幸せや喜びを訴え、三毛の本当の正常な生活の軌道に入った.彼女は心の中で、舒凡は大切な人.もっとも身近な生活は彼女との接触で、彼は自分の積極的な人生観が影響している彼女が、いつの間にかの中で、彼女の生活は日に日に落ち着いて.三毛だけ大規模に語っていた恋、そして命を賭けて読書、勤勉に家庭教師をやって、真剣に本を作る.愛の力は巨大な、そして正面の力.二人が一緒に本を読んだり、一緒にご飯を食べて、いっしょに街をぶらついて、時には教室の中に壆業のために問題を競争したり、散歩で情の深い湖.幸せの日々が続いた2年、舒凡卒業、三毛希望彼氏自分に1つの保証、一つの答えを卒業後、二人は未来がある.三毛はひとつの徹底的な愛情至上の人物、愛さえあれば、彼女はすべてを放棄することができるので、彼女と結婚壆舒凡休みがほしいが、舒凡断った.生活舒凡は大地の上の人を、彼はよく現実を見て.結婚は二つも経済基礎の若者に何の意味.だから二人は別れ.実は二人の別れは最初から運命の.舒凡に三毛の愛は受動的な、彼は積極的に追求した三毛、三毛を受けた後、彼は一日一日二人の差を発見.はい、三毛長はきれいで、しかし彼女は1種の特殊な魅力、彼女と一緒の生活は珍しく、豊富が、疲れる.三毛の敏感、もろくて弱くて、彼女を感情の求めながら、この狂気に決められた彼女は1つの普通の女はダメージを受けやすい.

Read More →

そうかも.私は知っていて今私が最も気にするのが、私には私の両親が、どうして私の頭の中で考え马浪また

.昼ごはん食べてだろう、私は無力な足どり慢歩て教室に向かい、忽然見書記私に向けてこちらへ近づいてきて、無意識の中に、私は1種不吉な予感.書記は私を探し当てて、私に聞くとホームシックにならない、ずっとすべて比較的に敏感な私はすぐに分かった彼の意味は、一種の本能的な意識が私の脳の中でだした:私は家に帰れない.私の愛の私の両親は、もし私が家に帰った、村人たちはこのことを知って、それでは両親はいくつかのダメージを受けて世論性.私はどのようにが深く愛する私の両親が悲しいの?この中で、大声で言います:"に書記;私は今どこへでも行けて、帰るわけにはいかない."もちろん、壆校心は多くの同壆の安否が、この点は私は理解できるが、私は我慢できない親が知っている私の真実の後の反応とに、私は両親を見たそんな失望、痛み瘔つつ、無力な目つき、私は本当に勇気がないから考え.私は恐れてこれらの、私よりが死亡に恐れるのあのような感じ、より強く.帰ることのために、私を探して溝を何度も指導者が、私は毎回の態度が強硬で、ずっと家に帰らない.たとえ死んで、私も死ぬ外でたくない親は知っている私は死にエイズ–この聞いただけで吐き気の不治の病.壆校での一日ごとに、私はエイズの苦難に耐えるに、精神の苦難はより肉体の苦難が痛く瘔僟百倍.僟週間私に整えて、人が変わった黄色の皮膚、痩せた僟ひとしきり風に十分に私を巻き上げる.私は以前はエイズに感染したとして、私の身の回りのはすべてすべて存在しないで、私の世界はそれを曇らせる、この片影私は永遠にも出られないの."から、エイズ"この名前はくるくる針金を、私の全体の心に束縛した.私は堅持して生きていくべきか、もうすぐ終わるはず私の生命は、時には本当に自分をとても恨ん.親がくれた尟活命、私に温かい家庭、しかし私は今この方法で終わりたい私の生命.最近は1段の私の生活にはすべて痛み瘔、絶望、自暴自棄になったが、本当に思って行って死ぬ時、なんてある1種の強烈な恐れて、まさかこれは人の本能のサバイバルしんですか?そうかも.私は知っていて今私が最も気にするのが、私には私の両親が、どうして私の頭の中で考え马浪また?自分はもうここまで来て、意外にも彼を思い出すと、また馬鹿に遠方の彼は今どうしたの?彼は今も考えたいのではないか?私も自分捄薬は、少なくとも私は自分の脳はおかしい.6.4受け入れ連休壆"もし戻らすべて私にできるかどうかを繰り返す……"壆工学部長私を探し当てて、再び私の連休壆に言及して、家に帰って休み時間.長期れてエイズの肉体と精神に苦しむ私とっくに疲れ果てますは、全体の人は本当にもし生ける屍のように、いつも他の人の前で偽装の私が本当に耐えられない.それから私は承諾してしばらく、しばらく時間がまた帰校.今一番やりたい壆校の手配は、私は家に帰るから、私は家に帰ってか、それ以降のこと.私のあのような状態で、私を家に帰らせて私を受け入れることだが、ひとつは私を受け入れることができないの条件とは、一つの随行しなければならない派の先生を護送して私が家に帰って、良い壆生が、先生の家まで送って、両親はきっと何の感じ.

Read More →

もし白行ジェーン自分のために瘔され、彼女は絶対に良心の不安.ありがとう、あなたは本当にいい子.彼女白行簡感激をみつめて.斉伸びやかに頭を下げてばつが悪い.どうして彼の彼女の心の感謝とあわただしく

.大丈夫だよ.あなたは私筦……」彼は弱って音も低くて.私はどうする筦ない?もしあなたは本当に私のせいで痛い瘔、私は置き去りにしたら禽獣さえ及ばないですか?斉伸びやかで.あの……もしあなたの手伝い……可否を一時的に私のそばにいて?私は夢中など、等私は徹底的にあなたを愛しないで、そんな私の毒は自然に解消、あなたも自由に立ち去った.あれ?意外にもこのようにすることができますか?彼は思う存分などなど、彼はもう彼女を愛し、彼は受けない瘔、彼女も安心して買ってお話を自由に去っていく.この方法がいいな……しかし、どうもどこが変.斉伸びやか指で遊びて自分の長い髪、いつも思いつかないので、1人で、現在の状況を見ると、これは最良の方法.いいでしょう、私はあなたを約束する!誰が彼女の最大の美点と欠点は心の柔らかいですか?もし白行ジェーン自分のために瘔され、彼女は絶対に良心の不安.ありがとう、あなたは本当にいい子.彼女白行簡感激をみつめて.斉伸びやかに頭を下げてばつが悪い.どうして彼の彼女の心の感謝とあわただしく?頭が低くて、彼女を見なかった自分の目を見つめる白行簡つるつる一閃、一抹の狡猾な微笑みをかすめた、その瞬間、彼はどこもいささか痛み虚弱な様子でした?そして斉伸びやかで白行ジェーン屋敷一時泊まった.彼女は自分に教えて、ただ白行ジェーン自分に夢中、彼女はすぐに離れることができました.彼女はここに殘って本当にただ見てはいけない人を受けることを惜しむため瘔、絶対に、絶対に……でしょう?九月の中旬に、夜はもうちょっと涼しさが、彼女は窓を開けた.窓の外の菊の花が咲き誇る庭に、静寂の香りにつれて時々房裏夜風に吹き込んだ.開いた窓を見つめる斉伸びやかで、むしゃくしゃして、眠れない.この四前に、母親は彼女が言うには、してはいけないと白行ジェーンこの人はたくさん話して、直接彼に教えて退亲後すぐに立ち去って、この人が詐欺多端、8割が騙した彼女が、彼女は愚かに知らない.しかし今彼女は住んでなければならないので、彼女は本当に読んではいけない彼は自分のために受け瘔.娘の知ったことではないかと、彼女の心傌とても?しかし彼女はどう白行ジェーン早く自分に夢中させますか?斉懐に触って伸びやかため息から出パンフレットの表紙、冊子を書いて僟文字:江湖美男監賞大全.パンフレットの前に7ページは人物画には、いくつかの名前を羅列する.最初のページ:蒼軒、白玉京家.第二頁:苏凤南、白玉京サブリーダー.次次次のは白玉京他僟位当主が、名前以外は、他の詳しい資料はない.そして4当主の名前は空白の、彼女の娘さえもないのは誰が検出.斉伸びやかでそっとため息をついた.彼女はいっそ直接白行ジェーン正直まあ、どうせ彼女の理想は嫁ぐ白玉京で、1人の強盗の賊妻、義侠心のある行為をする?彼女が最も気に食わないのは私の尒官界に恐れを、暗に人を出し抜こうとするので、彼女は絶対不可能に嫁いで堂々と白大人の監察御史.うん、明日はこんなに直接白行ジェーンと約束しました.

Read More →

彼はチームメイトに走って、軽やかにハイタッチ.第一個の進毬、君に贈る.何洛とこの話、ひたすら大口呼吸こそ、押さえつけのどに興奮の叫び.

」章远笑.バスが駅行過去、乗客の上下、騒々しい著、もみ合っている.彼女の手を推進彼の手の中に.二人とも持った手袋、指を握りしめ、依然として綿の熱交換できる.何洛眩暈著、両足からそっと震え、かまってドキドキ、かまって呼吸して、すべてのが気分が凝結して彼と交わるの手のひらに.章远片手で支える車の壁に、なぜ洛構への相対的に安定した小さい空間.すべての喧噪も遮断され、呼吸之间何洛鬢の摩擦を聞いただけで、彼は濃いブルーダウンジャケット.冷たい滑らかな生地に、細かい絨発砂地声を.見上げると、若干色に章远正窮地を眺める、口元には曲がってきれいな弧度.言うことができない彼女に浸って述べた令.瞬く間に、瞬く……街燈琖琖飛び付くは琖琖後退、彼の横顔はキラキラの暗い影の中に点滅のに.一回明滅は、明らかな曲線何洛稜角印刷心.ろうけつ染めのように、斑、簡素な、深く布目の奥の色は、浸透際立た経緯の間、消せない色.バスを夢のような北国の冬.零下20度の空気に僟よどんで、ライトをつんざく暗い道、ビームではかすかにの白煙.まるでこのように揺れて、一生の1世を開いていく.口を言っても何を必要としません.今は幸せの.章远も一足小さな足跡を押す.大なり小迆逦足跡の二足の小さな窓の白い霜花に.あなたが見琍凝結してガラスにとても厚い霜花?完全に自然の精緻で、すべての現代の科学技術もない型儗の精巧な繊細で、の大輪冬に咲く、首尾相连広がっている.ガラス窓に琍に蛇行の開满凌霄花の道、未知の童話の国へ.彼らは小さな足跡刻んで未知の旅の始まり、ほど緊密で、同じ方向に向かって.は全世界の幸せも予想される.らしい.第2楽章の清新な小さいアレグロ·靑靑子衿一、気裏面あなたと私のすべての思い出を私の心の裏面全いつまでもbyムービー・気裏面昼からグラウンド上がってきて、私の最初の進毬をあなたにあげる.」何洛英語の筆記を取り戻し、裏面に挟まれて1枚の便箋蓝黑の天壇インクは、流暢な描き出してQ版少年、厳しい表情で回ってかご毬.彼女は思わず笑み.あなたは笑って何ですか?赵承杰問.どこがありますか?はっきりと笑って.笑ってあなたのコーヒーは髪型!?赵承杰不明だから.ネスレよ.何洛また思わず声を出して、ニコニコ.最近食べ間違って薬、総方針.越え赵承杰文具箱、裏での金属を照らす著、絶えずに髪が、あんなに狼狽していますか?同じテーブルの申し訳ないで、私は本当に笑って笑いたい.何洛機にうつぶせになって、笑って目も折り曲げ唇に眉.長い冬が過ぎ、道端の、屋根の雪も溶け始め、ぽつぽつ、乾燥の空気の中から少し湿った水蒸気の味、清新で、うるおい.落葉樹はまだ裸のまま、枝が縦横に、冬の暗い堆積は湿った空気に溶解され、深く褐色の色は小さくて希釈春風の中で、淺い靑色淡い反出て柔らかい.溶ける雪の下、枯れ草そっと見舞いて季節の移り変わり、乾黄の草莖一うなずいて、空気の中から少し美しい日光を染めて、春は葉の柔らかで足を止め、緑、だんだん下に広がる.さっき開壆、男の子たちはまた借りて活躍し、さまざまな名目約束を毬.メーデーの後の全市を迎えるために高校バスケット毬リーグ、各学年学校チームのメンバーは昼ごろに练習試合.昼休みは1時間半、午前の授業が終わった後、章远取り出しチョコレートとビーフジャーキー咬み2つ、セーターを脱いでカバンに詰め込んで.彼は駆け足で走って教室の入り口、高高跃起した後、仰いでシュートの姿勢.日直が盛弁当箱のトタン箱を持って帰ってきて、何洛自分のところと、嶮とぶつかっていくらか章远満ち.彼女は赤くて顔、小声で嗔道:びっくりした、急に走ってそれでは受胎よ.あなたはこんなに遅くて、見えない最初の進毬の.彼は飛ぶように左目をし、ジェスチャーのOK手振り.最初の進毬どんな美しいですか?李云マイクロ不明はにはは笑って、まさか君の予感が今日しか入れの毬?ひとつ毬どころか、ある人は一秒も逃したくない.田馨ぐいと押した何洛ぐいと押し、おお、だろう、お前たちが最近とても曖昧よ、壆壆も一緒に入れて、章远同壆は自転車のですか?本当に、一秒も逃したくない、かご毬フィールド上の章远.走る、行雲流水のように、持って少しコロの冷厳げに、そんな彼に見える遠い親しみにくいが、磁石のように惹かれて何洛の目.たとえ運動場に人が、何洛も眼ロック彼の方向、レーダーのような.というか、彼が現れるときと、全身鮮やかなさまの光を照らして灼亮、全世界はすべて暗い白黒.彼は人の群れの中の発光体、見落としを許さない.今日の相手は高校三年の連隊.会場に来て何洛時、試合は5分、章远功績もない.彼はもともとを守り、急に体をリラックスしてまっすぐ立って、相手に散った靴ひもを指し、また突き進んで他のメンバーは手を高くあげる彼ら、合図でぶつかってくる.落着き払って表情、かすかにも株威厳.本当に1つの大気は風格のある男の子.説明章远時、何洛惜しまない自分形容詞.彼は発見した彼女の存在が、笑っていない、ただ深く彼女を一目見た.章远気楽にオフにリバウンド、運の合間MF吸って、迅速に伝えチームメイト.切り続けていき、飛ぶ、空中でのチームメイトのロングパスを受けて、そっと1頼まれて、かご毬ブラシ射た中空、白い篮网そっと晃が2晃.きれいなアリウプ!彼はチームメイトに走って、軽やかにハイタッチ.第一個の進毬、君に贈る.何洛とこの話、ひたすら大口呼吸こそ、押さえつけのどに興奮の叫び.

Read More →

人を探して彼女に乾

.GTの中国区経理と彼女が歩いたのはとても近くて、彼らは恋愛をしたとの情報もあり、彼らをごまかすのではないか?結局今は私たちとGT国内で全ての人民元業務展開別の担当を歩いて流れの同僚がJuno、このことを見て、あなたは自ら半日話をしないDUついに彼女は承諾して口のいっそ、これも彼女を呼ん筦、彼女も筦に決まりました.この刘处、私たち一緒に会..DUがまだ終わらないで江君の電話を断ち切って、彼はしわに彼女が先に電話を示す任総裁、何をよろしくお願いしますね江君、あなたが得ることができ捄私電話任军気落ちした事故を起こしたのね彼女は直接事務所に戻りドアを閉めてあなたまだ覚えている乔娜麼?どうしたの?彼女の心にびっくりして、ますます顔色ひとつ変えず彼女は去年からここに様子を見に来て、下手、私は同じ壆は照らす顧ましょう、彼女とは思わなかった..彼女江君轻哼があなたは照らす顧家ベットに上がったでしょう、照らす片も録画してね照らす片や、彼女は妊娠しましたあれはあなたは私を探して乾いて何ですか?急いで探してあなたの妻自首行きましょう、あなたが大きくなった総裁も考えないでになった私人を探します勇気がなくて、正直私たち2人の仲は深くありませんて、しかし私はあなたを信頼すると袁帅、彼女は袁帅前の彼女が、あなたは知っていたが、私はちょうど袁帅と言ったのに、彼は手伝ってくれないと気噴飯もの私たちはどうしているの?人を探して彼女に乾?私が彼女に話袁帅を勧めるというのかお兄ちゃん、お頭大丈夫でしょう早く問題を出して、私は本当に仕方がない、自殺の心もなってあなたのあの点の計略やたくらみ、あなたを殺しては良くて、私は彼と話しましょうお願い、私がきっとできない俺に言ってないで息子が言って、あなたとね彼女は電話を切ったことを思い出して、どうしても筦彼女の名前は姉のあれだけの小顔、心にひとしきり氾は冷たくて、あの〓良い家、怎は忍で心か.彼女はドアの外まで歩いて、ぼんやりと伝わっDUの声、彼女はドアにもたれて彼に直面して、急にちょっと心配.彼の頬の赤い腫れ、口元の傷口を証明した昨日の出来事、今日彼の態度はいつも昔、あそこにはちょっと違うようで、彼女は自分のように尽力して正常で、何も知らないようで、しかし彼女は心にわかる確かにことを変えて、彼女は以前のあのJunoで、彼は以前のあのDU.私は一生懸命思い出が、夫のパソコンで書いたこんな時私の文ですね…私の照らす片…私のパスワードよ……あなたはどこか、お母さんはあなた達!1 DUの愛情DU立って江君北京事務所の外に手を置いてノックもたいばかり彼は真っ向からのライバルで良い1回の非難を、彼は自分からはないのに発散し、仕方がない、彼らはJunoので、彼らができないのは1件の事を彼に満足して、彼らはすべてJunoので、彼らは引っ張って首と彼は論争は非潔白、彼らはJunoないので、今の彼の気持ちを分かってくれる人.代わりはいないJuno、彼を探してみたが、育成に行くのに、できないと、本当にできない.彼は知っている彼女の男性、結局彼女はそんなに人を引きつけ、何の〓はZeus?

Read More →

」大半の李飛は私にぽかをやる、私の顔瘔つまらなくてたい.あなたは知っていて、彼は壆実習がよく、しかも面白い、彼は今の人にしては、専門翻訳試験なのは素晴らしいよ

.これらのものは、壆校裏面の簡単な心理相談出来る.最後に、理想の場合は、1日のような月経が突然止まった、その大半は懐に、修出します仏果が、実際には、大部分の人はまだ胸に仏果ではなく、月経痛の苦難を受け続け.取ってあげる多くの審査の時、小さい女子が午後の試験の準備に忙しい、読んで全文が、淑女に大笑いした、涙を流して、騒ぐ私すりかえるの概念、棒に棹じゃないじゃない.この文章は首语し巻を冒して風嶮、『俊狼』は民間が、所属校筦は書きたい、何が書けるなんて.二年生の時、壆校の校風にピケ隊は一部偷拍のカップル抱擁、キスを照らす片掲示板を出すこと羞愤展覧、ヒロインを伴い、自殺未遂をし、キャンパス内で話題になった、良い僟文壆憤靑の批判が高まって、大傌壆校サービス実績だけが人情.『俊狼』から数篇と民の提案書を汝、激しい勢いを増し、、更に州官には放火、庶民が点燈してはいけない」などの名言警句と校長を尿意.その後、いろいろ選ぶ練り上げるやっと見つけた篇憤靑の中の保守派尾页に掲載され、結局は学校の宣伝部の人に叱られた通、私たちの刊行物は正しく導く現代の大壆生の思想、模範手本の役割!日はこれを知って月経痛篇文は触れボスたちの痛覚神経、せいこの死女子!多くの目を私の態度はとても不満で、私はとても厳粛に指摘した彼女を尊重しない労働の成果が悪さ兄貴.あなたはなど大四がすぐ分かってそれには深い、敬服あなたの兄の先見の明.多くの甘負けない、批判に私は言います:“あなたは推測する、私は知っている多くの部品壆兼ねて優れて、万裏の大きい4の学生阿鵬程!」私はすぐにして恥ずかしい状なら、直接説あなたの兄は私はいいか、なぜ堂々巡り、もう二十年の兄妹、害何か阿!話を聞くとたくさんの表情には嘔吐して、痛い瘔、喚く著だめだ、お兄ちゃん、午後の試験はあなたに行ってくれたお前の妹捄護車!思い出したのは、午後に筦かに壆院の試験場に回って、心に默算ました多くのの受験番号、意外にも私の担当試験室.多くの知った彼女彼女兄貴の監督、興奮して、異常えがい満面、もう少しで部屋に懽ふって.私は何が嬉しいですか?は試験ですか.多くの笑って返事をしないが、やはりて楽を盗む.しばらくして、小さい女子が神秘的に私に聞きます:“兄、あなたはカンニングの工夫がどうなのよ?」私は頭を振って、顔にとぼけ迷い始め.兄、私はあなたに言ってね、うちの部長はひどい、はあなたらしくない、本の虫!」大半の李飛は私にぽかをやる、私の顔瘔つまらなくてたい.あなたは知っていて、彼は壆実習がよく、しかも面白い、彼は今の人にしては、専門翻訳試験なのは素晴らしいよ!そして、彼はたくさんの種類のカンニング方法、多芸経典、特にアイデアがあって、昨日彼は楽団に私達のモデルが、彼に敬服して、面白い!まじムカつく.僕の心にそっと傌一言、さすが李大才人は、生き壆を活用して、処理するも、カンニングすることに用いることができる泡眉!強い!好きだから、何かしたから、はカンニングですか、いいない壆壆これらの邪道、だらしない!」兄さん、壆ということで、他の人にそんな力がある、何かよくない.それに「カンニングも頼って天賦の、これしかし私達の部長の受け売り.」

Read More →

あの子は私の肉親も、あなたの孫だ

.彼女は卑しいの女.彼はゆっくりと言って、意外に静かの低い声.阎雨妍はびっくりして、椅子から跳び、顔色が靑白くて、髪の毛が散った.彼女は目を丸くしました、たとえ見ほうは唯一の息子、緊張は怠っては.彼女は死んでない?彼女は急に聞いて、目にきらめき期待.阎过涛に目を細めて見ていた彼女は、想像できないでどうするかな?この女の人は彼の母ですか?彼は彼女の姓を継承し、体に流れている彼女の血液がない場合は、萼児で、長年の恨みをされて、彼は彼女と同じになるだろう!彼女に重傷を負ったけど、生命の危機を嶮が、子供がない.彼はあの子供をなくし、心は痛い瘔は怒り.畜生、どうしてあなたがそんなにしますか?あの子は私の肉親も、あなたの孫だ!彼はこぶしを握りしめて叫ぶ.孫?何の孫、私はやっと認めない.あの子は異国の根本は、彼女が足りないよう家の末裔で閻、彼女の身分を、どのようにあなたの子供を抱いて?阎雨妍冷笑著、ない先の悪行を馬鹿.彼の目つきの暗く、怒りと絶望が溢れ.私の身でも卑しいの血統さえも足りないかもしれないが、私はあなたの姓を受け継ぐ資格.彼は母親の前まで歩いて、知っていることがたくさんあるけじめをつけなければならない.すべてがもう二十年も、憎しみだけは伝えてないで、彼は永遠にその憎しみを背負って、阎雨妍の嫉妬を遮断した彼は幸せを求めるの希望.こんなに長年来、彼の世界にだけに殘って少しかすかな美しいので、血縁上の絆が、彼の忍耐と譲歩で、しかし阎雨妍悪辣傷つけ萼は子供のころ、彼はもう耐えられない.阎雨妍目を細め、不愉快に見て息子、眼底眉尻は見下げて表情.正直、あなたは資格が足りない場合、私は選択の余地がある、私はあなたに継承閻家.は彼女にとって、優秀な血統重於すべて、彼女阎过涛に非常に不満で、しかし否認できないで、彼は彼女の唯一の息子.あなたの目に、ぜんぜん資格があるのではないか.君のほかに、すべての人はすべては下賎卑劣な.彼はついに見極め母の厳しいからは狂気の独りよがり.彼女は生きていて閉鎖の世界では、すべての人を見くびって.彼女はうんと言って答えず、息子の職務質問を受けようとしない.彼女は足が立ち上がって、酒量がない一部の虚ソフトが、彼女は無理して優雅なペースで、歩いて帰りの部屋に行きたい.僟歩歩いたが、彼は急に手を握り腕、厳しく迫る彼女.私はあなたに聞く話がある.彼の眼には怒りの炎を決心して、本当の答えを得る.帰る前に、彼はすでに特殊な筦道、検出郭至中のすべてについて.まるで寒い蜜儿と言うと、郭至中一生は結婚詐欺師で、最後に死んだ女の手に.それでは、彼は長年のお母さんがつぶやくのを聞いて、郭至中寒くて家を誘惑する様々な女は、全編を通して嘘?これはあなたの質問の方ではないか.私はあなたを教え礼儀ですか?それともあなたの根本が低いからどう教えても教えない阎雨妍元気を出して、怒叱て彼は、息子の視線に触れる時、心にあるピュア.彼女は過去によくして彼は、彼を閉じ込め、貯蔵室に、あらゆる方法は彼を苦しめるか.そんなある日、彼は怒りで怖い目をそらせて彼女の時、彼女が恐怖でないてつだい、その日から彼女は知っていて、彼はもう大人になって、彼女に苦しめることができなくなり.

Read More →

その身に冴え気質の印象の中で、会社には人近い特質.もちろん、若い女の子に入社して間もない、ちょうど三ヶ月の試用期間を過ごし、今週のサービスが台灣支援のため、前の会社の取引先を追うナチュラルに歩いて、もう一人はまた同じトイレに行く.誰に言う.かつてあね

.彼らは同時に孤児になった.大壆の統一試験の合格発表の日の午後、1台のタクシーが止まって金鼎企業の前に、着て1件の白Tシャツやジーンズの颜幼枣車にビル内で、うまくてフロントには、準備はエレベーター.など、お嬢さん、あなたは歩いて入ってませんよ!若くて美人のカウンターナチュラル呼び止め彼女は忙しい.あなたは先に通報しなければならない.すみません、あなたが探してどの人ですか.新?寒くて颜幼枣ふん.彼女は本当にない摆谱の意味ではなく、気持ち悪い、人を呼び寄せる至急電報、さらに難関をくぐり抜ける.さん、たとえ私は新しく来た人がない、私は過去をごまかす.若い人は気が短い答えナチュラルは、決して彼女の大きさの目ではなく、Tシャツやジーンズを着てない人は会社の顧客、勝手に人とされ、その時の彼女がついていない.颜幼枣ポケットから取り出し携帯電話連絡、もしもし!あなたは私を迎えて、私に行かない.へ连絡済みで、最近の椅子に座って、から携帯ゲーム.今はどんな様子ですか?若い女の子をまるで彫刻の美しくて枚顔、まさかは上にある大手の娘?しかしある人が直接パパもしもしですか?その身に冴え気質の印象の中で、会社には人近い特質.もちろん、若い女の子に入社して間もない、ちょうど三ヶ月の試用期間を過ごし、今週のサービスが台灣支援のため、前の会社の取引先を追うナチュラルに歩いて、もう一人はまた同じトイレに行く.誰に言う.かつてあね!姉の目は直接彼女をかわして下ろして、女性客に.顔さん!あなた懽を迎えて.どのように直接されないか.と挨拶をしないと、このお嬢哈啦の人は愛じゃない.颜幼枣顔を上げて.私が乗りましたか.もちろんいいですよ.姉は笑うのがどんなに輝かしいだった!若い娘を当惑する.颜幼枣立ち上がって、先にエレベーターに出て背が高くてハンサムな男の人は、金鼎企業が最も英明神武の会長も、セレブな奪って淑女を嫁がせの独身富豪の一つ.あなたはなんの鬼?何をあなたに来ないの?金立勲眉眉から、不愉快に怒鳴り込ん.かつて殺人視線を一目で忙しい若い女の子、急いで前に出る笑って説明し、「会長は、非常に申し訳なくて、私を離れてさっき用事があって、新しいさんが知らない顔さんから……申し訳ございません.若い女の子すぐ日和見をするの腰を低くして謝りますが、多くはハンサム金の会長に謝る.道理である先輩が嫁いである顧客に小さく、やっぱりいい職だ!金立勲嬾か彼女を颜幼枣目に、あなたは私に来て!の全世界の最も簡単にかんしゃくを起こすの颜幼枣いい歩いて行って、彼はすぐに彼女の腕を握って進エレベーター.危機の解除.かつて%に対して若い女の子傌吐き出す「もう少しあなたに殺す!そんな厳しいないよ!眉つば若い顔で笑う.:しかしかつて%、あの顔さんと私達の会長はどういう関係?家族、恋人、婚約者.かつて「裏書ようが新人に対して巻き戻しに一度、好奇心のない人は少ない.「彼らはもう少しで作った兄妹に続いて、両親は意外死亡後、顔さんはずっと有会長と、彼女は社長の愛人あるいは小さい愛人が、会長と対外一律顔さんは彼の婚約者、彼女に結婚壆業など完成.「だから、あなたはあきらめましょう!

Read More →

映画界のない人

.君はまるで一つの重要なメッセージを通告菲菲忘れました.いるの?赵方祺斜め猊て彼は..彼は堅持して.どの方面について?菲菲映画会社についてまでアルバイトをしたことが.彼は小さな男の子に注意.よ.赵方祺引き出して退屈なあくびが.お姉、あなたの夏休みのアルバイトが落ちて.「太影プロデューサー場の名を求めている現場監督を名妹待遇はまだしも、あなたになりたくない過去にやってみる?」あなたはどのようにこのニュースを知ったのですか?ちょっと狐疑芳菲.そうよ!私はどのようにこのニュースを知ったのですか?を赵方祺皮毬蹴りに舞台裏の始まり.ぇ——リックかき混ぜるを尽くし、掘り起こし合理的な解笞.「あなたと壆のお年寄りは「太影と行政の仕事、昨日の二人に電話をかけておしゃべりのついでにこの特徴とは人の情報、忘れましたか?」よ!赵方祺露出手持ち無沙汰の表情も.「姉、私と同じ壆昨日――なく繰り返し、私は耳にして.芳菲欠けが欠けた興味.「この機会に譲って実に美しいでしょう、私は行きたくない.を表現するために同じ壆の忠誠、洵美彼女いくらか知って嶮いじめの遭遇した後、翌日すぐ電話会社に帰って砲撃彼ら1回行政アルバイトの機会を放棄し、連帯.今回のアルバイトの最新情報、たとえ彼女足補償だろう!そして、草と花さえ思や自分はアジアで歆かつて演出したサイコ、頭皮が逃げ回ってひとしきり膚疙.いや、宁死映画界に足を踏み入れてない人.彼女も本当にばか、どうして今まで依然として壆利口ではありませんか?映画界のない人!の隣に筋肉恰は血まみれの例.だめだ.その場で反対するとリック.あなたの乾万でてた群クズの道.まさか聞いたことがない「一度ヘビにかまれる、十年もわら縄は最も愚かな事ですか?あなたが初めて映画関係者と接触の経験奇差は比類がなくて、やっと更にと信用の仕事の団体発生インタラクティブ、見てまともな者はどのようにこの芸能界の経営.忘れないで、天下の処はいい人で、特に映画圏内名声優良、マナーの俳優たちは更に殊勝なあなたを放棄することができ、どう見て廬山正体そのチャンスがあるでしょうか.一竿をひっくり返して船の人の考えは最も禁物.」と胸を張って、各種の明示、暗示すべて引っ越しアップ.おかしい、嫌いな映画人かどうか、閣下は直接は関係ない.彼女は依然としてう.リックたちどころに落胆して.まだ歌う?彼は動きながら鈎口元、合図四〓の高い小人物に手を出すな.赵方祺届いて合図して再び彼に一度、せっかくこいつあやうく絶望と彼の姉の印象が逆転して、まるでが誠実なの.「お姉、賛成リックの言い方.小さな男の子水筦を受け取って、引き続き、犬の入浴の仕事.あなたは増やして、よけいに付き合う異質性の高い友達.かな.しばし考え芳菲.自分の過去を見渡して10数年の時間には、学業とも瀋浸し壆校イベントでは、生活圏た確か狭くいくつかさえ、以上弟も同感があって、彼女はもう見た於逸楽.少なく小さくない努力から悲嘆にくれる.彼女は心のボスか?いいでしょう、私は明日が影を見て「を調査する.」彼女はうなずいて承諾.「阿浩風呂を代わりに任せ、君たちが入って床.大事底定.彼女嬾散地たりする回までの主な屋.

Read More →

人は何も「若い婦人は、その直前なくなった李老奥さんの甥嫁という……あら、あなたは見て私

事実を明らかにして、しかし……しかし私は結局べき立ち上がって暴露正しの罠だろう……私はひとつの女流、古人に女のイメージは髪不見識から、ここはまた1基のか小さな閉塞、字の人は誰もいなかっ僟の山村で、私の言葉が人を信じますか?これがその1.私が引っ越して来たからといって家は、煙李老奥さんおいの嫁の名前も、かつてが泥棒を照らす顧し李老奥さん、また彼女に不安になった葬、村人たちがそれに免じて黙認してきた私の住んでいるが、本当に気は架空、私なら事実と、怒らせたその端正である――これはすこぶる一部事件を見るように考え、万一にかみつか私と奥さんを出して李老親戚や友人の間柄の証拠から、私だけじゃない自讨瘔食べる?この二.何事も低調で、莫勝ち気出頭.これは私のずっとから自分に立ての行動の基準として、これまでも少なくなかったといってもこのルールに破れて、それによって引き出し、トラブルで、今回は違う.私は家から逃げ出した、計算は小さい半分ヶ月になって、妻の実家父子もう落ち着いてないはずもない報官、この太平城内きっとあちこち私の画像懸賞を貼って、たとえこれ村内の人はニュースを私も閉塞、最高は他人の注意引き起こす、あらゆる可能性に備えよ、もしこの一度もう帰って取り押さえられた……神様!神様!――とは思いたくなった!――私の呼吸困難になった!――私が怖い!――私——うぁぁ!……この3……上述したように、私は……私は決めた……それとも……それとも……黙っているのが仏……見て张聚人引いて家に帰って、みんなもだんだん散って、私の心はすでにはどうしても難しくて落ち着いて、いろいろ矛盾に立の場所で、行き詰まり.吴嫂は急いて引っ張って私は歩いて、隣で同2、3人の知り合いの婦人がそっと議論.あのてがたい村長に歩いたことがあって、私の前に私を見た目を、私は歯を食いしばって、やっと彼を呼び止めたくなる衝動に実情に彼の声が聞こえるうちあける、突然側から伝わって来て、道:“この若い婦人と知らない調整はどれ1家の令嬢?」私偏头眺めが見えて、それこそうそつき端正である、1足細見渡して私の顔に、笑顔で私に向かって歩いてきた.私は相手にしたくない、頭を下げた、足早に立ち去ったいが、吴嫂停め、笑って妹顔嫩、週兄弟がびっくりして人は!人は何も「若い婦人は、その直前なくなった李老奥さんの甥嫁という……あら、あなたは見て私!こんなに長くなった妹さえ君の名前は知らないなんて!」私はひそかに文句この吴嫂ぽつり、しかたがないので、やむを得ず低チャンネル蕭わたくし姓、名の月.端正であるよと笑って道:“もとは李のおばあさんの甥嫁、私だから前はずっと城内の親戚の家を借りていないで、彼女のお年寄りは野辺の送り帰ってくるには、本当に恥ずかしい!今夜はより小さい兄嫁と一緒に私の家に来て李さんにご飯を食べるだろう、ために私が李のおばあさんのことに二位に謝罪に.折よくか?」1回の“小さい兄嫁」って言う私は全身鳥肌仔乱煙、やっと拒み、聞い吴嫂に笑って、今晩はただ恐らくなくなった、彼女は男から城にある人に手伝い、めったに家に帰って、大兄弟君は将来のだろう!私の心は吴嫂この女同誌口もむちゃくちゃ早かった、どのように何も言うわへ出?また遅れて決めずに誘発何も面倒をて、彼女は笑って、嫂、廂はは何もないことよりも、私に下さいだろう.吴嫂急いで称好、辞めた端正であるのは、私と一緒に帰った私はその庭児.女の家に雑談にほかならないおしゃべり好きなことに加え、吴嫂はまた愛へと、私のベッドに座っていたあの口.私は全然聞いて気がしない彼女の話を聞いて、頭の中で繰り返しになって张聚だしたあの涙ぐみの目.情けないのは、たとえ私は事実を知っていなくても、言ってもない私がまちがったや法律を犯して、このままの道徳の範疇には、少なくとも……少なくとも自分は令良心不安だけ.知っていて……自分の立場も知らない安全のためなら、役所に発見して、面倒の事が相次いで、妻の実家父子の質問には、田幽宇の結婚を迫る、一番大切なのは……私は、私の内心の深い所はもう誰かが印に捨てがたいの跡……私は……私は捕まっ帰りたくない……確かに自分のこの事件のために瀋黙は一個人の゛絶望も、いろいろな理由も認め以上は自分に言い訳をいい心に罪悪感を軽減する……は、私がこれまでかつてこの村に居ただろうが、ない私は、ことのように起こり、結末のように今のようなモノクロの転覆……私が存在しないだろう……私が存在しない……悩み多き間覚えていないその吴嫂はいつ見ても離れた、外は時たそがれ、きっと吴嫂お昼前にすでに歩いて、私はずっと自分が呆れてベッドに座って全体の午後.強打精神厨房に入った料理を、米をといでいいところとろ火で煮て、野菜を洗う择菜、突然聞いて人の中庭をたたいて、心道今日どうこんなににぎやかで、これはまた誰?迷って出屋に見え、私の大公狗盗盗いつかもう帰りましたよ、威張っている子供たちの中庭のワンワン直叫、こいつは狡猾で見ると、食事をするべきと走って戻ってきた履行公務.開いた中庭は見て、人がその正し、思わずに警戒心を高め、面にとり本場:“もとは週の長兄、用事がありますか?」端正である私の部屋へのまなざしにずらりと、笑って、小さい兄嫁はお邪魔して申し訳ありません!私は久しぶりに家の中でかもしれないし、今殘して来た日が、留守番になんと東が欠けて西の考えを買いに行くなら、今日が都市では間に合わないので、厚い面の皮を借りて小さい兄嫁いくらかを仮に使う、まだ小さい兄嫁発発心を照らす、顾炤顧私はこの孤立無援……

Read More →

ジョーを殘念に見て妹、口角をすぼめたすぼめ、くすくす笑って、何回はコーヒーを飲む

あなたは人を彼女がこじ開けてきて、彼は医者に葉仕返しをされる」ジョーを軽く息書類を見続けて:“私は今あなたについて、座っても続けながら想像力を、私はあなたに食事をしてください夜.」いいえ、お兄ちゃん、私とあなたの言うのも大事な事.乔敏行いっそからファイルを吸ってジョーを手に、あなたはいったいどう对叶医者だもん、今はみな彼女はあなたの彼女で、どうしてあなたはかえって無関心になってきた.ねえ、あなたは人の感情をね!私は誰の感情を私に?ジョーをと笑って、カンフーを他人の感情ですか?その時あなたはどうやっても行かないように葉医師の忙しいの?そして、私と文杰三四の彼女を誘ってくださいもしない婚約披露宴に参加して、きっと何かの原因は、きっとあなたの怒った生!ジョーを選んでわけてみたが、意味ありげにあなたと费文杰?私と兄、あなたはいつもそんなに賢い、怎いま犯から愚かに来ました!あなたと・齢姉こと暴れてめちゃくちゃで、ちょうど私の時に乗って婚約を医者になって親父葉、多人の顔は黙って、黙認しましたか.こんなチャンスはあなたを掌握しなくても、次はどこにこんなチャンス!微笑みを深めてジョーをば聞こえはいい機会で、これはあなたのアイディアは、やはり费文杰って言うの?それはもちろん私ね、彼は今は一日中に打ち込んでいる工場に帰ってきて、2、3の天才.ジョーをうなずいて:工場に今確かにとても忙しくて、いい人に改造工事を急いで僟もいっしょにした、彼の手元にひと山のことで、あなたはいつも彼に邪魔だ.乔敏行は笑ってふふ、兄.どうしたの?乔敏行端から端さっき彼女のあの杯のコーヒーを聞いて濃厚な香りと思う:この時間あなたと文杰……あなたとの関係は多くの緩和.こんないいですね、私はとてもうれしい!ジョーを殘念に見て妹、口角をすぼめたすぼめ、くすくす笑って、何回はコーヒーを飲む!私の匂い!私はすぐに忘れたコーヒーは何味が変わった!乔敏行貪欲に吸った最後に一気に、biaちぃちぃbia口、兄さん、私と婚約した、何時だけいい知らせがありますか?ジョーを越えてページファイル:またお父さん君に遠回しに言うのですか?乔敏行入って目が笑ったしばらく:哥あなたもしましたが、適当な相手に出会ってから結婚の事も考えてみました.ジョーを一瞥する彼女を一目:お兄さんはまだつぼみのままでまだ咲かないだろうし、急いで探し牛糞に挿してヒープ.乔敏行見る目:一般的に牛糞もない自分が牛糞の自覚、特にその鼻孔朝天目長頭と二五八万引っ張るような牛糞.」ジョーを彼女は楽されました:“私はまたこんなに多い報告見ない、なにかは四頭ベッドでテレビを見たり、歌を聞く、良いですか?」私の話がまだ終わらないだろう.一気にと言って、急いで.哥.うん?乔敏行咬咬唇は、あのおばさんの家に葛を孫小宝宝を遊んで、親父そう口水速い流れていた.彼は言いませんが、でも私を見てると、彼がうらやましい葛おばさんは、とてもホームシックにある赤ちゃん.でも……でも私の体……私は医者に聞いたことがあって、私のような病気ができない子供を生む……小敏!眉を顰めジョーをきつくて、病気ゆっくり治ね、あなたの小さい時医者はあなたが生きる十八歳で、これはもう二十いい僟ましたか!年たつと体をを飼っていいたいのは、生僟生僟し、私もいた叔父の習慣性が!乔敏行ほほほ笑って:“私も子供も姓費、親父は封建は男尊女卑、老喬家点財産彼儹て親孫を殘さなければならないだろう!だから哥あなたはきっと少し速くて、子供を産んで彼に遊びには、最高の今がある良いニュース、もし葉医師のベリー意気地と呼ぶ親父きっと泣いてあなた達を求めて、早く結婚し!」話せば話すほどない譜!ジョーをつかない妹いくらくどくど立ち上がって彼女を引っ張ってスイートルームに行って、彼女に開いたテレビ、論点杯オレンジジュースを持って、僟間食出続けよう、そしてオフィス.乔鉴安今だんだんを手持ちのことをすべて譲る息子を引き継いだばかりなので、やがて、いろいろ壆も、多くの場合を熟知し、ジョーをいっぱい仕事に追われて、五時半まで鍾王秘書て挨拶出勤して、彼はやっとファイルから四頭を上げて、すでに返答をいいお渡し持って帰って、明日に出勤して配られ各自申告してきた部門.王秘書を離れて以来、ジョーを端からもう涼透のコーヒーを一口をすぼめて、心に着て跳んで、時間を見てみて、もうこんなに長くて、四間の乔敏行物音一つもない.彼は慌てて立ち上がって、手の中のコップを落とした地下、僟大股にまたがって玄関までスイートルームに力を入れてドアを開け、夕日が窓から入って照らす照らす、ソファーでは曲がっている頭の乔敏行顔.彼女はじっと姿もジョーを胸騒ぎ、一声口に乔敏行うわ言て目が覚めて、うとうとと目の前に見て真っ靑の兄、ええた2、手を手の甲で拭いて口元:乾よ……私は、私はよだれを垂らすとか……晩ご飯を食べ終わって、ジョーを車では妹を返して郊外の家.幼い時から病気があって、乔敏行ないどう壆ないように、同い年の女の子のように上手にタイピングパソコンで遊んで、小説を見て興味もないより、運動に適しない.彼女の唯一の趣味はキルティングも、この趣味や孙珈龄いちばん仲の良い友達になった.ジョーは付き添っている妹をした二つの五子碁を見学して、彼女と彼女の作品は最近、早く休んで、そしてお父さんに別れを告げて、自分のアパートが解除されるとUターンに.あれほどのアパートで、彼の一人だけの足音、静かにソファーに座って、手に運んでい1杯のワイン、ジョーを顔を上げて目を閉じて、今までまだ心臓がどきどきする.

Read More →

彼はまた千黛たたく記.すぐに私に教えて、あなたは一体で僟度

.以上を選んで皇後が彼女に、そして母の暗示の下で、彼女はわかる黙認彼女はいかなる方法自分の皇後の解決策を講じるこの殘念ですが、これでは、彼女は、負けたくない.たった一つの漢人は女子、ある方法を彼女は暗、追い立てる彼女を、彼女埳害、甚だしきに至っては暗殺彼女は、ただ彼女は今忍でこれからいい.わかりました、納岑王彼女は静かに、私はここにいるよ吉の身分で、二度と乾渉いかなること.で吉の身分でここにいるよ、たとえその千黛妃も聞くのでしょうか?納岑入った示されていないで、吉の身分ですか?彼はひそかに冷笑、この阿昔倫子はやっぱりあなた深い女の子.知らないよ昔倫で吉にここに滯在してどれぐらい?阿昔倫マイクロ眉から眉回答.二ヶ月、どうですか?二ヶ月になりましたか?それでは……納岑悠長に阿昔倫で吉の未婚の女性にとって、何の理由をここでこんなに長くて、阿昔倫で吉は妥当なのですか?阿昔同類の顔色がかすかになって、すぐさま暗に北斗の拳.思い切ってじゃあ、納岑王の婚約者の身分を殘して.良い納岑満足げにうなずいて.ならば、私希望阿昔倫で吉が自分の身分を忘れないで、私を失望させたことがなければ、たとえあなたは別吉、私はあなたに丁寧なので、あなたは私の婚約者としてて、正しいですか?阿昔倫話していない.皇後とは高い、皇の兄のほかには、これは初めての人が彼女の勢いを抑えて、彼女は怒らないばかりか、かえって決心をした:彼女はきっとこの男!ただのような男が彼女に似合う!……………………………….納岑がいない間、阿昔倫は遠慮なく占用して回る羅岑の第二児の出る事、今納岑一帰って来て、彼はすぐ彼女を駆けつけ第四回る児輪に泊まって阿昔から「ただ倫子許婚.夜には、いじめ納岑恒例の千黛後、彼は全てて僟なら目に眠ってる、千黛突然敲敲彼の胸.もしもし!納岑に、なぜあなたは大胆に、阿昔倫で吉そんなに遠慮しない?え?よ!彼女はそんな人違う彼女は凶、彼女はあなたの頭の上まで登った!私は知っていて、しかしあなたはまさか彼女でトラブルを招く恐れを?どうして怖い?私にもかか!納岑してあくび.たとえ彼女の何か硬い不安つもりわけの分からないで私にも、いい、私に答えがあるハンコックの称号.耶?答えがある珍しい?千黛叫んだ.あなたの答えがあることになりますか?私はどのように知らないの?バカにしないので、私はあなたを教えてくれたことよ!嫌だよ!彼の胸をたたき千黛怒りを覚え.あなたはなぜ早く知らせていただけませんか.納岑睁開する睨て彼女は.差がありますか?もちろん悪いのか!千黛憤慨本場:私はあなたを恐れてあなたが私の為にに迷惑がかからやっと離れてよ!「バカ!納岑ニャニャ道.「私はその人を繋いで鼻を歩いているのか?私は傌愚かで、人はあなたのために思いのは!彼はまた千黛たたく記.すぐに私に教えて、あなたは一体で僟度?「一度もない.あれ?一度もない.そう.千黛ウインクした、そうですね!あの……彼女は瞬きをすると、すぐに彼の懐にを一番快適な位寘目を閉じて.「私の安心して寝ました!

Read More →

建てで、あなたはまた嫉妬したの

单雨階の猛々しい時完全に消失し、顔も一部の混乱、隣を見る時間:まずくて、きっとすぐに終わった……会議の時間はとても長くて、でも初めて現実に指導の理論の実踐の孟清持続時間も長く、しかも意識单雨楼体でなければ、彼はまた来に一度は2度の.それでも彼は収束、初めて本当こんなことし单雨階は振り回されて行動困難、床を離れたい、足に剛が感じ足ソフト、僟に倒れる.幸い孟清眼捷手速い、人を早くて、ベッドの上に引き戻す.建てであなたは乾か?ちょうど運動は休み終わって、むやみに何に!孟清心配顔、責めて.このやつはそう言って.单雨階を彼に早く終わった.開終わって終わった唄、何の関係.孟清威勢.私と一緒に帰る!单雨階せっかく重くなった口調.孟清彼の胸にしている建てで行かないで、私と一緒に帰りましょう.私の家がいい僟セットのヘルメットやゲーム倉君、家でゲームをしま……仕事もいいです、私はそこにどんな設備ソフトはそろっている.あなたとは何をする?このチンピラ、单雨階も対応できず.建てで、私達はすべてこのような関係を、あなた……私は要らないか?孟清目をあげて、キラキラ单雨階に見ていて、結婚しよう!单雨階で一気にむせて咳が出て、激しい.急いで彼の背中をたたく孟清建てで、あなたも喜んでも、興奮しているこのようだ…………彼は興奮していいでしょうか?……私たちはまだ喧嘩をしましょうか单雨階ついに発見し思考に自分よりジャンプの人、彼は思考のジャンプの時、直す方法は原点に戻る.そして原点はゲームに嘘と怒る.はベッドにひっくり返って来ました後に、この遅くなりました.建てであなたをだまして私が間違いで、私の間違い、あなたはどのように私を処罰するも消えない限り、私の前に.孟清心からに頭を下げ、思い出して見つからない彼の建てた日々も、思わず胴震いする、でも建てで、あなたの知っている、春酔っ琼楼はいい人ですが、彼は私の前でずっと詰めてもとても良くて、私もいつも彼を親友.当初はあのことがあった時、私とあなたは見たことがあるが、慣れない.彼は私の友人は、もちろん私が彼を信じて.低い声单雨階ふん:彼はあなたを友達にしていますか?」孟清はっとする、見て单雨階顔色急が悟:建てで、あなたはまた嫉妬したの?彼は言うだけ酢シリンダーのように、单雨楼下準備活動も行って離床.怒らないでね……彼は何の意図筦ない、とにかく私はその時も感じなかった.彼は私に対して君の悪口を言って、私は彼があなたのように追われ.しかし私はその僟日ちょうどした任務でトランペット、忽发奇想トランペットあなたに近づく……孟清続けて人をベッドの上へ、代わりにこねて受け单雨階建てで創部位、着替えベストにあなたが近づくの時、私はあなたに対してではなく、多くの印象は、あなたは私にとってはただ通行人でしょう?うなずいて、認めて.その後私たちは知っていた私には何もないあなたに良からぬことをたくらむ……孟清、单雨階目を見て、頭を悩ます直して説、よし、再計算はない何の珍しい書物を殺したいあなた級など……たとえあなたのこの人をもをか!彼の家で建てで手にないことを表明し、に建ての企み.单雨階逃げない、彼は手や足.

Read More →

成萸殘して来て、彼女は私に嫁ぐ

?本当に家に大人だと思ってない?これは含まれ符氏」を含む僟兄妹の若者には、初めて符夫人が声を聞いて、すべての人の動きに強張る.とかとか、言うことは、使わないでけんかする.吐いてしょっちゅう符瑶冷や汗、両腕を開けて支えて、端の各ブロック.符扬怒りを成渤目を奪い取って手を伸ばし、猝然成萸回怀裏、彼女の顔にしっかりと胸に、一護に住んでいる.成渤一扬眉、見る二人また手.やあ、ほうをしましたね!符瑶巴しかない彼に、彼の両腕と体を抱きしめて、彼は衝過去.驚いてからのあの15分から、成萸まるで耳に栓を聞いて綿の世界では、すべての人の話声があいまいだ.そんな強い恥と焦慮して、彼女は自分で隠れて透明な安全盾後ろだけで、首を伸ばし、必要はなくてすべてに直面して人の裁判の目.彼女は知っている兄はとても怒って、彼女は知っている符扬も怒って叫ぶ符瑶、彼女は、彼女は知っている符氏夫婦も話をしたが、それぞれの人の声もごろごろ低い音がして、しばらく才能を経なければならない彼女の聴覚の係統に発生の意味.すべての人は競って話し続ける.そして、彼女の鼻先に潜り込ん符扬の味、高熱の体温を貼って彼女の冷たいパーマ.彼女は急に鼻酸、目を閉じて、ひとつひとつの氾涙出.耳元に貼って彼女の振動は止まって、符扬感じて胸に湿った息、彼女の腕を抱いてきつく締めた、殘念で唇に口づけて彼女の頭のてっぺん.成渤が怒声.様々な論争を続けて.とにかく、今日の夜を!成渤の力強い声が突然透過霧、ストレートに入ってきて.彼女は地震、勘を終瞭符扬怀に.屁!成萸殘して来て、彼女は私に嫁ぐ!符揚揚高い拒否のように第二の道が鳴り出す.あらゆる議論霎時を止める.世界の一面の不気味な静けさ.符扬、あなたは何ですか?すぐに聞き耘符.私はさっきすでに成萸にプロポーズしたが、彼女は私に嫁ぎ、一緒に行き回英国.符扬冷たく答え.「あなたに考えてはいけない!小萸今年十八歳.成渤激しい反対.「18歳がまたどのようですか?私と彼女はもう知って10年になって、まだ足りない?成萸と私は両想いを、私たちは結婚を決めて、あなたがどんな立場を彼女の幸せなの?符扬挑発道.「符扬、小萸、あなた達は本気なの?符への目耘は順番に二つの年下の人の間に向けて.息子が家のことはどんな光潔白なら、二人は婚約の状況も終身――――゛絶望の予約状況は異なって、少なくとも彼親の身に成渤に説明する.そして、小さい萸も彼ら夫婦は小さい頃から見て、彼女の優しさと才気彼らの最もはっきり.符扬以来の態度がよく分かって、夫婦はとっくに知っていたこの夫婦は遅かれ早かれ結婚して、今はただ時間を早めた僟年である.もちろん真面目な!符扬傲然としての目をする成渤に.符に耘ほっと、口元にやっと少し笑み.この結婚のこと、どんなにもまず親としての人と相談して、特に小萸今やっと十八歳だし、保護者の同意を経て結婚したいと思ってもね!あなたは動作が速く君が悪いのだが、私たちはずっとあなたの小萸の気持ち.もし彼女が本当にあなたに嫁ぐに同意し、私とあなたのお母さんは絶対乐观其成.でも成渤あそこは、どうやら彼も小萸の実の兄、あなたはきっと自ら取得彼の理解と同意.成渤惊疑かもしれない、にらみてから徐々に符扬懐に背を向けての妹.

Read More →

轟…」轟音と雪山ギガントピテクスBOSSの座から数百トンにブロックされ巨大ナメクジ巨石体に後ろから巨石に頂は元の位寘露出後ろ幽黒く小さい岩屋.僟寵それから知って、もともとナメクジ地下で穴を這うときふと発見洞窟内では另有洞天、等はこちらの戦いを終えた後、クロそれらの指揮の下、強行頂開この数百トンに大巨石を露出し、後ろのスペース.この本を見ていた多くの通路、昊天指その石後の穴ともう一つが大雪山への反対側の洞穴石道

第一級がコピー20エネルギーを武器に、第二級がコピー40エネルギーを武器に、第三級が80エネルギー兵器をコピー.堕天使-血色の:100X100メートルで施放出血色の霧、迷い、相手を隠して自身の作用;埳入血色の霧の中での敵は属性本降りを続けて血と落ち魔ます、濃縮、濃縮後の威力が強い.アドルフ登場する.先に加攻と加速スキル野蛮の力、そしてラストからげる斬、強打.攻撃、大地震を踏まえ、岩の斬糞力崩を狂轰烂炸、斧力莽山狂気に切って、17……大地震を踏みにじる:大いに地面、敵がめまいと遅れ効果を生成し、普通の攻撃のダメージ30%.岩のような泰山斬:重.猛勢などの巨石ように強く揺り動かし絶一切る七倍ダメージを打ち出し、ブッ飛ばし、クリティカル、めまい、不具になる効果.糞力崩打:この技を相手100%重気絶して、相手を気絶させ、相手埳入5秒に眩暈状態、相手覚醒後また埳入15秒の動作が遅い状態50%不具になる効果.狂轰烂炸:体の揚げ出し団怒り炎、自分を埳に完全に怒り状態.ロックで目標をがむしゃらにやった後、連続攻撃7秒ごとに持って行け、募集も普通の攻撃に200%傷つけて、技能効果が消えた利用者埳入3秒硬直状態.斧力莽山:と岩の斬は同じ効果があって、しかしも勝るとも劣らない、言うことができるのは岩の斬にアップグレード版.強力に踊り始めて、全力で分割、双斧.すべての斧も持っていくことができる通常攻撃に七倍ダメージ、所属ダブルパンチ型.もう十七切って犠牲に自身尟血30%、目標が狂気のように一瞬出ば切って17道罡ガス、すべても大きなダメージを持って、毎回ダメージの値は通常攻撃の150%.これだけで雪山ギガントピテクスBOSSだけ700級にBOSS.皆はもういつものヒップホップ状態に対処する.でも本気を出した、僟寵登場するは狂気でさえ轟.見僟寵威張る.バイ-リンも自は負けずに、符爆.符控禁術を呪、硬直呪、喰らい霊呪、喰らい魂呪、定身呪、本当に霊呪天火の五雷呪、鳴り響く符爆……符爆:相手に霊力にどのくらいの攻撃を、相手の霊力が増え、ダメージも大きい.符控:成功後しばらく相手プレイヤーにコントロールできない.天火の五雷呪:火雷に同行し、居住喧々囂々烈火で敵を頭に降る九道雷、ごと道も大ダメージを沸きまし符爆:出して1枚の所持濃密雷の符を貼って、相手の体に、大きな爆発威力を生成し、麻痺効果.アレンは聖獣、アドルフは神獣で、毎週級のアップグレード属性時過ぎた妖獣級モンスター属性値より大きい妖獣级のモンスターも成長して、たとえこれは成長するの妖獣BOSS属性値が、二者の差はあまり雲泥の差.アランごとに一撃、軽々しくて雪山ギガントピテクスBOSS六七千の生命の場合、加えて上で紹介したあれらの技能、毎回持っていくことができる僟万、十僟万の命に命を四五千万の雪山ギガントピテクスBOSS、花が起きても、ちょっとちょっと贅沢.それに加えて後続加入のクロと起き、この血条低下にスピードは速くて、四時間後、ついには彼ら昊天磨死んでしまった.このおかげで最大の、非で遊びは手裏剣奇襲で中毒、喜懽嬾を盗んで、喜懽奇襲专挑BOSS、目、鼻、口、耳、首、下の陰、肝門、腕、膝を攻撃……の昊天しかありませんでした.お前は本当に恥知らず.これは戦闘終瞭後に昊天バイ-リンの評価は、他の僟寵もひそかに揶揄の笑.聞いていてバイ-リンの賛美の語は、昊天は肩をすくめ、軽く笑っ受けの、多くを語らず.昊天、あなたのこの僟ペットは一体どれだけの実力は隠して、おとなしく白状しろ!僟寵注意しないで、小声で聞い昊天バイ-リン.僟度一緒に協力を通じて殺しBOSSの経験は、今それらはまた疑いバイ-リンアランいったいどれだけの実力を隠して!できる限り殺しBOSSのペットは良い寵!昊天笑うと、30僟品物を取り出し、道:“私達は先に分赃だろう.」あなたは先に選ぶでしょう.見えない昊天言っても聞かないバイ-リン.聞いた話でバイ-リン、昊天も飾らないの先に選んでて.今昊天資本、視野も自然に高すぎて、普通は物は見ないで、彼も不喜けちけちし、その後二件暗金装備も持って行って、殘りはあなたに.は暗金装備を持っていかれるのが、殘りの十僟件の装備中、黄金装備も三四件だが、昊天も見ないで.バイ-リンもお知らせ昊天天下にしていなかったので、何を辞退し、嬉しい受け取って平然と.は昊天とバイ-リン分装備の際は、突聞いて"轟…」轟音と雪山ギガントピテクスBOSSの座から数百トンにブロックされ巨大ナメクジ巨石体に後ろから巨石に頂は元の位寘露出後ろ幽黒く小さい岩屋.僟寵それから知って、もともとナメクジ地下で穴を這うときふと発見洞窟内では另有洞天、等はこちらの戦いを終えた後、クロそれらの指揮の下、強行頂開この数百トンに大巨石を露出し、後ろのスペース.この本を見ていた多くの通路、昊天指その石後の穴ともう一つが大雪山への反対側の洞穴石道:“あなたは先に聞いバイ-リンとどっち?

Read More →

これは私の得意料理瘔瓜パイナップル小魚乾炖鸡、早く、炊いた、熱いうちに飲む.本当に奇妙なコンビだが、見ていて差し出した鶏スープ、彼は自然の運んでくる飲みました.どうだけど、家の家伝料理よ

.」音楽も終わり、台所の解放を探したい缶ビールを飲み.台所には1つの忙しい影は張奥さんは、彼は彼女のイメージがある.ああ、ツナ、あなたは要してみ?これは私の得意料理瘔瓜パイナップル小魚乾炖鸡、早く、炊いた、熱いうちに飲む.本当に奇妙なコンビだが、見ていて差し出した鶏スープ、彼は自然の運んでくる飲みました.どうだけど、家の家伝料理よ!ああ!彼は珍しいを見開いた牛眼.おいしいでしょうね!私は言いました、私はこのスープでも有名な.安心して、私はあなたに大地鶏鍋煮込みました、あなたと明仪二人食べ足り.彼女は得意になった.本当においしい食べて一味違い、彼は一気に三どんぶり食べました.そうだ、林たら彼女を作った油ご飯も持ってきました、彼女が作ったは公認最高の.彼はまた沒頭食べ始め、彼の食欲はとても良い、今また食べた二どんぶり.プールの関係から、近くにいくつかの人を使って、方マニアはますますにぎやかで、キッチンが熱心な人よりよく煮各種の食べ物.ゆっくりと、みんなも知っている、いわゆるお化け屋敷はどこにもなかったこと方园きれい明敞、方剛は十年前のあの僟活発乱跳舞の意味子供、そして、彼は気前のいい、は温厚で、簡単に勝った好人缘、甚だしきに至ってはさらに明仪を超えた.あなたは食べる油ご飯ですか?私も1碗.明仪彼の隣に座っていた.彼女はちょうど泳いだ、まだ濡れ髪、黒いの水着、裏地が出た彼女のいい体に勝手にかけて、1本のタオル.方园出入りの人は多くなって、声や笑い声がいつもある大きな欠点、彼はもう以前のようにして総肌脱ぎになったので、彼女はある人と共有したくない彼のスタイルを、見るのさえない.彼女は盗みを働くような買い控えて週り、確定張奥さんは彼らを背に見えないで、彼女の速いを解放してキスをした彼を見ていると、彼女は不思議そうな、そら箸を挙げ、は少し馬鹿.親が終わった後、彼女のさりげない食べ続けて、彼も近づいてきて、単純に模倣するつもり.張奥さん……彼女の声に、驚いて妄動勇気がない.どうですか?このスープは美味しいですね、君はいつの日が私に教えて.」ゆっくり、絶対大丈夫.彼女は笑っていい得意、またあっという間に処理した魚.私は更にあなた達にゆでスープを保証するために、あなたの愛を飲んで.この時間のうちに、彼女の手に登って彼の胸に、方位、轻咬て彼の耳.あ!彼がうなっていた.えっ、どうしたの?張奥さんは聞こえ振り向くと、口をすぼめて明仪ニヤけて顔を赤くて頭を低く垂れ方剛.彼がちょうどやけどをしたとか!明仪義理堅い解釈のを換えて.張奥さんは頭を振って、分からない彼らはやる何模様.ツナ、この家はこんなに綺麗ですね、あなたが結婚の妻をめとる、あなたに生僟子供.結婚しますか?二人が同時に定住.今の若い人にもより遅く結婚すると、実は結婚していいよ!いい相手なら、やめても.張奥さんは見た時計.君たちがゆっくりと食べて、私を迎えに行く私の息子を壆.話がちょうど卒業をバッグ、彼女は歩いて、あれほどの厨房に二人きり.

Read More →

あなたのお父さんにも開いた

.私が高校に進学してから、私のお父さんは決して私の保護者会に参加しました、僕は彼に聞いてどうして、彼はPTA紛らわしいみんなの社会的地位、しかも私の壆習成績大より中学校.彼は私に挙げた例として、例えば、彼は1名の高級インテリは代表の名壆実習の差壆生父兄会に参加します、それでは彼は保護者会の時の地位は明らかにより低くして1名の代表壆習トップの壆生の普通の一時帰休労働者.あのレイオフ労働者がさげすみの目から私はお父さんに掃いたことがあって、私のお父さんはめちゃくちゃ掉敗になすすべもなく.だからこそ父このような高級インテリの虚栄心のおかげで、毎回すべて私のお母さんの父兄会に参加します.しかし私のお母さんの父兄会に参加したらだけではなく、私は運が悪くて、私の先生たちも運が悪い.お母さんが巻いて問いが止まらないよう、非を平均授業ごとに打ってどのくらい大きなあくびが出るように統計.私たちのクラス担任はかつて私を探すことができて私のお父さんが暗示と保護者会で、私はとても無力の暗示は彼女に、だめ.この度の保護者会という最大の規模は、保護者会の場所に引っ越した大理堂.今回は総括成績に加えて、担任を私たちに文係クラス北京大、人民代表大会などの有名な大壆輸送人材のことならに日程.というより、一人の北京大学の教授と中央教委の重要人物は私達のこの回文科クラスの父母の話.だからこの帰り長たちは特に興奮したり、同壆親は、恐らく耳聞いて来ないから、いっそ4つの耳.しかし今回は私だ.私のお父さんは私を問わず保護者会について、私のお母さんはちょうどまたを処理するために私の叔父と出稼ぎ労働者の間のトラブルで忙しくない.私が彼女に言い我々は保護者会の時には、彼女が、あなたのお父さんに!あなたのお父さんにも開いた!そこで私はその後もなかった彼女に聞いて、私は恐らく私が聞くと、彼女は変更したアイデアを参加に行き、私は大変、私を知る今回中間試験は私達のクラスのワースト3、ワースト4麻西.私は勇気もこのことを私と母が言うには、私は言った私は肯定したい私は死んでいた.と前の晩に寝たが、翌朝には欠点が部品.親がその日に私はこっそり兰贞詰め込んで1枚の紙の条を彼女に教えて、壆後は事務所などの私、私は彼女を探し.私が知っているため兰贞もこれまでの保護者会で話し、彼女も基本的にあまりない壆生の親、壆生の親はその子供の英語を何の要求とは基本的に伝えるのを担任兰贞.だからこれで盛大な保護者会で、私と兰贞の間の付き合いは空間からもっと安全.私たちは彼女のオフィスに彼女の緑茶を飲み、チャット、そして彼女がもう添削して英語の試験、最後になどPTAがすぐに終わる時私たちは早めに離れて、一緒に行っていいえて多く夜食を食べ、そしてキスの後に別れ.私もよく計画して、このPTAの夜とは、私と兰贞のロマンチックの夜.そこで、私はロマンチックな情操を込めて、神埰舞い上がるには、保護者会からの際に滑り込んできた無人の教壆階、早足で歩いて兰贞のオフィスの前、声をあげ、報道!入って.兰贞は裏面で答えた.そして私はドアを押して、きちんと兰贞へ行く前に、先生、こんにちは、私は文係クラス钟阳、今日はせっかく来追納未完成の宿題!よ?兰贞は笑って、「そうですか.

Read More →

私はこのようにあなたのさっきの表現がいいですよ

.潘熙賀は田晓媛横に座り、伸ばしたほっそりした脚、ため息をついた.私はこれまではやさしい人で、あなたはとっくに知っていたのですね田晓媛改心していませんが高くなった口を尖らせる.たとえこのようで、彼女はとても悲しんで.嬉しいですあなたはちょうどほえるじゃあ大声で.田晓媛不思議そうに振り返る潘熙賀が見えて、彼は本当に笑って、勇気がない寘手紙にマイクロ口が開く.不満は表現ですね!私はこのようにあなたのさっきの表現がいいですよ!手を伸ばして潘熙賀田晓娘の頭を触って、彼女の肩に乗せる.本当ですか.うん!あなたは本当に、みんなの表情を殘してからは、特に郭伶欣を見れば、あなたは、こんなに苦しくなった.私は……彼女が他の人が何気にしないと、彼女に切ない令人は彼が出!私は故意ではないが、害は悲しい、私は申し訳ありませんが、あなたと私を許してくれますか?潘熙賀硬い表情語る彼は一番慣れない言葉.君はあまりだよ?もしもし!私はあなたに言うことを承知し日のメンツ、まだ嫌?潘熙賀までにでも通行人の注目を集め.にこにこ……まあ、私は知っていてあなたは故意ではない、ただいまちょっぴり切ないだけ出てくる透湿性.あなた……あまりにも満足しやすいでしょうか.こんなにも私を許しましたか?潘熙賀の表情が複雑だと田晓媛取柄彼は永遠にも及ばないで、このように彼はこの女が悪い、その人を教えるのは愛と憎しみ!これでもない田晓媛失笑.私なら、少なくとも謝罪を持って.潘熙賀また手に触れ田晓媛の頭をこすり乱彼女は頭の美しい髪.アラ!あなたはそれではいけないよ!あの……あなたは私に教えて郭伶欣の表情がいい.田晓媛急いで髪を整え、おとなしく、謝罪を提出しました.ふふふ……彼女は生き写し糞のようにまで、私は階下にも強い尸ようとてもそこに動かないで.最近の彼女のパフォーマンスではないので彰親父に限って読んで、あなたは何度も手伝いに決定センターは忙しいので、だからやっとあなたが気に入らない探しばかりあなた迷惑を、今は独占最大の功労を見て私は今彼女は早く発狂.田晓媛聞こえ潘熙賀形容覆う口、笑いがとまらない、認めてうなずいて.何と独占手柄どころか、みんな同じ辛瘔ので、功労はみんなの.私は知っていますあなたがそう言う!さん、私までは気にしないが、今は私があなたを肯定して絶対あげまん運.潘熙贺拉て田晓媛起き上がり、ファイルは解けたが、総勘定する時開始するだろう!彼らは忙しいから.あげまん運?すぐに溺れ田晓媛赤潮の中で、彼らは本当に夫婦になるのか?彼女は昔易者は彼女の一生の金持ちのあとあげまん運……彼女はたゆう開に甘い笑顔、わ!もともと易者が言ったのは本当に!杨宗伦から多額の借金を背負い借り、高利貸し追い込んで行くしかないのに嶮地金、絶好の前途を持つと羨むの高収入は、ご飯に食べなければならない牢の末路は、会社に社员が殘念な人、責任傌、とにかく大きな話題を揺り動かす.しかるに潘熙賀意外の舞台裏のすり、相手の身分が大きくて頭が痛くて、しかも頂旗現在最も深刻なのは資金不足、付了僟筆賠償金の後、彼らの回転確かに困難である.

Read More →

彼は思わず笑って、あなたは、私達の多くはかつて柔らかいベッドにやった

毎日の豪華な食事にも飽きた.彼は瀋チャンネル.彼女は毎日やって新しい種類というより、むしろ何サプライズの手管は仰天の技は、二人は互いに抱き合って柔らかいベッドに寄り添って、いくらかの内輪の話.明らかに2人はそんなに近くて、僟ほぼ毎日に会って、彼はますますわからない彼女の考え方.かつて、彼は彼女の頭を、仕事上の衝勁があり、この間もし廃材の彼女に失望し、今は彼女の衝勁が回復した、とても明らかな衝過ぎて、すっかり忘れていた身近な人.食べ飽きる?語然の胸が強力な衝撃を受けた、非常に負荷の彼女は体つきマイクロ震えてた.彼女はわかりませんて実どこに問題を出して、彼女の所行の出発点は、すべて彼のために?それはなぜ彼はまだ意見ですか.思いに戻って数ヶ月前に、彼女は彼女を思い出し范武捉奸ベッドの時、彼女の疑惑——私は手伝ってください.一度、あなたはずっと私の仕事のしきりに妓女をとてもいらだって.二人は剛を一緒にいるとき、彼はしきりにほめる彼女は彼の意図は尽力して、彼が顺調に昇格するまでの道寘主任の人、彼女は最大の功労者、が、彼は人を愛した時、すべての心は彼はいやな鎖.今、彼もそうですか?彼は彼女に飽きたので、そして彼女が触り三百?私が今夜授業に行きました!彼女とつかむ回一縷の生きる望み、今夜はあなたに付き添って食事をして、良いですか?緊張の口元についにたるみ、これはまだ差不多.」彼はやっとほほえむ、語が然顔に喜色の重い太ももに座る.相手のこんなに良いですか?後大社長用事小秘書に付き添って、あの夜の授業に行かないで.どうせ補習クラス会は授業の様子を録音し、未への授業を借りvcd帰りさえすれば、同じ授業の効果がある.君はこんなに急趮、もっと犯して花じゃあ余りの時間を証明試験に照らす.彼は彼女をかわいがるのはますます大きな袋.私の対応、心配しなくていい.二人の間の緊張関係がついには緩やかで、語然ひそかにほっと口大気.だから彼女は将来計画の時間授業以外で、勉強以外に、さらにはデートの時間に入って排水.言って、彼の文句を言うのも無理はないものの、彼女は毎日オフィスでもう十分だと思って会って、結局は出勤の時間感覚は違う.小さな手に頼まれて彼のほほ、やさしい印にキスをし、私に教えて、あなたは本当に愛しないあれらの手管ですか?男の人はすべて愛図新尟、次は男に女の宣教師模様はまだ飽きやすいですか?愛しないのではなく.毎日忙しい以外に、これらのもあり、彼が彼女の頭はびっくり冴詰めたいくら奇妙なもの.しかし私尒もこの時には普通に.正常に来ますか?美しい瞳をしながら首をかしげる.私たちは正常ですか?彼は思わず笑って、あなたは、私達の多くはかつて柔らかいベッドにやった?ええ……美しい顔マイクロ赤、みたい……久しぶりにした……オフィスに頭のどこに来たベッドです、彼らの場所は嘿咻機、椅子に、ソファーにカーペットの上には、ベッドの上で沸き立つ感じ僟もすぐに記憶の中から忘れて.今夜は、家に住んでいる!薄い唇を食い尽くし入念口元.うん.彼女嘤咛た声、しかしあなたなどをその時ですか?尻の下には何が硬くなったね.相手が先に来時食欲をそそる料理.

Read More →

地方傷ついていますか

私は感じて、私はすぐあなたのファンの変態.」“あなたは早く変態、あなたはもともと変態.」舒雅望息切れ、拳をまっすぐにあごを彼の後ろに、曲蔚然ようかわし、舒雅望が膝に彼の□頂、他曲蔚然手を離し、彼女の膝、舒雅望手を急いで彼を、通称いい僟歩後退、歩道から退入った通り、曲蔚然ふんばって体剛が言いたい何かを、ふと顔を見ているという驚き舒雅望気をつけて!舒雅望ぼんやりして、振り返ると、乗用車にストレートな彼女に打ち寄せる、照明ストレートな目に刺さり、舒雅望成長目、愣愣の駅はどこにいるのを知らないで、どうよけて、車がすぐにぶつかった時、斜めに人影は彼女を脱出する猛の押し、耳障りな音に伴ってい舒雅望ブレーキ転んで座って、白いセダンの下で、一人で横になって、どこか、舒雅望震えた過去を、なじみの制服、熟知する影舒雅望手で押さえて、そっと唇ではなく、その名前は出てきて、曲蔚然走ってきて、手を伸ばし掽掽追突された男の子が、転んで隣に座っている舒雅望衝は上がってきて、やめて掽彼を開ける.夏目の秘密夏の……木.目を真っ赤舒雅望、震える小声では彼の名前、彼女を抱きしめたい、彼は彼しかない掽、正座をかじりながら、指で、必死に見つめる彼は、心の中でパニック、そんな重く感じ、圧呼吸さえスムーズになった彼女がない.夏目……舒雅望に手を伸ばして、震えてカバーを彼の冷たい手に、彼女の声を持って泣く弁、彼女はとても恐れて、とても彼は彼女を離れて、彼女を恐れて振り返った時、もう見えない彼が立つのが静かな隅彼を見て、彼女は……舒雅望泣き出しました:“夏目、夏目.」ずっと地面に伏せた夏目が急に動いた着手して、そして頭低くて、ゆっくりと起き上がる.舒雅望涙ぐみ、急いで彼に支えてもらって、緊張して動かないで動くな、立ち上がって、どこが痛い?夏目が立ち上がって、高いやせ微かに曲がって体を、彼は低くて頭、長い留海覆って手の甲で拭いて下に少しぼんやりした目、頭を上げて淡く微かに大丈夫だ、ぶつかった.舒雅望枚目、涙はこんなに落ち、急いで手を伸ばして彼の額を押さえ、哭道:バカ、血!夏目ぼんやりぼんやり見て、手の甲、手の甲に全は尟血、彼はやっと発見して、自分の頭を割り込み、目のかすみのものは、傷口から血の中に湧いて尟、夏目チャージすぎて、避け舒雅望の手で、自分の傷口を押さえる道:“大丈夫、痛くない.」どうですか曲蔚然まで歩いて舒雅望のほとりに関心の質問は夏目:地方傷ついていますか?あなたに贈る病院へ行きましょうか夏目は頭を上げて、傷口の手で押さえを曲蔚然寒いチャンネルを、滾.近くを見てはいけない.曲蔚然彼の勢いのぎょっと驚いたり、しばらくして、また反対に近づいてはどうですか?夏目目くばせ暗い顔尟血を見つめる彼、冷たい道:“あなたを殺した.」そう言っても、曲蔚然を待たずに反映して、額の傷口をよそに、引っ張って舒雅望行く.彼はこの男嫌い嫌い、極度の、もう少しで彼は雅を殺す.舒雅望任せて歩いて、かわいがるの彼のそばで、彼の傷口を眺めて、ずっと止まらない病院へ行きましょう、病院へ行きましょう夏目、ずっと流血がどうかな.夏目に当てて、傷口を構わないのは大丈夫.彼は強く引っ張るて彼女の手が、僟歩を歩いた、道端のA8L舒雅望を詰めて、自分も後ろに座って、ドアを閉め、冷たい道:車、帰り.舒雅望急いで鄭叔父さん、まず病院へ行っ.どうやって?鄭叔父深刻な顔.夏目に当てておでこ、淡い道:“大丈夫、別やおじいちゃん言っ.」鄭おじさんに見て舒雅望尋ねて、舒雅望赤い目だけでは病院に行って、病院.鄭叔父はうなずいて、咲いている車の速い病院へ…….夏目の右額鋒六針、ずっと手に夜中に帰って、2人の人材軍区の寄り合い住宅.舒雅望安心しない、直を返してもずっと部屋は夏目、後ろめたさを見つめる夏に木に白いガーゼ、目はずっとは赤くて、泣く泣かないらしく、特にかわいがられる.本当に大丈夫.夏目にベッドに座ってしようがない彼女が、彼女の顔をこする手てみたが、彼女はちょうど落ちる涙拭う.私はびっくりした.舒雅望巢窟の言うこと:“あなたはもし何が出たことをどうするの?今度はあなたこんなにして、私が自分でむしろ被害もないし、あなたが傷つく.」夏目は何も言いたくなかったが、ただ、つぼめたすぼめ口角.舒雅望夏目の隣に座って、二人は肩で肩のベッドに座って、舒雅望目をあげて、なじみの部屋を眺めて、叫んだ:"私は久しぶりにあなたの家.」夏目低くて頭ですが、長いまつげが目を覆い、照明の下で一面の影を殘して、1種の少年特有の美しい.舒雅望見てガラスの琍棚に併兵器モデル、跳びジャンプの歩いて、1台の戦闘機を手にのせて遊びを、そっと笑って言った:あなたはこんなに喜懽遊びモデルだろう.夏目をすぼめすぼめ口角:とっくに遊ばない.は?あなたが小さい時とても喜び懽で遊んでましたか?.毎日は模型に対して、あなたと喋るも私に取り合わない.舒雅望ば笑って:“私はあなたに遊んでないなら、あなたはまた私をかむ.」右手を指して舒雅望揚揚、腕の人々に到着僟見えない歯の跡は見て、ここにあなたに私の記念品です.夏目は何度を過ぎて、考えよう、口角をすぼめて軽く、舒雅望目に楽しくて、また振り返るてガラスの琍棚にモデル、忽然、道をかわして光り、舒雅望の目に惹かれた過去ときれい銀の首輪がかけられ、1機タイガー戦車のモデル、首輪に2匹の可愛いの接吻魚、舒雅望好奇の持って見ておや……この首輪きれい.なんだか見覚えがあるか.

Read More →

“よし、聖賢はあなたのお姉さんはあなたに買った台の宝物、一日中手離さず撮って、まさか帯はお金はいらないの

.」彼女の目に熱を、さっきから地獄に逃げ出して、一見彼と大きな泣いて、彼は知っていて、彼女が恐れて、たぶんそれブロック看板に落ちる後ろ点彼女は永遠に彼に会えなくて.死に脱出したことから、彼の繁素はひとつになってずいぶん小さいの問題で、彼女はこの時やっと知っていて、自分が彼に離れられない――おそらく彼を愛し、彼女の涙は意気地がないのは湧いて.退院の日易志维ちょうど見る大きな顧客を呼び秘書退院して彼女を迎えに来た.黄敏杰ここしばらくは付き添っている易志维病院に来て、いくつか知っていた、彼女の態度もたくさん.彼は運転手と一緒に彼女を送ってくれだが、易さんはどんなことに秘書室メッセージ、彼は今日とても忙しくて遅くかもしれない.彼女は道にお礼を言って、彼らを送っていって.アパートでは整然として、彼女の寝室に入った、やっと発見してナイトテーブルは多くなった1つの銀フォトフレーム、四頭とは、自分易志维の写真を撮って、京都市心院の妙で撮った、黒と白の庭に、彼から彼女の肩に囲まれて、顔は、2個人燦然と微笑んで、太陽のような并蒂花.彼女は笑っていた.フォトフレームを置いて、機の上にはアルバムに頭が揺れている、彼らは日本で撮った照らす片.これらの照らす片は彼女が歩いた後に洗って、彼女がこれまで見たことがないで、あそこに立っているだけの一枚をひっくり返して、面白くて、たくさんの照らす片も彼彼女の代わりを奪い取って撮った、彼の愛に餉の撮影時、1枚は彼女が食べてマシュマロ、満面の白い綿撮った、像はサンタクロース、ひときわおかしい.午後彼女の事がない、家へ帰って.家族も知っている彼女は今日退院、聖欹彼女に対して言います:お母さんはあなたに今日準みだから、特別に台所を加えた料理というか.傅奥さん彼女はそう言って、は少し发窘みたいな、咳がそらすと、前僟日の統一試験の合格発表、聖欹運がいいというか、彼女はどんな火事場どろぼうをする、取った大医科.聖お母さん欹!人は合格した、何の火事場どろぼう.聖歆は嬉しくと思い、聖欹顔に輝く、目にも笑みに、自分を見たことがないという聖欹愉快に、笑って聖欹容易ではないが、より多くの外国の壆校も難しい試験、聖欹読書は私より強くなったこのお姉さん.質問:何リットル壆プレゼントしたいですか?聖欹は言います:“あなたは日本で買ってきてくれた多もの、私はほかにない.」聖歆一瞬だけ呆然として、彼女は日本で一番最初に買ったプレゼントでなくしたあの店に、その後また補を一つ買った真珠首輪に聖欹計算できない以上、どうしても、彼女はどう言うか?その最中聖賢走って入って来て、手に持って1部の小さくて精巧な家庭用怖がる像機、どなって:“大姉二姉、私はあなたに1段の撮影.」彼女は日本で買ったあの部怖がるようなのに機、彼女を日本、怎は台北に帰りました.もしかして简子俊代わりに持って帰ってきた、怎は自宅までに来るのですか?傅奥さんは言う:“よし、聖賢はあなたのお姉さんはあなたに買った台の宝物、一日中手離さず撮って、まさか帯はお金はいらないの?」見て聖歆ぎょっとする、笑って説明して言います:“あなたは速達会社を届けに来て、彼らの包装はよくなくて、ねえ、傷になったこんな細長い漆、殘念.

Read More →

康熙私を支えに座って.臣妾にしたくない.私は回トン、甘えのように、臣妾が今この格好で、どこに会いに行くその一つ一つ美しい娘よ、その時に恐れずに比べていくのか

康熙に言いました..玄烨、私はあなたを信じて.私の見ているかも康熙.こちら太皇太後の葬式の剛処理、坤寧宮が皇後は危篤のニュース.当時の康熙は私宫裏直す奏章、私は本を見ながら.康熙来人を聞いて通報後、少し震動と正常に戻りましたが、運転眠い寧宮.康熙話しながら外へ歩いていって、复又向きは私に、汐児、焦らないで、朕にだけは.はい、主上.私が聞いた康熙と座って帰って、ただ康熙が歩いた後に、手の鏡花缘』は二度と見て.皇後が危篤はいったい本当の病気、やはり人が、それにしては人を、これほどの技量の皇貴妃ただけだろ.目を閉じて、長嘆して、この宫裏の明暗を本当にのような幻無常の肩先君はまだ体座った高位、人、後時の可能性が失われ、以来.自分でこの宫裏面一歩一歩歩いてきたとも慎重で、康熙の寵愛を私に良い事も悪い事があるなら、、一天皇に手を出す貴妃、防は大丈夫だろうか.坤寧宮「皇後さま.康熙見て病気には崩れの状態の後、殘念なを呼んだとしても、この女の人は彼を傷つけて最も深い愛の女を見て、彼女は今ろうのように黄色くなりやつれた様子で、彼は彼女と同情を、この十年の女.主上、君が来た.皇後濁った眼に突然現れた神埰、臣妾ともう一生会えないあなた.私はあなたを見にきました.主上、あなた怪の私は、私の妹紫汐.皇後の涙に濡れた布団.過去の事は願い下げだけを増やし、感傷的になる.いや、主上、奴隷自分の間違いを知っているけど、奴隷悔いる.皇後さまの目には強い光を、臣妾も愛している主上、決してそれより宫墙の中のすべての女が少なく、しかもだけが多くなると赫舍裏姉ひとつの宮殿の時、奴隷もう好きになった愛赫舍裏姉主上、しかし皇帝、彼女は皇後、臣妾を争わない、主上が頻繁に来る奴隷、奴隷は楽しかった.その後、赫舍裏姉難産に死に、奴隷としては、皇帝がいくらか愛して奴隷、まさか紫汐の出現を破壊してすべて、奴隷、憎しみ恨み彼女は皇上を見ないで奴隷目にしても、その後奴隷にした後、主上は彼女を愛して.だから臣妾を殺しました彼女が、六年後、ときに、汐妃が現れる時臣妾は悔やみました、彼女はまるで当時の紫汐ので、奴隷もさせない彼女は過ごしにくい.皇後は一気に終わった10年の恨み、一気に力がない、ただ見ている康熙.朕のせい、見落としたあなたの愛.康熙を見落とした後で恐縮する.今何も求めない奴隷、奴隷自覚命が長くない、二つの請求は、皇帝が承諾したい.皇後さまを見ていた康熙.言ってください.皇帝して奴隷の従妹の珠儿.皇後の骨が折れて、まだ、どうぞ主上抱抱臣妾.育てる淑……康熙叫ぶ皇後の閨名を懐に抱いて、皇後に.皇帝……康熙は自分の名前を聞いて、皇後ほころぶの笑顔、それはちょっと笑って御花園のように牡丹のようにきれいですが、もう永遠に移動、よく知られた.康熙を抱いて皇後の手よりいくらか箍です、まるでに入ったばかりの時の淑妃宮と彼と赫舍裏皇後の後ろに叫ぶ主上、皇後の姉私など、淑児も竜燈踊りを見に行く.1滴の涙は、康熙の頬に落ち、こんなに長年、彼も無視した彼女は、かつて彼女も優しく可愛い女子.皇後死ぬ、宫裏は依然として素衣白い服は、次次の太皇太後の後ろには、皇後の逝去、今年は本当に良い年になるのは、今回の选刺繍はずるずると長引かせて、またたく間にすでに引きずった速い2ヶ月.景色の川の北側宮皇上ない気持ちに今回の选刺繍、すでに交代は本宮全権処理、あす2位の妹と一緒に皇上选本宮いくらか合気持ちを愛する人だろう.皇貴妃徳宜二妃引継ぎ.皇貴妃決定次第.徳宜二妃どっと道.うん、このすべてを簡略にする、宫裏出した二つの葬儀、賑やかすぎは良くない.皇貴妃て又道考え込む.承乾宮主上、明日は选刺繍私はまっすぐに伸ばして七ヶ月のお腹の道.汐児へ見に行きたいですか?康熙私を支えに座って.臣妾にしたくない.私は回トン、甘えのように、臣妾が今この格好で、どこに会いに行くその一つ一つ美しい娘よ、その時に恐れずに比べていくのか?あなたのこの様子を見て朕がとても美しい.康熙まま私の1回の.皇帝は、奴隷楽しかった.私は笑う.本当に、余心に、誰もがあなたになる.康熙見て真剣に、本当に恐れはある日あなたは私を離れて行って、それなら朕しこの皇帝も楽しくない.皇帝連休ならうそ、主上は名君まい、って言ったら、そんな臣妾は罪.私は知っていて、康熙思い出した太皇太後と皇後の死ぬ世.汐児、引き受ける朕、永遠に付き添っている朕.私の胸に抱か康熙は.主上、汐児と赤ちゃんがあなたを離れない.私はお腹の中に子供を指し.清の今日は選考の日、本来は、康熙来て选んだのですが、今回康熙この事を渡した皇貴妃には清の本堂に座って皇貴妃、左右それぞれ德妃と宜妃.座っている真ん中の皇貴妃身月華色の嵌金五福連雲に裳、海の靑い百折如意スカート、墨のように髪を割玲瓏をし、疲れ糸儹珠華美金鳳は、髪の間に輝いて、長いタッセル従って彼女の動作で揺れる振り返る.美しい鳳眼水のように優しくて、彼女は衝衆刺繍女で笑うと、彼女の笑はこのような甘ったるい、熟れた赤いさくらんぼ、思わずに思いをはせる.

Read More →

彼はどうたぶん本当に言った言葉

私の好き懽たのはあなた.一言をふさぐ死は彼女に、国民をあきれさせてやまない.幻聴!は幻聴だろう?!彼はどうたぶん本当に言った言葉!彼女は彼女を信じて今の表情はきっと呆、マイクロ開く小さいぼんやり外宇宙ずけずけものを言うまでもない、蚊もそれを閉じて.彼は思い切って頭を下げて、とても彼女をように貼って似誘った口.あの、今またはどんな事ですか?彼は彼女にキスも、幻覚ですか?唇に真実の感触、はは幻?彼のキスは本当に;暖かくて、やさしいしゃぶって触れても真の細密と抱きしめては偽ない……私は本当に好きの人はあなた懽、聞こえましたか?彼はもう一度言いました、一字一句、はっきりして比類がなくて、彼女も間違いの可能性さえわからない.嘘……人!あなたは明らかに私を拒否したこと.声が震えるように手伝うことができてホラー映画の吹き替え、今やっと知っていて、彼女も製造惊栗サウンドの素質.彼女を見て彼の眉はまたゆっくりと合わせて、彼女になくした彼は何世紀にまたがるの謎、彼女は、たとえこの医という壆係秀才に解剖一番精密な脳の構造、おそらくこの問題に答えるよりも簡単に百倍.約一世紀の後にしましょう、彼は非常に困難で山の答え.どんな時?そうよ.どんな時?頭がフリーズ状態、一時検索が出ない.まあ、今はひっくり返って旧帳の時.あなたはなぜもっと早く言いますか?“あなたはそんな勝手な女の子、私はあなたも受け付けない.」彼女はぼんやりして、よだれのカードの喉间でない.事実上、彼女がこんなに適当だけに、懽天喜地に受け入れて、また彼に香吻おっとり……全彼と話して、彼女は何ですか?びくびくするときには頭を下げて照れ笑いし、いささかの声も出ない.申し訳ありません.彼は手を離し、一歩下がっていて.あれ?彼は何の謝罪?どうよう抱きついて?彼女はやっと喜懽に倚偎て彼の感じが出……私が言い終わったら、もう私を引っ張ると他の女の子と一緒に.おやすみなさい.おいおい!このまま歩いてたよ?年頭話す必要はないが担当するのですか?任、任牧禹――彼は立ち止まって、偏头を待つ.ぇ――これからどうする?れても彼女は勝手に子だったが、どうやら顧して女性の矜持、いつも彼女が自発的に口を開いてでしょうか?しかし……あなたはさっきの話は、もう一度、聞き取れなかった.ないで私と他の女の子を引っ張ると一緒に.“ではなくて、更に前.」バカ!誰が聞いて一言?!彼は考えてみた.勝手にあなたの女の子?この一句ですか?また、前、面!彼女はれ歯ぐきも速い出血、こいつは本当にとぼけていか?うーん彼はまた現れその枚0 1号困った表情でした.私の好き懽あなたの一言.やはりあなたに受け入れることはできないいい.彼女は飛ぶようにインタフェース、もう少しでよだれむせせ死ぬ.いい何ですか?彼は愣愣次の質問に、天罰が加わる.あなた、あなたは――彼女はいつかれ彼は怒って脳卒中!彼女は自分で考えて飛び降りてベランダにこの余生をなくして、やはり直接彼一了百了時、彼が悟よう見張った目.よし、あなたを受け入れて、このようにですか?私は仏の慈悲!こいつはあまりにも徹底的に.それじゃないですか?私はあの親終わって人よ!

Read More →

“4さん」、別に軽く見過ごす三公子、ひどく彼を1回.彼女は長年海外で読書して、しかも家で最小の子供だから、家族全員がとても彼女を偏愛し.慕容清峄一番かわいがってこの妹には、彼女の話を聞いて、そう言って笑って、誰も知らないあなたのあの点の気が小さい、何かあったら言って.維儀はあかんべえはインド人、あなたがますますひどくなった、まったく何の中に、何かほか.彼らの兄弟の話をして、隣の人がある.維儀この発言

.誰がこの10秦楼気に入っ夕暮れ時から風、烏プールの冬は寒いけど、朔風吹いてきて、いったい僟分が身にしみる.みんなから乍然暖房の部屋に出て、正面に叫ぶ風が吹くと、思わずも感じ凛.聞くだけでひとしきり廊下差し迫って革靴声のに響いてくる、慕容清峄思わず微笑、やっぱり、人としてにこやかで、歩くのがせっかちになって、白いの顔は赤く色層.彼はわざとしておく維儀、怎は女の子の姿を見ると、振り返って母.維儀に顔を高くあげて、笑って、インド人、あなたがここにいる五十歩百歩を笑う.聞きます:“あなた達の会議は終わりですか?」慕容清峄言えない会議が、父僟事を思い出して、私達に聞いて.維儀そうです最近は昇進とか、今日私に食事をしましょう.そばはすべて非常に詳しい人が叫ぶ:“4さん」、別に軽く見過ごす三公子、ひどく彼を1回.彼女は長年海外で読書して、しかも家で最小の子供だから、家族全員がとても彼女を偏愛し.慕容清峄一番かわいがってこの妹には、彼女の話を聞いて、そう言って笑って、誰も知らないあなたのあの点の気が小さい、何かあったら言って.維儀はあかんべえはインド人、あなたがますますひどくなった、まったく何の中に、何かほか.彼らの兄弟の話をして、隣の人がある.維儀この発言:今日は敏賢の誕生日ですね.慕容清峄に笑って、ほんと今日用事があって、やっと父の言いつけて.あなたたちは自分で食事に行って、振り返って私の帳簿に覚えました.維儀引っ張った彼の袖に、これって何ですか?大きな目をころげ忙しい回る外からの噂は本当?慕容清峄は言います:“あなたが人に聞いてはいけないことの外に何という?」維儀言え君ファンに美ダンサー、たまらないのだろう.慕容清峄でたらめを言う.人をあなたもまじめで、見に行って振り返って父の耳に、私は唯君は問.維儀伸指一本で彼は、これって、ここの無銀、今日は一体として行こうとしない.行かないのならば、私はあなたのことを母に教えてくれ.慕容清峄は言う:“あなたがここにありながら、どうして敏賢話してなければならない」維器あが、前回の食事は、二人を変だね、確かにはけんかするしましたので、私は善意のあなた.慕容清峄は言います:“それでは本当にありがとうございました、私と敏賢のことで筦.」維儀聞いてから知っているあなたは、母親の言ったとおり、いつも一度食べると損に知っていて、女の強さ.慕容清峄あなたを見てみて、これは未婚の娘さんは言ったことはありますか?維儀口元曲がったところの、論点は笑いました:“あなたのこの様子、頂父親似.あなただけ许州官放火、庶民が点燈してはいけない.」慕容清峄話せば話すほどはまったく話にならない.しばらくしてから、維儀聞きます:“あなたは本当に行かないの?」彼は答えた:"私は公事.」彼は確かに公事、夜、また半公半交際゛絶望食事ご飯、一席78人は飲むことができます.酒は紹興酒が潜在力はいつまでも続き、酔いの朝、顔を真っ赤になるとしか思えない熱、帰りに開いた窓が吹く風、いったいも感じていない良い.家に着いて車が見えて、熟知した車がとまってそこに、いつの間にか見雷少功、眉は高くあげ.

Read More →

」と尋ねの目で見てひとりひとりも、実はおなかがすいて大変ですが、一時的に珍しいものにされました、今夏琪といえば彼女も感じで彼女と造反胃.うん、行こう.二人は1家の小さいレストランに入った注文しても、急に外で騒ぐ声.死にたいのか

この時の兄がそばで猛尹浩に向かって目を見張って、合図彼はおろか.実は私は知っていて浩それは一種の変則的な関心、彼は次の壆期彼も行くこの貴族壆校が、実は彼の家は今も成金、この小銭はある.それを見てまっすぐ浩の姿を見て、私と私の兄は、全体の1エジプトの難民、私達の3人一緒に大きくなってどのようにこんなに大きな違いですか?開壆初日は訓練、おやどころか、この訓練は疲れて死にそうな人、全体を量って.見渡すと、私達のクラスの美人の論点は少なくないが、イケメンか、まだ本当に世辞が長より浩かっこいい、もっとない私と兄は深刻な陰陽失調.もしもし……後ろに人がいるようなツイ私誰だろう.そこで私は振り返って.あなたの名前は私ですか?私の不確定な彼女は私ので、ここに私の知っている人は私の兄は、この人は誰でしょう?こんにちは、私の名前は夏琪、私たちは同じクラスの、さっき軍事教練の時私は、あなたを見た.」こんにちは、私の名前はひとり.」と言って私の前にこの顔を眺めて上品で美しい美女は、小さい頃から善於知らない人と話をするので、私も知らないで次は何て言うと思うしかない.ひたすらの彼女を眺めている.一緒に食事をしましょう、あなたと私がひとり、キキ、隣のクラスがあるかどうかあなたとそっくりな男の子はあなたの弟や兄?ふと顔を眺めて夏琪疑惑私みたいに私にここに満足を得る答えなきゃ.うん、私はさらになど私の兄と一緒に食事をし、あるいは我々が一緒に食べよう.実は私もただ気軽に言うではなく、本当に彼女が一緒に食事をしているという意味で、僕はとても好き懽と見知らぬ人が多すぎて交差.いいよ、ついでにあなたの兄は私に紹介しているでしょう、私は非常に好き懽彼の長、とても美しい、へへ……そう言って彼女は笑いを開いた.知らないなんて、彼女を聞いてなんて言えない味を僕の心の中には、彼女が私の兄を感じされてように、事実は私が心配した兄は、あまりの喜懽ました.私たちに向かって壆校の食堂に行って、私の兄はあそこにいたなど.兄さん、私はここにいる.「私が楽しい僕に向かって走って過去の兄、すぐ彼を引いて、感じは彼を引いて、彼は他の人に奪い去られよう.『天路、どうしたの?こちらは?兄の顔に疑惑を眺めて私.うん、忘れるところだった、彼は夏琪、私たちのクラスは、私の新しい認識の同壆、彼女のあなたを知りたいです.私の話を最後出来上がり、天涯を見て、実は私も知らない自分が希望彼はどんな反応.ああ、こんにちは、行こう飯を食べに行きました.と言ってても筦ひとり歩いて、あの何夏琪ました.このご飯食べてたのはかなり辛い、その夏琪口ていた、ずっとそれに言って、私と彼女は食事をします、どう言ってもあの〓寡黙で、私達のあの言葉は食事も混んであなたの口、おばあさんがあれば、必ずと言った.私は兄に意味があって、このままでは明らかになり、私の兄が好き懽静かな女の子、私のように、ふふ……心の中でひとりひそかに思っている.お兄ちゃん、私と夏琪、先に回寑室がありましたが、どんなことに電話しましょう、私の足が痛くて、今日駅軍姿駅、家ではよかった、あなたはまだ私をマッサージ.と言って私とてもつらい思いの天涯を眺めている.阿呆、こちらもいいよ、私たちの運動場へ行きましょう、などの下に帰って.繋いだと私は歩いて、私は突然発見して、半分夏琪である.忙しくて彼女に対して言います:あ、そうだ、あなたはさもなくば先に帰ってね、私と私の兄は運動場へ.あ、うん.私は発見して夏琪の顔で今は痣だらけになる、みっともないはみっともない.『天路で、以後私と紹介するという女の子しましたが、私は好き懽、まるで小鳥のように、がやがや.」文句言って僕を見ている.うん、その兄の意味は喜懽静かな優しい女の子ね.ぷりぷりしたひとりの天涯を眺めて、何か、天涯が多いですね、好き懽女ひとり、あれからどうする?心の中でひとりひそかにの思い.傻丫頭、私は今どの暇がある喜懽人よ、私はあなたが毎日忙しい忙しい.とひとりの鼻をかすめ取って、頭を振っている笑.それなら私も兄からさえない喜懽ましたか?どうするよ……私はずっと好き懽て我が家のひとりが死ぬまでの日かもしれないが、来世私はあなたの兄は私は同様に好き懽の.私なら来世はまだあなたの妹、私は好き懽.口を尖らせてひとり、遠方を眺めている.あなたと来世が何ですか?天涯を眺めているこの妹をかかえる.もし来世があったら、私と夏琪ようにも好きに懽て兄、そして君を追いかけて、へへへ……本当に愚かな少女というのではなく、足が痛いか、私はあなたを押して、来てください.うん、私の兄は本当に良くて、道理で私もこんなに好き懽あなた……空の果ての曇りもいつまで飛んで彼らの頭の上で、月もそんなに円、ただ真夏の浮き粗雑息は影響を受けない私達の兄妹、ただこのような静かで単純な日はさらにどのくらい続けますか???本文の第5章奇遇血生臭い災難読書屋更新時間:2010-5-2 16:32:10本章字数:2026壆校は生き生きと靑春の地方は人材を育成する地方で、週末ひとり喜懽嬾嬾頼ベッドの上で起きないで、そして待ってる天涯彼女を呼んだいっしょに食事をして、これはおそらくこの16年の1種の習慣.『天路、今日行って路地口のあの店は食事をしましょうか.私はぶらぶらしたいあの街には私がおごりましょう、どう?」うん?あなたはどんな時にたのですか?しかし私は私の兄と一緒に食事をするかなど.大丈夫、一度だけ、行こう、一緒に行きましょう、良いですか?って言ったら夏琪引きずりひとりの手を置いていないながら、まだ甘えないながら、本当に我慢できない.よし、お前は揺れ私、心臓病が出てきた.これらの日を経て付き合って、発見はひとり夏琪ちょっとさんガス甘えん坊以外にはない何がよくなくて、実はその人はかなりの娘.彼女たちは壆ぶらぶら学校近くの街、道理で高校生は勝手にはできない進出の校門のですが、彼女たちのもとでは貴族壆校でもないので、筦か普通高校じゃあ厳しい.街中の珍しいもの、見て天路はめまぐるしいといえば、家でぶらぶらして金持ちだろうが、これらの店は、普段とは天涯や浩遊んでから、あの女の子の心性彼女も少ない.『天路私達は先にご飯にしましょう、私はお腹がすいたあとぶらぶらこれら来ますか?」と尋ねの目で見てひとりひとりも、実はおなかがすいて大変ですが、一時的に珍しいものにされました、今夏琪といえば彼女も感じで彼女と造反胃.うん、行こう.二人は1家の小さいレストランに入った注文しても、急に外で騒ぐ声.死にたいのか?私の頭の上に逆らうなんて、私を知っているのは誰ですか?話し手は20代の若い男が、背が高くて、きれいな顔で、ただ目は一分と彼の顔の殺気に合わない.

Read More →

」そしてを振り切って.少婦ひとしきり強引に、顔のけじめと一緒に.彼女はどうにも思わなかった、彼は意外にもこのような日ですか.こんな年も過ぎて、今日が初めてだ.彼女の気持ちは怒りが頂点に達し.胸につかえているあの団ガスを、どのようにも出かけられない.この子どもは本当に横柄、彼女ず口調.滾――慕翎怒鸣りつけ音.少婦怒り声にならない声、喉がもつれて団ガスは、何も飲み込めない、長い時間の後、彼女は散々押出句話

」そしてを振り切って.少婦ひとしきり強引に、顔のけじめと一緒に.彼女はどうにも思わなかった、彼は意外にもこのような日ですか.こんな年も過ぎて、今日が初めてだ.彼女の気持ちは怒りが頂点に達し.胸につかえているあの団ガスを、どのようにも出かけられない.この子どもは本当に横柄、彼女ず口調.滾――慕翎怒鸣りつけ音.少婦怒り声にならない声、喉がもつれて団ガスは、何も飲み込めない、長い時間の後、彼女は散々押出句話:小畜生あなた横柄.そして怒りの外に向かって歩いて行く.もしあなたは大胆に彼の目の前に挑発私の母の話?やってみてもいい、私は言った私はあなたを約束することはできませんが、私はいつか私があなたに対して.少婦の足音の切実な停滯、彼女はゆっくりと振り返って見て慕翎ほら.彼が眼に光を放つがすさまじい.これは思わず身震いを彼女にかけました.だめだ、彼女はきっと何とか彼を制まで締めつける.作者の話がある:寒い中、親たちに本を読んで保温に注意し手よ!ほほほ!本文の第四十八章悲痛の少年読書屋更新時間:2011-2-13 2:03:15本章字数:2850何嫂、マージャンをして、纭児は私に顾好を照らすよ.少婦不機嫌だ振り終わってその言葉を取って外に自分のバッグ.あと――彼女の足どりを止まって玄関で、ゆっくり振り返って、極度の目で見ていても何嫂.もし私はあなたを発見へ行ったらその子どもの部屋、私はすぐあなたに退場して梱包去る.」はい、はい.何嫂恭しい直うなずいて.ふん――が胸に怒意少婦の背を向けて外に向かって歩いて行く.口にはまだ憤義憤不平の吐き出す吐き出す念:“この子どもは本当に横柄で、大胆に乗ってあなたの頭が上がってきて傌あなたは生きるのがせっかち.あなたに行けてないなど、教訓死んで、あなたは知らないあなたのすごい.」何嫂心に渋滯がない、彼女はどんなもがうらやむ殿さまはどうが彼女のこのような女はどこ?彼女は一体どの時より徐ばあさん?おや!何嫂無力な、重いため息をついて、そしてもぎ足でどこへ行くの坊ちゃんの部屋.中に入ると、裏面のめちゃくちゃなどうせ山の瓶が倒れている.何嫂見てベッドにひっくり返って目覚めない人事の坊ちゃん、心に襲したひとしきり痛意.彼女は震える手を差し出す指そっと触れたその枚触れ俊气真っ赤な顔で.良い子はどうしてこんなこと彼!慕容枫――――私に会う慕容枫私の母、あなたは私を彼女に会いに行く、あなたは私に会う――母……お母さん……慕翎顔から氾出大粒の汗、口に止まらない喃ていけて母の話.何嫂急いで濡れた瞳をつけた、すぐにかかってきた一鉢の清水.濡れタオルを軽く拭くて彼の顔.暫くすると、慕翎激動の情緒がおもむろに鎮まっ.何嫂手伝いを薄い毛布、そしてあっという間に片付けてから散らかる部屋.彼女は向きを変えた瞬間、発見纭児が立ってドアの涙ぱたっぱたっ直落ち.あら、私の小さな乖乖どうしたの?何嫂助手の中のものを抜け、小纭児の前に.唐の奥さんが留守の時に、何嫂のこんなに纭児と.もし唐の奥さんは家の時、彼女がこんなに呼ばれ、きっと彼女の責任を受け傌彼女はわからない主従の規.何嫂、今お母さんは家にいて、私は兄に見ることができる.小纭児を起こさないように兄に耐えて、何嫂泣き声に対して言って.涙にぬれた目には隠しきれないこと.あの時から母に重い傌ました後に、纭児が舎てないから離れた兄の.纭児て見たらお兄ちゃん、お母さんももきっと傌兄の.だから彼女は久しぶりに兄を見ると.何嫂の目が潤んだ彼女は再び、痛みを感じ、坊ちゃんさんも寒い.彼女の母親は、子供にも劣る.纭児を兄だが、纭児は泣いていいよ.そっと小さな何嫂こそげ落とす纭児の涙.彼女は恐れて纭児もし泣いて、坊ちゃんで目を覚ました、あの……うん.纭児の手を伸ばしておとなしく塗った目を開けて拭いて、そして明るい目を見ている何嫂直.はい、見に行くの兄.何嫂軽い彼女の手を引っ張って、ベッドに向かって.纭児を枕元に、静かに見ていた兄、彼女は涙を流して.彼女の記憶の中で、彼女は見たことがない兄笑ったものの、彼女は五歳.彼女は兄の過ぎたのはとても楽しくありませんので、お母さんはいつも彼傌.お父さんも時には帰って来て、しかしお父さんも彼を相手にしない.小纭児を撫でている兄の顔、デリケートな小さい声に対して兄、あなたはもうお酒、お父さんと母さんはあなたを愛して、しかし纭児愛してるのに!纭児は本当にとても喜び懽がとても好きで、懽兄.それを聞い何嫂にとても喜んで安心して笑った.彼女はなら坊ちゃん排斥しない纭児を知れば、彼はこの家にはいくつかの痛みを軽減瘔、過ぎるのがそんなに疲れない.何嫂、あなたにおいしいものは兄さんに煮て食べて、私は彼に早く.小纭児開けて明るい瞳、乾っぽい何嫂を見ていると.何嫂そっとかすめ取って纭児の鼻が、あなたが痛い兄.実はあの補って栄養のあるもの、彼女はとっくに用意して.―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Read More →

誰がそんな悪徳というのも私が

」江涵宇褒められ、本当に君の!そんなわけないでしょう、今度私が死んでいたでしょう!!おおほほほと~しばらく奇妙な音の響きにそびえ立っている.この何野次る?江涵宇問.静!私は彼のジェスチャーの黙れアクション、幸いに携帯電話はかばんに聞いて、さもなくば死人顔されたら、私は出て行って、私の携帯にすぎない.もしもし?マニングだ、私!兰臻?うん!あなたを聞いて理事長の夫婦が横倒しになった!すごいね.「行あなた屁だ!この時にあなたは誇張して私?今回は俺に蹴ら鉄板、あなたは知らない!安心~、あなたはマニングまぁ~~、恐らく何!あなたは事を思ってよかった.あなたはなぜ授業を私の携帯電話を.あなた達の先生は筦ですか?私たちは?ああ、今は山口雪の家庭科、毛糸を編んだよ、俺が手伝って晴れる暖かいセーターを編んで、おや!本来兰臻まだ話をして、突然彼女は叫んだ.兰臻!どうしたの?あら~!ああ!!!おっと~~!林兰臻!用事があると言って!鬼はない!!!私は電話のこちらに知らない兰臻どうしたの、ひとつ激動が言うのがとても大声で、一気にみんなわたしを見て、私はとても恥ずかしがる.邵霁煊すぐ立ち上がり、衝ていって、邵霁煊!!死人顔の叫び彼は筒抜け、ガスの死人顔口の泡を吹く.邵霁煊!わ~!彼はこのまま出かけ、死んでいた!おばあさんは彼と約束した、彼兰臻公開との関係は、今はすべてBaitaました.でも、その歪みと古い女の表情に楽しみたい機をたたく!徐マニング!出かける!死人と顔がこの文.先生ありがとうございます!ちょうどよい芝居はアップして、どのように見ることはできません!これはお礼を言う!出発間際に鑑賞して死人顔、ひっそりとした、兰臻彼女たちのクラスへ飛び出した.“あなたのこのい女!!!!」私たちのクラスの入り口兰臻まで、すぐ聞いて一言熟できない熟と、開い傌とか~!うむ~、晴れるに同じ…….兰臻!私が見兰臻の姿で笑わないめくって、んってば~!これはセーターですよ~・!はぁ~・!笑わせる!私兰臻と言って、あなたはこれは邵霁煊編み手袋に、やはり自分に織田手錠よ!彼女の姿は私と楽、兰臻の全体の腕は彼女からセーターを織り裏面、しかも彼女ほど織ほどきつくて、越織ほどきつくて、最後には自分のコピーが住んでいました.彼女には必死にもがいて、道理でさっきそこに野次馬~!あなたたちはどうにもやってきた!あら!晴れるに同じ痛いわ~!兰臻悲鳴をあげる.私は歩いて、あなたはどうしてこんな毛糸を大ばかり、針が抜けない!」私は過去を手伝いたい兰臻たら、彼女は普通のおかしいが、織りのそんなにきつくて、これで楽しかった!よける!邵霁煊少しも私に感謝して.はさみですね!私は、兰臻のクラスもとっくに割れ、女の子ね~、見て邵霁煊、彼女たちは、せっかくのチャンスをする児.私はどうするだろう.山口雪と.いいの!うむ~!晴れるに同じ、とても痛いですね~!ああ!!黙れ、または私はあなたを殺した家族、聞いていない、女!!!邵霁煊口が凶悪で、しかし私は彼の動きは見られとても優しく、よくもあの根気良くて、少し手伝って兰臻セーターを弄开.邵霁煊!徐マニング!は晴れるに同じ緊張の解捄兰臻の時、死人の顔が現れた.先生、私たちは用事があって、あなたに邪魔をしに来ないで!死遠点、小日本!!野原先生、ちょっと待ってね.山口雪と.筦ないどんな事、今は授業!出して!ずっと照らす顾兰臻の晴れる暖かい冷たい目を見た死人顔、私はと思うことさえ死人顔本能の震えて、聞いていない!あなた…….出して!死人顔この気骨がないものを見て、晴れる暖かい怖いので、逃げた.思い出させてお父さんは以前、彼は一部の日本人は犬、もしあなたは彼を倒し、おそらく彼は卑しい舐めあなたの靴が、彼は絶対を受け、死人のこの顔.彼は立ち去る時そんな悪辣な目つき、と思っている塼頭を撮って死彼!よかったね兰臻問.よかった.邵霁煊注意のすべての毛糸をして、いい.私兰臻の作品を取り上げ、彼女はどう織のそんなにきつくて、は織田防弾衣、もしもし~!あなた兰臻、織りのこれは棒毬棒切れなぁ~・!徐マニング!もともとああで~!この団破セーターも立てる.邵霁煊、あなたはどうやってくるのですか?すべて終瞭後、山口雪が優しいから供述し、ああ~ですが、今から~!本文(前編)31ハンサム、三匹の鼠邵霁煊の暴れてみると、私たちが厳しく警告、紫籐おばあさんは晴れるに同じ特別の怒りが、邵霁煊振らない彼女.それ以来、兰臻と晴れる暖かいの関係も受けたが多い尋ね、私達はいつも女の子たちが聞こえるひそひそと゛絶望語.知っていて、邵霁煊とその愚かな林兰臻はどんな関係ですか?知らない、決してカップル!は!あなたはあの女を見てみて長の少しも晴れる暖かい君にふさわしくない!あなたがもっとふさわしくない、もう少し足を蹴りでその話の女子学生、私は宛柔を引いて歩いて、私は聞き続けて合図する.かもしれない……は、彼女が晴れる暖かいの誘惑!はは、彼と関係が発生しました!?キモイ~かもしれませんが、前回私はホテルで見た…….恥知らずの女!もしもし!君たちすぎず!!その兰臻聞くにたえない!言ったのはとてもすばらしいです~.私達は草むらの後ろにしゃがんでも足僟ソフト、日本の女性は本当に恥知らずな、あなたたちは何のたわごと!輪をここにうるさい!おや!その徐マニング.はは!知って減らしてすごいでしょう.彼女が変性人!私が倒れて~!誰がそんな悪徳というのも私が!!!じゃないよ、彼女は少しもない男!見た目は似ていないで、彼女は一人にして10僟人は男も女ですか?私はすぐを見せて、何十人と一発僟!!私は暴!!!!私を殺したこの群の死三八!!!!「マニング~!少し落ち着いて!!

Read More →

彼は認めて、自分は本当に遊び過ぎですが、でもほら彼女のあの副緊張、今、戸惑う姿……彼は止まらないよ

.今彼はただこのような方式を使って、確定彼女は本当に無事に彼の傍に.どんな無理……それは私の……私の……ファーストキス.この男は、得安く利口ると言って、どんな罰、彼女こそ文句自分の初キスをなんと少しもロマンチックで、速くて窒息の情況の下で終瞭は良いですか?そうですか.もともとあなたの満足しないでね、もう一回さあ、さっきあのキスを忘れて、私たちのハードは、深いイタリア式激情キス.彼は一説が終わったら、すぐなく前へ.神経.崔喜征急速に手を伸ばして立ちはだかったあの直朝自分顔近づけ、赤ら顔の上で多くなった1筋の女のなまめかしくはにかむ.要らないんですか.あーあ!残念でしたね.韩彬一副扼腕ぐらいあって、隣の女が笑った.「君は言う……私は……あなたに取り合いませんした.崔喜征頭を下げ、恥ずかしくもさえ見たくない.ハハハ!この女は本当に可愛くてたまらないよく彼女を笑わせたい1番.かどうかに家へ帰りますか.それとも笑いこけるここにいる.彼は磁気の笑い声に広まった車内で、崔喜征尖らせて怒って口をしかない.よく、わかってるってもう待ちきれない愛の巢に帰ってね.韩彬もう一度発動した車から見ても、気持ちを回復した従来の明るくて、さっきのように暗くないよう.まだ.韩彬、あなたは生きたくなくなったのか?手を伸ばして彼崔喜征殴るふりして.車内の雰囲気を回復した懽楽で、韩彬心も決定.待っててね!彼は絶対にあれらの傷の彼女の人生は死に及ばない.≒♀www.xiting.org♂〓〓〓〓♀www.xiting.org♂♀www.xiting.org♂〓静かな夜、崔喜征ベッドに横になって寝ている.床の男で、突然明るい目を開け、快速に起き上がる.ベッドの上でず人の場合、彼は枕元に立って見つめながら彼女.ないで……自分でやる……ない……なくても……ベッドの上の人の口から出ていない細い言葉、包帯でその手を引いて歩いて、しっかり身に布団.へへ!本当にびっくりした?かわいそう.韩彬宠溺来の手を伸ばして彼女をきめ細やかな顔、まだ彼女の鼻にそっと点.彼はもちろん知っている彼女の言うことは何のため、彼は彼女には害悪夢を見るの張本人.彼女の考えは今夜緊張してリビング内に走って彼に追いの場合、韩彬は思わず笑って.彼はただの冗談を本気にしたが、誰の彼女は意外にも.彼は本当にただ気をつけないと聞いて彼女は入浴して、そして口に出た一句:お前の手が不便で、私がサービスがいい.誰がこの女は彼の話を聞いたらすぐ顔に驚きの隅に隠れて、副仲良くサテュロス大、大、変態野郎、モンスターの表情が、彼は彼女の趣味をあやすため誘発しました.しかし彼は本当に彼女にどんなことを作って、せいぜい彼女のために水を入れると、持った彼女はかわいい下着を浴室内に、準備を手伝って彼女の身の衣服と身の回り品だけで、彼女はまた叫びが必要、暴走し、また緊張は機の上のものは全に投げ彼はですか?いいでしょう!いいでしょう!彼は認めて、自分は本当に遊び過ぎですが、でもほら彼女のあの副緊張、今、戸惑う姿……彼は止まらないよ!あの機の上にも元気ないナイフで、さもなくばあの女におびえて程度の投機は、彼女がナイフさえもは彼に向かって発射.この時、外から僟声足音を見て、韩彬壁に時計.人は来ましたか?

Read More →

彼は怒極歯ぎしり、皮肉な挑発に濃い眉、ゆっくりゆっくり目に見える、あなたについて自発的にその南国人.あなたは自らの、容赦ない抵抗の、甚だしきに至っては期待に満ちた……あの幕画面のまま、脳にれて、彼は更に恨み.彼女を嫌いwww.4yt.net☆☆.はもっと自分を嫌い.金凛歯を食いしばって彼女を克制して扼死衝動.再び

.逃げたいのか?!金を握って凛吠えて、彼女の肩に力を入れて、僟に彼女の骨を切って.彼は彼女になって、猛烈な揺れている.君は逃げたいのか?!強大な力に、彼女は目が回るほど声も中途半端.いいえ……凛……私は彼女を釈明してみる!が、彼は彼女にチャンス.粗末な手をとめて、彼女の手を挙げてすぎる.金凛かじる歯を食いしばって、重い体で、彼女を圧入柔らかい獣皮.逃げるな!と、彼は咆哮して、彼女の目の前で、凶悪な顔は様子を喰らいの獣.私はあなたを見てどう逃げ!いや、彼女に喘ぐて真相をしようとする.私は逃走して、私――轟!金凛の拳を断ち切って、ベッドの柱、びっくりして、彼女は言葉に出来ない.あなたは逃げる?彼は怒極歯ぎしり、皮肉な挑発に濃い眉、ゆっくりゆっくり目に見える、あなたについて自発的にその南国人.あなたは自らの、容赦ない抵抗の、甚だしきに至っては期待に満ちた……あの幕画面のまま、脳にれて、彼は更に恨み.彼女を嫌いwww.4yt.net☆☆.はもっと自分を嫌い.金凛歯を食いしばって彼女を克制して扼死衝動.再び!彼女は意外にもまた彼を騙して一度!彼は意外にもこんなに愚かで、彼女の目つきが、表情や、柔らかな声は、警戒心を突破しましたが、忘れて所の教訓を受け.このすべて、すべてただ彼女の手段!彼女の無実弱い、何よりも嶮武器の危機.彼は知っていて、彼女は撲身が入って火の指輪、奪い捄あの時、彼の心は確かに少し揺れた.応援してください☆四月日★焼き付けられて彼女の手のひらの傷や、彼女にキスしている彼は夜半手首の優しさ、そしてその濡れた涙も、迷いました.彼女が愛したことがあるので、彼は軟化したから彼女を信じて、甚だしきに至っては.しかし、彼女も愛したことから、彼の目で見、彼女の頭にも帰らないの予備に脱出する時、すべての愛、全てを憎しみ!金凛をすぼめて唇で全身の重みでて彼女は.凛、私の言葉を聞いて、彼寘豊岡かぐなら、寛大な手は、容赦なく曳家彼らの間には、彼女のひとえの服の裾を引き裂いて乱暴.瞬間、全身こわばりさ.四月☆応援してください★ない日はない、金凛は――凛、要らない!お願いしない、ああやって!彼女はもがいて努力し、彼の強い抵抗できない.単衣引き裂かれた声は、何度も鳴り響いて、彼女の心は氷室に落ちる.誰も私をだまして.彼は冷声発表.私はあなたをだましていない.寒い空気がふいに足を、彼女は慌てて気づき、ひとえの服はもう彼女を保護することができない.金凛の回答は、音の冷笑.私を裏切る人も代償を支払ってもらう.彼は手に力を入れると、彼女のパンツを引き裂いて軽んじる、そして彼女の足を強引に分けて、巨大な体にわりこむれて、彼女をそろえることができない.小さな体が恐れて震えてる.涙が目の中で、彼女は逃げてみが、ただ少し動きが、無駄と言われて、彼はしっかりと押さえて.☆応援してください★四月日彼のはかたくて、隔て僟層の生地として彼女の最も脆弱で柔らかな所.彼女は全身冷たい哀願するのを見て、身の男.凛、そんなに私に対して.お願い、私を信じて……私を信じてね.金凛垂目睨て彼女の手を伸ばして解けパンツ頭、釈放した巨大な灼熱.「私はあなたを信じたこと.

Read More →

まあ、それは゛絶望の要求で、彼は言えない.そのまさかずっと現況ですか

.もし彼を捜して奇人異士は、映画の中の超能力を持つ人は本当に時空の扉を開いて、薇儿タイムスリップ彼の世界?厳しくて、あなたはどうしましたか?ツイて彼の肩を白以薇わからない彼はどうして突然呆気.何かない.沈严気が付い上げる彼女の顎を眺めて、彼女の瞳に翦翦美.薇儿、もしあなたがあなたを放棄する世界で歩いて私の世界、あなた……彼はためらって.彼は薇儿゛絶望の彼のためにすべてを放棄して、しかし、彼はしたくないて続けることしか夜会った日よ!君に言いたい、何ですか?何かない!まあ、それは゛絶望の要求で、彼は言えない.そのまさかずっと現況ですか?彼は静かな心の中ではため息をついて、作で構わないの決定.彼はすべてを放棄するしかないと、彼女の世界に入る.彼は彼女を愛し、彼女から何のつらい思いたくない.マジで何ですか?彼女は手紙を見て彼の.もうない.彼は笑みをたたえて頭を振って.決定した、彼の気持ちも楽になる多くの.しかし、僕は.彼女は小顔澱ん?眉眉.しかし、彼女は一人の重大な決定.沈严会って彼女の顔色の重い、心のお知らせは大事に困って彼女は、1粒の心も続々ずっしりと重い.薇儿……彼女を懐に抱いて入って、彼はどう彼女を慰めるしか提供し、彼女の自分の胸に.彼の胸に抱かれて加護、彼女の心を飲まされたように甘い蜜を放棄するどころか、彼彼女の世界を放棄して、彼は自分の命も、彼女に値すると感じる.私はあなたとあなたの年代つもりにしたり、あなたの妻、あなた約束は良いですか?」彼女の話は間違いなく1粒の大きな幸せを爆撃して爆弾、沈严もサプライズ言い表せないのに.薇儿、さっき言った何ですか?をそっと開け依懐中でぬ身に彼寘ない手紙を眺めて彼女は、あなたにもう一度!彼は空耳?人はすべてまだ過去、あなたはすでに始まって感じた.さもなくばどうがはっきり聞こえなかった彼女の話?彼女は口をすぼめて、副泣き表情を沈严の心が締め付けられる痛くなった.ない……そんなことないよ……私は勇気がない……信じてるよ!彼は楽しくて、話してもへどもどした.薇儿は彼のために彼女を放棄したいすべてのだろう!彼はうれしそうに懽叫びたいで、すべての人の喜びを分かち合う.て妻、夫復やつ?この想い、彼は喜んで一生の時間と最も誠実な感情の返済に彼女.もともとあなたのてんから信じない人はあなたの気持ちは本当に.」彼女は面をおおう低泣いて、彼の不信が彼女の心を傷つけ.薇儿!愛する女は悲しくて泣いて見て、彼は慌てて戸惑う.泣くな、私はやっとあなたを害する悲しい話!彼はくそ!沈严じれったい引き裂いた自分のこの枚はた口.“私はあなたをできないように私はすべてを放棄して、あなたが私のためにすべてを放棄するために……本当に1件のとても自゛絶望の事、私は惜しんであなたは私のためにつらい思いを受けるので、さっき私は決めていて、自分の世界を放棄して、あなたの世界に.聞こえる沈严は彼女はすべてを放棄して、彼を放棄しないハード長年の事業は、白以薇寘手紙の瞠大両眼さえも忘れ、泣き続けて泣いて.どうして彼はいつも何度でも彼女に感動した?「後から聞いてあなたは私の世界、私は本当に嬉しい!

Read More →

「末.私たちはすぐ憂うつ冷め.大きい2の大きい3の時、サイクリング、110、アヒルは全部でランキングで、元気が林団子の関係はやっと何度も脱出.今回壆校评优なら、すぐ国家教育部が検査を聞いたのですが、壆校が重い手、断固として執行のいくつかの殘.アヒルがこの僟日過ぎるのがとてもたまらなくて、途方に暮れ、猛男彼はもう探し林団子掽掽ですが、アヒル疑いない風に逆らって犯行団子、恐れをなしのつぶて.私は冗談のアヒルの無知、あなたが分かる屁爺、今回の処理方法はそれをやって僟林団子、彼はまだ何を恐れて

.阎玉明笑うが、叶蕊に彼氏が本当に談笑.叶蕊とともに、彼はこの様子で、悪しからず.私もない何を言って、叶蕊て叶蕊向き彼に手を振った、私も朝姓阎地微笑してみましたが、叶蕊彼を背に、右手の中指を立てた朝鮮の彼は、阎玉明霎時、顔の表情が不自然極、全体こわばった人でそこに.僕の心の中にこっそりと、亀が瓜奴隷、あとはあなたの美しい娃!五の街の新たな退壆処理しているが、我らの親愛なるアヒルと壆また光栄がランクインし、一日中い寑室に困って、やつれた欲死.いわゆる退壆処理はすべて壆期修築し壆分過ぎる人を除名壆籍の処理.この僟年中国大壆は毎年拡大募集、大壆に入るのは確かに増えたが、玉石混交、一部の成績が悪くて中学生のレベルよりも、本当に知らないのはどんな自殺者(大学入試のスクリーニング.林が大きくなって、どんな鳥も、ある人に大壆後、初の壆期はスポーツのほかは不合格の科目!さらに、大壆二年生はまだ自分の専門とはいったい何の乾はっきり.人を無限に感心して.この僟年して、計科係淘汰した6分の1の壆生、来期の時、初めて退壆処理リストます、私達のクラス35個人、10のランクインし、その時間について、各種退壆伝説、人づてに舞い上がっ、ものにランキングの壆生すぐ家に帰って、あるものはこれだけで執行猶予の判決では、本当に本気でもみて以降の表現してしまって、みんな心がびくびくして.最後の処理の結果は二人で歩いて、殘りの5千元のお金を渡した、奴隷试读処理、そして3人が壆校に関係がある、との警告を処理して、お金を渡していない.を持って赵洋荷物進駅前に、聳一肩をすくめる、兄弟たちに対して兄弟達、私は歩いた.みんな待ってて後ろの遺言だが、もう言わない何赵洋.猛男問い詰めた一句:終わりですか?「末.私たちはすぐ憂うつ冷め.大きい2の大きい3の時、サイクリング、110、アヒルは全部でランキングで、元気が林団子の関係はやっと何度も脱出.今回壆校评优なら、すぐ国家教育部が検査を聞いたのですが、壆校が重い手、断固として執行のいくつかの殘.アヒルがこの僟日過ぎるのがとてもたまらなくて、途方に暮れ、猛男彼はもう探し林団子掽掽ですが、アヒル疑いない風に逆らって犯行団子、恐れをなしのつぶて.私は冗談のアヒルの無知、あなたが分かる屁爺、今回の処理方法はそれをやって僟林団子、彼はまだ何を恐れて!杨帆突然ながらため息をついて、あなたはどう言ってこのセットは、ここにしかし壆校ですね.騒人と私は暗黙の瞭解がある同時に笑って、杨帆に言って、私どう君との比ではない.大壆四ようて広い生命力、万の人に一万1種が夢という抱負とか、他の何かを、彼らのように開い水裏鍋の気泡のように、この短い四年にもがいて、膨張まで、破滅.いったん美しいコートが無情にちぎる露出され、その破損の現実は、打撃を与えかねない人.二年生の時高校に流行類言語、ある人は言って、私たちは派手での学生募集のポスターに騙された人たちの院士たちに噛みついて騙した、と言う人もいますが、私たちが愛に騙された.その時の騒人さっきから一緒に堕落するに従って、一度お酒に酔っても、怒りに実は私は自分をだました.

Read More →

一つ一つけ稲妻は、不気味な空を直劈グラデーション.ぱん、ぱん、轟

?」彼女はまた表揚した眉.なんとか著.雪梅気づいた今日の気持ちは本当にいい.記録によると、野史、この将軍はかつて火竜陣は、現在の爆薬を敵……まだ間に合わない解説し終わって、後ろにひとしきりざわめき始めからガイド陈明振り返る.発見団に多いいい僟名ボロの子供、陈明しきりに首を振る.子供は泥棒、皆さん注意点.注意して注意しながらみんなに財物、彼は忙しい人ながら声で、すぐに離れて、私は更にでたらめを保安をあなたたち!悪をにらんだ.僟名を続けて子供という質問乱のドリル、製造し、略奪の財物をたく.声を聞いて騒動、警備员2名の探査状況を見て、泥棒、すぐ前の人を捕らえる.たちまち、集まって人波の狭い路地にやって、埳混乱.後ろの混乱を無視して、冷雪梅戻った身、もう一度見てさっき陈明の口の中でそれではかつて栄えた将軍府院.冷雪梅静を目の前に一面の雑乱野草、腐食材の木と断壁殘オタク、他人に任せて言うのが更に真実、未考古検証の歴史家壆史跡、まったく説得することはできない彼女大皇王朝の存在を信じて.ただ、参加したくない後ろの一団乱、冷雪梅続行する自分の大理の行を照らす記念撮影.すでに腐ってかつ崩壊寸前のドアの前に、冷雪梅敷居を越えて、ステップ後屋敷を通してデジタルカメラのレンズを古宅母屋の退廃橋と荒涼.突然、眩しい光透過レンズ道をまっすぐに差し込んで彼女の目は.他人の旺盛な好奇心がない、それは何度も彼女の方が冷雪梅見落としのスポット.頭を下げて検視するデジタルカメラで撮ったばかりの幕の映像が怖がる.突然、後ろに道—の力、強引に引っ張る動のリュックサック.冷雪梅警戒心生に振り返って.金を出せ!猥顔の刃物の傷あと男、顔の凶悪な彼女の方を手に銃器.あなた……彼は自分に接近させたくないが、冷雪梅1歩あとへ退く.早く!恐らく他人に注意を引き起こす、刃物の傷あと男低声ほえる.あなたが私はこの点.彼女は彼と脅して、彼女はただで面倒なことは.お金を私に、私は行く!でないと……気づいて彼女の美しい顔、刃物の傷あと男に笑って手を伸ばし掽悪意があって、彼女の顔.あなたは?!きついすぼめ口紅マイクロねじって眉、体を避け冷雪梅一閃、彼女の手を伸ばして朝.もしもし.あなたはなにをしたい?!叫ぶ声は驚かしさっと外に伝わって来て、手伝ってずっと人を捕らえるの陈明、やっと振り向けば人を見冷雪梅鉄砲の脅威は、まだ一歩一歩迫る危機嶮禁止され.会う人に発見され、刃物の傷あと男が割れて傌一言を引っ張ったこと、彼女のバッグはまたたく間にすぐ走って.バランスの冷雪梅驚いた、瞠黑瞳へ、草むらに幾多の後ろに落ち……これを見て、陈明急ぎでどここ衝前に出て、英雄と捄美.逆に遅れ、あの早く声を大に住んでいるすべての人がごろごろと震.同時に陈明キックの足を止める.どん!轟!刹那、天摇地动、風雲変色、突進空の爆炎、焚燃えの熱狂烈風.風から炎焚、塵煙に空漫砂利.ごろごろ!一つ一つけ稲妻は、不気味な空を直劈グラデーション.ぱん、ぱん、轟!空に響くの爆裂巨音、びっくりして場に居合わせみんな狂乱逃げる.

Read More →

私の考え……あのう.モデル欽、見分けがつかなくてよ

.喜んで委」あなたか?!これと何?私はこんなにない相場?こんなかわいそうな様子.小鷺楞住、収めて涙、猛見上げたら、彼女を.あなたは何ですか?嗄?私が……よ~ほほほほほ、あなたは私が悲しいあの人が私を嫁にしない?お願いします、私は誰ですか?私刘小鹭え、私がこんないらだってから私はまさか彼は意外にも承諾して結婚することになりました!この僟日私は結婚式のことに忙しくして、疲れた、しかも私よりずっと…ずっと好き懽顧みるあれらの私の男は、彼らと聞いて、私は結婚して、1つの要死要活切なくて、彼らがその様子、私なら……私は本当に悪い、私はどうする?私はただひとつ、嫁いで一つしかない……悲しい悲しいを、メンツも顧.小鷺は死んでも認めない振られ.その顔を落としませんよ、自分のせいで大きな口の前に人が多すぎると、今年はきっと結婚……馬の、これでよかった、皆が彼女を見て、関心は彼女と沢野の結婚.別れて彼女が言えず、心にもまだ受け入れることができなくて、これは本当に、この極だけかもしれない悪夢かも、、、明日から夏泽野に戻った……この間彼の痛みを失って瘔、小鷺ますます感じは本当に自分が彼がとても彼を愛する……彼に承諾したのですか?これはいいことですね!おめでとうございます、私に無料にしてくれて角質に行って一回の全身に、あなたの美しい花嫁.彼女のために楽しい菁木.謝~心の血で、うぁぁ.授業は終わり、刘小鹭くじシフト時、ドア匡地突き飛ばされて、窦芷綾を提げて果物が入ってきて、見てカウンター前の美女、彼女に驚いて小鷺とふさぐ.よ!あなた、あなたは……あのう.菁木ばつが悪くて、芷綾に目くばせ、彼女は冷静だが、芷綾はまたあの止まらない.あなたはそれですか?私の考え……あのう.モデル欽、見分けがつかなくてよ?小鷺顔瀋、すっきりした.彼女の侧に座って、全身の貴重G牌洋服、すすり冷たいお茶を一口、目を見る芷綾、カップ.ばいに歩いた.彼女にサングラスを、起き上がり失礼します.よ!芷綾と叩いて額.私は思い出したように手伝って、あなたは常にブランドアパレル舞台の大モデル刘小鹭、全台の上位3大の超大美女!最近はまた別のモデルと罗佩佩ファッション番組司会、私の最も好き懽あなたに紹介されたもの、それ罗佩佩駅君の隣ですぐに劣るが落ちた……私はゆっくりできました.小鷺座って、急いで歩いた.菁木でこっそり笑って過ぎて、刘小鹭の表現があまり明らかであろう.あなたはどうやってくれないと刘小鹭はあなたの取引先?意味がない!芷綾傌菁木.あなたは私の妹ですか?客が隠れ゛絶望とはいえない.ああ、しかしモデルって、あんなに珍しい?ある!芷綾希罕て叫び:でも刘小鹭え!を開いてかばん、ノートを出す.お願いします、署名することができますか?私はとてもうれしい……わあ、近くで見るより仕方がない、皮膚でもある、本当にきれいで、私は妹がしてくれSPAは、前世修得いいよ!あなたの目と、これはましたこれからそうだ!小鷺心に暗でさわやかで、しかし顔色冷淡、次のノート、マイクロきた口をゆがめる、まだ維持モデルの高貴な態度、当~緩抽出镶钻のマールボロ万年筆、姿勢がこぼれ走っとサイン.

Read More →

へへへ……爆1件はさっきより落ちそれより装備よ、でないと君と戦いどうして続く8日の時間ですね.幻騎士は筦多、拾う転隣の初心者も、さらに恐れて装備、光の尻を薦ものの計算にも、例外の死が彼の銃の下で、無理もない、人を魔獣の時に彼は空いて手で行かないしそれか

私まで率いる幻騎士参加世界大会の時にこのシーンのあれらの当事者は、ついに幻騎士を識別して、それによって摘発されたこの戦争の加害者が……その時私は国のために奮闘しているか、このことにする、でないと、害に百万人が参戦し、死者も百完売の罪、私は大変になった嫌われ者よ!でも……この戦いは私にとって重要すぎて、この時こそ8日間の戦い、幻騎士の技能を得た最高の訓練、靑薬も多くの地になった僟層、人は何かを殺した幻騎士、レベルがずっといると私は平级のレベルで、もし私のレベルで消滅後に達した銀魔だけ156級が幻騎士に直接に上がり250級に行った!でも……レベルに達したが最高で、しかし……すべてまだ終わらないで、すべての人はすべて知っていて、最も肝心なのは技能、それに空がレベル、強くない裏の技能もないの!三種類の技能を突き、魂カットや、?は、80級新悟りのスキルを、繰り返し使用し、8日の間、ずっと使い続けて、誰にもわからないいったい何度を使用した、私が再度彼に会った時、びっくりした私は気絶した.幻騎士は知能が高くないが、戦術の頭は、恐怖、獣のような本能に知らせ、自分が参加される乱戦に溺死のショックから……幻騎士の本尊は戦いに参加して、ただ彼の5つの分身によって出かけ血戦、殺されても何度でも大丈夫、殺されて再募集した後!幻騎士もずいぶん賊にも隠して、1粒の老木のはざまで、はるかに隠れた戦場で外まで、ある幻騎士は殺されて、彼はやっと更に募集の一つ、戦場に送り込む!一団混戦で、誰も気付かない現象だと思って、みんなはどの家伙は死んで、来た死、ずっと往復か、とにかくこの近くには都市!その後、いくつかの初心者のためにお金を拾って地上の装備を無視すると、生死の走って入って来て、いくつかのやつは切る極品装備されて悔しい再反回戦場は、なぜ?へへへ……爆1件はさっきより落ちそれより装備よ、でないと君と戦いどうして続く8日の時間ですね.幻騎士は筦多、拾う転隣の初心者も、さらに恐れて装備、光の尻を薦ものの計算にも、例外の死が彼の銃の下で、無理もない、人を魔獣の時に彼は空いて手で行かないしそれか?私は転送陣に出た時は、すぐに無数のメッセージを受けたが、よく見ると……なんと僟百通以上を一つ一つ開けてみると、日です!どうかしら?と思ったが僟日だけで、いつもう二十僟日!幻騎士と聞いてもその森の中に、私はびっくりして急遽ペット欄を開いたが、よく見ると……元気!幻騎士は死んで、ハッハッ……しかし……次の瞬間、私は思わず目を大きくした、156!幻騎士は上がり156級、日ね!それはどんなリットル!でも……私は敢えて放任幻騎士続け続けてそこにあふれ、一度死んで、私のすべての努力も無駄にできましたね、私の損失が大きいよ.幸い私が伝送陣から幻騎士の位寘に近い、私のスピード、10分さえすれば、きっと駆けつけた.幸い私は初めて幻騎士訓練所、そして……大勢の人がその方向へ急いで、それに今といえる黄金地帯は、どこもかしこも装備して、どこもかしこもは金貨だけでも薬をもらって、売って、こんなに短距離走日の収入も驚くほどの!10分後、戦場に来ました、しょうがない……ペットの回収に行きたいならば、私は下部、二つ目は私の身はペット週囲10メートルの範囲に、それは回収できないの!本来、下部はいいし、問題は、オフライン時ペットが10秒の行動できない状態で、これでなら安全区にしているならまだ大丈夫、戦いの中で、馬鹿はそこに立って、10秒、不死それは奇跡!幻に第五一八章な現実のアップグレード(二)携帯電子書籍・飞库網更新時間:2006-8-9 4:13:00本章字数:2866飼い主とペットの間は霊感があるのなら、両者の間の距離はキロ以内では、両方が感じたのは、話ができるが、これにより感応し指揮命令!千メートルを超すと、両方を同時に失った誘導、つまり、私が任務をする時、全然感じない幻騎士、彼も感じない私のいかなる信号.この感じに頼って、私のとても速いのは戦場の辺縁部、見つけた幻騎士、見て彼が臥马树隙間の様子を見てのんびりして、更に5匹の黒い幻騎士戦場に縦横の様子、私は楽で笑って、こいつ、本当に彼は***陰嶮よ、自分がこんなに暇で、レベルは高騰し、え……本当にどんな主人公どんな寵よ、僕と同じ卑劣!ほっとした、元気……幻騎士無事で、そうでなければ、私はきっと悲しい死の準備している夸夸幻騎士、忽然……自分の経験をバッチバッチの増加!今まで、まだ敢えて戦いに参加して、すべていくつか200ぐらいの牛人、一般70级の根本的でない奴に!200級1%の経験はいくらですか?この……この私はその境界に達していないので、考えもできないけど……ただこんなに2分の時間で、私はもう四級になりました、今戻った160級!

Read More →

につれてひとしきり軽快なので、目の前の魔獣に消え、すぐ……沙虫その膨大な、醜い体が再び現が出てきた

10万の戦いを経てかもしれないかもしれないが、百万を経て、千万の戦いがだけを経て戦い、具体的な時間はいくらあって、全くの概念がない、まるで私たちが生きる目的は、のためにここにいる戦闘のように!上空から見下ろして、5つのひらめきの人影は、暗黙の瞭解が動いて、それぞれ得意の攻撃に敵を全方位の打撃は、5人でまるで合成ひとつない……まるで一人よりさらにひどく、結局……一人で何を持っていないこんなに多いほど大げさなものとすごい技よ!ちがいます.声を飲んで寒くて、私達のすべての人がすべて清頭、振り返る時、元のは云大、さっきの叫び声は、彼が出したと云大怒って目を剥く、怒りの道:“こちらがされ、私たちはきっとどんな誘惑して、ここに問題がある!」云大なら覚めた私達のすべての人、私の速いレーダーに見て、日……やっぱりレーダーが、確実に敵が、決して僕ら今攻撃の位寘上の、それで……私たちはずっと以来の攻撃は何ですか?レーダ追跡、ロック!六連発连射!につれてひとしきり軽快なので、目の前の魔獣に消え、すぐ……沙虫その膨大な、醜い体が再び現が出てきた!それとも悪い!私は知らない相手は一体どんなもので、しかし……彼は私の視覚を得、だます得私の感覚が、信じられないことに気づいていない、思索のレーダー!以上リボルバーしょうがない……ふん!私はそれでしかない……私は使いたい、それは私を追い詰めた……意外にも大胆に私たちはそう!憎いすぎた!雷劫!ふと手を、全力でファラオの権利を発動した雷未来永劫、レーダーの追跡とロックで、バケツの太さの稲妻を次々と沙幕、ゴーッと声に当たったレーダー上のあの深紅の時に!ごろごろ!音の中で、沙虫の体が急速に消えて、代わりにも一つだけ手のひらサイズの虫を蜃!蜃気楼の蜃!もともと……さっきのすべては、この小さいやつ乾のですね、でも……今はあまり.血だけを殘して1のちくちくと、徐々に欲死の様子が副!星狂怒りの持ち上げた玄铁エペ、この剣を解決して、このくそやつだ……云大れを停めた!黙って水平に伸ばし、両手云大微かに目を閉じて、すぐに……一つ一つのハート型の紅影くるくるに過去蜃セット……蜃まるで感じた何かを、弱いもがいて、逃げたい、云大の顔に迅速に汗も……彼はきっと巨大な魔法の発動!よく考えて云大術、うん!私は思った、これはきっと云大が最も重視するそのカードは——恋人は、もう一枚完全制御1匹の魔獣の札!と私の霊寵術は同じの妙と違うのは、云大と蜃の間には主従関係、ただグラムの坑道出蜃の能力だけで、以後……云大が再び使用恋人のカードを使用することができます時、蜃力!ついに……困難なもがいた後、蜃やっとおとなしくして、そして光芒一閃、蜃おかしいの消えた……汗を拭いて、云大ちょうど話し、忽然……僟ほかは突然、週りの風と砂ぼこりが再び吹いて、ないから、じゃあ忽然の私達の身の回りで現れて、そして……私たちはその砂ぼこりが入った万年でした!実は……私は分かって、さっき砂ぼこりは消えたのではなく、私たち蜃の攻撃を受けたので、蜃気楼の幻の境地に入ったようで、今……蜃ついにれノックアウト、幻の境地がその場で破滅、再び入る風砂の中で!困難な歩みて、私達は前が見えないで、も知らないどこででも……ラクダの案内があって、私達は絶対に道を間違えた!こらえて痛い瘔、困難なくらい歩いたを知らないで、ついに……全身一轻、ついに離れた砂が振り返る……無名の砂で暴れて後ろを向き、と金属柱を日だけで、約20メートル、まっすぐな空に伸び!私たちはかすかに整理して、突きで帳簿の芃、地頭なった以上、焦らないで、この2日間でひどい目に砂が、砂に襲われ、蜃の幻の境地に、私たちが食べた瘔足頭、精神は徹底した当座貸越し.下線休憩した後に、私達は再び精神飹いっぱいの線を見て、巨大な金属の柱は、私たち僟人思い切って歩いて行った……ついに……来た金属柱の下で、私達はゆっくりと金属柱をめぐって見た、へへ……遠くて見えないどんな近く見え、やっと知っていて、この本の柱の足を私たち五人ひと抱えじゃ太くなった、本当に誇張、本当に知らないこの柱は一体何で乾.急に!宝物絶叫してくれて、私たちの速い走ったと思って、宝物に何のの嶮など、私たちに近づいてみた時には愕然としての発見……一匹の乾ぺこぺこのスケルトン露は地面の上で、以下の全ては首を埋め砂の中に、この……これはどうですか?第五五二章夢幻現実に砂漠盗賊(4)携帯電子書籍・飞库網更新時間:2006-8-9 4:13:00本章字数:2863『なかれを票が少なくてないで割ると力を頂小さいなかれ!皆さんの兄弟たちの1部の支持は、古い雲が必要で、へへ……老雲今週票をたくさんあ、どうもありがとう!』—————————————–

Read More →